放射能に関する茅ヶ崎市の方針

緊急報告・海水放射能測定

侵食対策関連報告・政策コーナー

サーフィン禁止のお話


自転車用サーフボードキャリアの取扱についてお知らせ!

最近のアルバム


新茅ヶ崎今昔物語(フォト版)

好評のシリーズ!茅ヶ崎今昔物語
(柾木太郎 本人筆)

柾木太郎のこれまでの足跡

これまでの柾木太郎、足跡を
画像とともにご覧下さい


普段着の柾木太郎です。

普段着の柾木太郎です。
写真をクリックして下さい!
実現して初めて政治です
☆住みたい街、NO.1に☆
柾木太郎の8策!
海に対する議会活動について

昔はゴミ箱が海になかった!

侵食ストップ

シャワー付きトイレをビーチに

Tバー前の潮流看板設置

ストップ汚水

消防レスキューにジェトスキー配備

サーフボードを市の物産に


柾木太郎の4年間の実績

政策方針について

4年間の実績報告


自 由 民 主 党 推 薦 
 
 柾木太郎さんは、議会のリーダーとして市政改革に積極果敢に取り組んでいます。
特に「地方分権」「まちづくり」の分野で右に出る者はいません。
5期20年の実績を武器に更なる飛躍を市民の皆様が期待しています。
私も全力で柾木太郎さんの活動をサポートさせて頂きます。

衆議院議員 河野太郎 

 
  

少子高齢化・人口減少など深刻な問題に直面している我が国にとって地方創生は重要な課題です。
都市間競争の激化が予想される中、茅ヶ崎市が将来に亘り皆様に愛される街として発展する為に、柾木太郎さんの経験値と抜きんでた政策形成能力は必要であり大きな期待を致します。


農林水産副大臣
参議院議員 小泉 昭男
 

 
  
柾木太郎さんは、海と緑豊かな茅ヶ崎市の輝く未来のため、長年市民の代表として市政をリードする重要な役割を果たされてきました。
視野が広く、行動力があり、妥協することなく市政に取り組んでいらっしゃいます。
そのリーダーとしての役割を引き続き、征木太郎さんにリードして頂きたいです。
心から応援しております。


参議院議員 島村 大 
 
更 新 日
2017年3月26日(日)
ホームページ開設日
2007年4月14日(土)
柾木太郎後援会事務所

〒253-0053
茅ヶ崎市東海岸北2-9-19
TEL&FAX 0467-83-6919
e-mail
masaki@ballade.plala.or.jp



Copyright
TARO MASAKI
2007-2016

All Rights Reserved



マークについて

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

茅ヶ崎市議会議員 柾木太郎
   お知らせ
住みたい街、NO.1に! 柾木太郎の8策!

政策については、左「実現して初めて政治です」をクリックしてご覧下されば幸いです。(校正ミスが若干ございますが、ごようしゃ賜りますようお願い申し上げます)

※茅ケ崎ゴルフ場に関する記述は12月1日のお仕事に書いてあります。

 5月25日のお仕事

ラマンダン月は、ここ最近テロが多発します。



今回のイギリスコンサート会場の自爆テロは、あまりに非道で衝撃的でした。
オリンピックが開催される日本は現在でも多くの国の方々がステイしていたり働いていたりします。

通勤ラッシュやTDI・ジャイアンツ戦やカトゥーンのコンサートで同様な事があったら被害は甚大でありましょう。

ISは日本もターゲットにしています・・・北朝鮮はミサイル・中国は海洋進出と実に平和に見える日本国もジワジワと脅威にさらされているし、オリンピックは過去にもテロの標的にされています。

日本赤軍がテルアビブ空港で乱射テロを行