放射能に関する茅ヶ崎市の方針

緊急報告・海水放射能測定

侵食対策関連報告・政策コーナー

サーフィン禁止のお話


自転車用サーフボードキャリアの取扱についてお知らせ!

最近のアルバム


新茅ヶ崎今昔物語(フォト版)

好評のシリーズ!茅ヶ崎今昔物語
(柾木太郎 本人筆)

柾木太郎のこれまでの足跡

これまでの柾木太郎、足跡を
画像とともにご覧下さい


普段着の柾木太郎です。

普段着の柾木太郎です。
写真をクリックして下さい!
実現して初めて政治です
☆住みたい街、NO.1に!
湘南快適都市を目指して
         柾木太郎の6策!

     
海に対する議会活動について

昔はゴミ箱が海になかった!

侵食ストップ

シャワー付きトイレをビーチに

Tバー前の潮流看板設置

ストップ汚水

消防レスキューにジェトスキー配備

サーフボードを市の物産に


柾木太郎の4年間の実績

政策方針について

4年間の実績報告


自 由 民 主 党 推 薦 
 
 柾木太郎さんは、議会のリーダーとして市政改革に積極果敢に取り組んでいます。
特に「地方分権」「まちづくり」の分野で右に出る者はいません。
5期20年の実績を武器に更なる飛躍を市民の皆様が期待しています。
私も全力で柾木太郎さんの活動をサポートさせて頂きます。

衆議院議員 河野太郎 

 
  

少子高齢化・人口減少など深刻な問題に直面している我が国にとって地方創生は重要な課題です。
都市間競争の激化が予想される中、茅ヶ崎市が将来に亘り皆様に愛される街として発展する為に、柾木太郎さんの経験値と抜きんでた政策形成能力は必要であり大きな期待を致します。


農林水産副大臣
参議院議員 小泉 昭男
 

 
  
柾木太郎さんは、海と緑豊かな茅ヶ崎市の輝く未来のため、長年市民の代表として市政をリードする重要な役割を果たされてきました。
視野が広く、行動力があり、妥協することなく市政に取り組んでいらっしゃいます。
そのリーダーとしての役割を引き続き、征木太郎さんにリードして頂きたいです。
心から応援しております。


参議院議員 島村 大 
 
更 新 日
2019年8月24日(土)
ホームページ開設日
2007年4月14日(土)
柾木太郎後援会事務所

〒253-0053
茅ヶ崎市東海岸北2-9-19
TEL&FAX 0467-83-6919
e-mail
masaki@ballade.plala.or.jp



Copyright
TARO MASAKI
2007-2016

All Rights Reserved



マークについて

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

茅ヶ崎市議会議員 柾木太郎
   お知らせ

住みたい街、NO.1に!
湘南の快適都市をめざして柾木太郎の6策!


政策については、左「実現して初めて政治です」をクリックしてご覧下されば幸いです

書斎エアコン故障・PCトラブルなど続き、HPも勝手ながら夏休みとさせて頂きました。

9月から議会も始まりますので、定期更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 9月5日のお仕事



昨日に続き、決算小委員会の傍聴の終日・・・・土木費から歳入までの審査をじっくりと拝聴いたしました。
土木費では新設の公園や中央公園のリニューアル延期や鉄砲道の街路樹などについての質疑は無かった。

また、近年のゲリラ豪雨に関しての努力などテイムリーな内容は無く、物件費・委託費・人件費などと合理化についての質疑も殆ど無し・・・・・

決算審査で当初予算に賛成した訳ですから、事業内容や根拠など聞く必要も無いのにウダウダと質問しているのは、実に不思議であります。

合間合間で市民相談や雇用促進・介護関係相談やアポ取り・ヒアリングなどを行い、終日お役所で過ごしました。

処で防衛費が増額されとの事・・・極東アジアが不安定な状態でアメリカの都合で用心棒としての役目の縮小など、戦後に構築された安全保障の枠組みが大きく変わろうとしています。
日米安保により単独で必要な防衛費は、他の施策に向けられた事で日本は急速な発展をした側面がある事も知らなければいれない。

アメリカ・イギリス・韓国そして世界の国々の指導者が変わる中、ナショナリズムが重視され、枠組みが変わろうとしている中で、何処かの評論家の様に、国益より協調をと言われる方がおられるが、相手のある事であり、良い人が損をしない様に国を導く必要がある事も現実として重要だ。


 9月4日のお仕事



10時から事業評価以外の決算審査が行われました。

総務費から商工費までの30年度の決算審査でありましたが、不用額や流用・繰越・物件費・人件費などについての質疑は殆ど無く、決算資料の部分に記載されている事項についての質疑が多く、答弁を聞かなくても解っている事ばかりでありました。

近年増加しているアウトソーシングの委託先などについての質疑は無かった。

第4次実施計画の資金ショートによりマイナスシーリングされている中での予算執行状況であり、一事業を捉えて市民サービスの低下の懸念を聞くのは狭義的で、全体を捉えて総括で問うべきで、実に惜しかった。

観光協会への補助金と効果など質疑は無く残念でした。

事前に調べていない事は明白であり、『この事業は何ですか』とか『何をしましたか』じゃ、審査の為にガッチリ資料を揃えて対応しているお役人に『楽勝だぜ』と言われていると拝察しています。

一方、答弁側も一生懸命答えようとしている事は評価していますが、所管外やピントはずれの質問に対しては、簡潔に毅然と対応して頂きたい。

9月1日から9月3日までのお仕事

8月29日から定例会議が始まりました。初日は議案の上程と人事案件審査で、各議案の委員会付託で9月2日から決算審査が始まり、本格的な審査が行われます。

今回の議会のメインは保育や子育て関連の改正です。国の子育て重視政策の展開は早く、最前線である基礎自治体の対応は膨大な量となります。
また、無償化などについても、お国と現場では実戦の部分で経験値の差があり、個々の部分での対応は現場が頑張る事となります。

また、病院経営については設備投資など経営改善計画の道半ばであり、経営状態は数年間不採算となっている。

コンビニ設置・救急救命・レイアウト改善・検査機器の買い替え・診療科目の変更・看護体制の充実など経営改善の為に取り組んでいる最中で、それに対する行政側からの支援が補正予算化されている。

他には風疹予防費・結核などの感性症対策費・各学校のメンテナンス費用・廃止施設の解体費などが計上されています。




さて9月1日日曜日は茅ヶ崎市長杯開会式が行われ、市長以下多くの来賓がお見えになりました。



日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部は約30年ぶりに全日本選手権において団体優勝を勝ち取った直後の市長杯でありました。

宇佐美協会長も病気治療中の中、大会開催と団体優勝のお礼のスピーチをされました。


また、今回の市長杯と並行して、再来年の神奈川年輪ピックサーフィンロング試合会場となる茅ヶ崎市において、神奈川シニアフェスタロングボードCUPが開催されました。
神奈川県単位でもサーフィン大会は初めての試みであります。

今年に、オリンピックを見据え神奈川県体育協会加盟団体を目指し、神奈川県サーフィン連盟を設立し、田中会長・柾木副会長・・顧問として中西参議院議員をお迎えして組織を立ち上げました。



総ての支部から案分を決定して、60歳以上の選手を推薦して頂き、初代チャンピォンを決定する試合はパークで膝腰のスモールエゥーブと厳しいコンデションが試合は行われました。



元プロサーファー、72歳で現役アマチュアとしてここ数年でもフアィナリストや優勝をされている山崎市郎選手を始め多くの先輩方がパークに集合して、卓越した演技を披露して下さいました。

帰宅後、月曜日に行われる総務分科会事業評価について資料確認などを行って就寝。


9月1日は9時から決算事業評価総務分科会に出席いたしました。

まちぢから協議会の運営などの地域コミニュティー事業では、条例で定められている当該地域の部分から全市的な問題まで拡大した動きなどの是正について質問した処、その傾向は問題視しているが何もしなかったことなどが明白となった。

ホノルル市郡との姉妹都市については、単なる儀礼的姉妹都市から進めた民間交流の推進による深い繋がりを目指している。

4年目なる29年度は兼ねてより指摘していた文化面での交流や小学生の交流などが進化した。

一方、当初から姉妹都市に貢献した団体についての補助は段階的に削減されました。
しかし、体力・財力に差がある為に、強弱をつける必要がると指摘している部分については確り配慮していました。

連絡型窓口・証明書発行については、合理化に有効なITC化が期待される中、確立されていない点を含めて非常勤や再任用の適正配置で合理化を進め、費用が少ないI一部TC化を行ったりと努力していた。

他に地域防犯活動推進・自主防について審査を行った。

審査にあたり、所管外や自分の意見をバンバン言ったり時間の無駄が多かった。

ルールに基づいた質問が行われないと、行政側からバカにされるし、民主主義はルールの中で行われるので勘弁して欲しいし不愉快でありました。

3日は他の分科会が行われました。各事業の評価については30時間の間で作成する訳で、サッサと作成して兼ねてからの所用の為、市外に出張となりました。
 

8月21日までのお仕事

20日は免許書き換えの為、新しい警察署へ・・・・。

安全協会に入っているので、更新手続きが簡素化されていてスイスイと終わりました。

特典よりも日頃から交通安全協会は地域の交通安全にご尽力賜っていますし、お祭りや新学期の登校時見守りや交通整理も協会が頑張って下さいます。

証紙だけの購入の方も多い様ですが、是非、会員になって頂きたいと思っています。



手続き終了後、お役所入りすると、詩野ちゃんが1階ロビーで板を持ってウエット着て立っている・・・・「おーい、何しているの?」。

茅ケ崎市のオリンピック出場有力選手の応援キャンペーンでした。

神奈川県知へ松田選手の表敬訪問にお邪魔させて頂いた時、県職員総出でお迎えして頂いたのに、市長訪問以外何も無いと言うのはどうなの!

シンクロ・セーリングその他総ての有力選手に対して、来年の本番まで行政としても、出来うる応援をするべきと指摘していので、嬉しい限りでした。

松田選手におかれましては、代表入りまで、最善の努力が出来る環境で、素晴らしい活躍をされる事を期待しています。


さて、9月議会も近づき、議会も色々な会議が増えて来ましたが、所管や議論から外れたトンチンカンなやり取りに苦労しています・・・議員一人一人、支持者が居られる訳で、自分の支持者だけが市民の意見では無いので勘弁して欲しいし、ある一定のルールがある訳なので逸脱するのは勘弁だ。

自民党のイデオロギーを多くの国民の意見だから共産党さんも聞けと言っても、それは無理です。それを我々にギャンギャン言うのもどうなのと思います。

ご高説は判りましたが、深度も浅いので聞くだけ時間も無駄・・。その様な考え方がある事は経験上理解している。


別件として保育費無料化の制度の隙間についての議論が活発化しています。受け入れる側にも色々とハードルや補助の問題もあると認識しています。

市単独では予算的に無理でありましょうし、国・県からの補助金まで含めての是正が王道であると認識しています。



21日は次期総合計画の骨子についての行政側による会派説明でした。柔らかい段階での意見聴取です。

10年間の政策のバイブルでありますから、流行のワードは必要ありません。なるべくシンプルで拡張子のある内容も求めました。

また、国連が示した指針は、全国自治体総合計画に反映される時代ですから、その辺りもよろしくです。

超高齢化が進む茅ヶ崎市は、税金を納める働き盛り世代がある時期56%位になり、高齢者・未来をになう子供たちを支えるに1対1の案分に近ずく訳で、税収の増加は厳しい訳です。

加えて扶助費は何にもしなくても240億前後から28億位に跳ね上がる予想ですから、この部分の施策を真剣に考える必要があると思います・

歴史的価値のある公文書の保管について、2年後を目指して条例策定するとした説明が文書法務課をメインとした関係課から行われました。

大事な資料のハズが数年で廃棄されていたり、???な事例が過去に存在していた事を伝えて、相互で監視出来るシステムとする様に求めました。

 8月19日までのお仕事

盆休み中、日本列島太平洋側は、巨大台風の影響でビックスウェルがヒットしていました。

藤沢「小田原では水難死亡事故が発生しました。

茅ヶ崎市内では、パーク周辺にて連日のレスキュー隊出動となった。

2日でサーファー2名・内1名は自力生還・1名は救助・他の2件は海遊びの方で死亡事故は無かったが、カレント(流れ)とウネリが強くレスキューは大変だつたとの事。

また、ローカルサーファーによる救助事例も多く、大きなウネリをかわすパーク下にビジターが集まった。

離岸流に乗って簡単に沖にエントリー出来ますが、流れと戦いながらベストポジョンをキープするので、技術不足のサーファーにとっては厳しいコンデションと言えます。

特に自力で戻れ無かったサーファーは地元自治体とローカルに迷惑をかけた事を肝に銘じて欲しいし恥と思った方が良い。

費用は自治体持ちですから、その辺も良く考え欲しいし、地元の経験値のあるサーファーの指示はを確り聞いた方が良いかと。



大活躍した茅ヶ崎消防レスキュー隊の日頃の訓練は半端ではありません。

論より証拠・・・


2年続いて神奈川県代表として全国消防救助技術大会(岡山市)に出場いたします。
陸上の部門の、はしご登はん神奈川第1位でした。障害突破にも出場いたします。
今日も蒸し暑い中、気合の訓練を行っていました。

皆で応援して下されば幸いです。

夕方から台風通過後の海岸確認に出かけました。



大雨が降らなかったので河川からの流入ゴミの漂着は無く、実に奇麗・海の家などに被害は無く、ホッとしたトワイライトでありました。


17日は9時から海岸地区盆踊りの準備に東海岸小に・・・

震災以降自粛していて8年ぶりの開催となった訳で、台風通過による高温なので、大先輩方をヘルプしてテント貼りや飾り付けなどを行った。



あっという間に汗まみれとなったが、結構ご機嫌でありました。



夕方から開催され、予想を上回る人出にびっくり。大先輩方も嬉しそうでありました。



翌18日は9時から撤収作業で一汗かいて帰宅後、トレーニングに出かけ、夕方から店舗訪問など。



19日は10時から全員協議会が開催されました。

協議事項はゴミ減量化に関する方針で2年後を目指しての方針説明でありました。

経費の節減は重要で、現在の年間処理料金は約30億円・令和15年には現在の焼却灰処理施設は無くなるし、施設のメンテも恒久的に存在します・・

超高齢化や人口減少期で収入はじり貧なので、大問題であります。

加えて茅ヶ崎市の場合、超高齢化が進んでいる為、扶助費など何にもしなくても、年々高騰しています。

子育て・教育・景観・医療・文化・福祉などバランス良く展開しないと、都市間競争に敗北して人口減となってしまう可能性がある訳で、合理化と同時に受益者負担による経費節減を考えないといけない時代となった訳です。

今後は、全国的な傾向である一部受益者負担の方向にシフトチエンジするようです。

また、高齢世帯の増加対策としての個別収集は市民の皆様へのアンケートで賛否半分で見送られ、代わりに思いやり収集を手厚くするとの事。

豊田市の様に、潤沢な予算を有する自治体なら、昭和の時代に様に、総てがサービスで無償と言う時代は終わり、ある程度のご負担を賜り、歳出を補填する事がスタンダードになりつつあります。


 148 147 146 145 144 143 142 141 140 139 138 137 136 135 134 133 132 131 130 129 128 127 126 125 124 123 122 121 120 119 118 117 116 115 114 113 112 111 110 109 108 107 106 105 104 103 102 101 100 99 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80 79 78 77 76 75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14  13 12 11 10         
いつもありがとうございます!
あなたは累計
人目の訪問者です。






ス ケ ジュ ー ル
・・・・令和元年9月の予定・・・・

1日・茅ヶ崎市長杯開会式・神奈川シニアフェスタ開会式・試合手伝い・資料確認
2日・決算事務事業評価総務分科会・他分科会傍聴・事業シート作成
3日・市外
4日・決算審査傍聴・政策的会食
5日・決算審査傍聴・市民相談
6日・市民相談・決算審査傍聴・来客対応
7日・茅ヶ崎南市民集会
8日・茅ヶ崎市長杯・美化キャンペーン
9日・総務分科会・都市経済分科会・企業相談対応
10日・文化教育委員会・環境厚生分科会
11日・決算特別委員会・全員協議会・代表者会議
12日・都市建設常任委員会・文化教育常任委員会
13日・環境厚生常任委員会・総務常任委員会
14日・一中ふれあい教室サーフィン指導・あかしあ祭
17日・日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部団体優勝市長報告会
18日・議会運営委員会
20日・広報広聴委員会
23日・サーフ&ターフ
24日・秋の交通安全運動キャンペーン
25日・本会議
26日・一般質問・支部ミーテング
27日・一般質問
28日・JPSAロングボード最終戦来賓
29日・JPSAプレゼンテーター
30日・一般質問
プロフィール

現在の議会内役職

●自由民主党茅ヶ崎市議団顧問
●総務常任委員会委員
●広報広聴委員会委員


●昭和35年8月16日、柾木一策 前茅ヶ崎市長の長男として茅ヶ崎に生まれる。
●恵泉第2幼稚園卒。
●茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校卒。
●茅ヶ崎市立第一中学校卒。
●県立鶴嶺高等学校卒。
●日本大学経済学部産業経営学科卒。
●日本大学通信教育部勤務。
●伊藤忠系列製造メーカー営業職を経て、平成7年度茅ヶ崎市議会議員初当選。
●平成11年茅ヶ崎市議会議員2期目当選。
●平成15年茅ヶ崎市議会議員3期目当選。
●平成19年茅ヶ崎市議会議員4期目当選
●他に総務常任委員長・予算決算委員長な どを歴任
●平成22年茅ヶ崎市議会議員5期目当選
●第30代茅ヶ崎市議会議長就任
●神奈川県市議会議長会会長

●関東市議会議長会理事
●全国議長会評議員
●平成27年茅ヶ崎市議会議員6期目当選
●新湘風クラブ代表
●ホノルル市交流検討会

その他、予算特別委員長・決算特別委員長・各常任委員会委員長・100条委員等を歴任

役 職

●自由民主党茅ヶ崎連合支部・副支部長
●茅ヶ崎水泳協会会長
●茅ヶ崎サーフィン協会顧問
●茅ヶ崎スケートボード愛好会顧問
●茅ヶ崎アウトリガー愛好会顧問
●笑涯学芸会会長
●茅ヶ崎市立第一中学校同窓会監査
●県立鶴嶺高等学校同窓会副会長
●日本大学湘南桜門会顧問
●日本サーフアカデミー高等部講師
●小浜ダンスプラザ顧問

私達は柾木太郎さんを応援しています。
 神奈川県会議員  佐藤 光
 前高松市長  増田 昌三
 千葉県一宮町長  玉川 孫一郎
 全学生ヨット連盟会長  杉山嘉尚教授
 プロサーファー  藤澤 譲二
 ミュージシャン  テミヤン
 プロデューサー  宇治田みのる
 プロサーファー  勝又 正彦
 プロサーファー  牧野 拓滋
 茅ヶ崎歯科医師会
 さがみ農業協同組合  
 神奈川県行政書士連盟  
 宅建協会湘南支部
 丸大魚市場
 日本大学神奈川校友会
 茅ヶ崎管工事業協同組合
 茅ヶ崎市漁業協同組合
 茅ヶ崎市日本舞踊連合  
 一中通り商店会  
 
関 連 リ ン ク

自由民主党第15区衆議院議員
河野 太郎

自由民主党全国比例区参議院議員
佐藤ゆかり


自由民主党神奈川参議院議員
小泉あきお


茅ヶ崎市 市長
佐藤 光

寒川町・自由民主党県議会議員候補
山本 哲

愛知県豊田市議会議員
木本 文也

茅ケ崎市役所茅ヶ崎市役所

ちがさきサーフィン協会瓦版

宇治田みのる

日本大学

日本大学ヨット部

テミヤン

一宮町

牧野拓滋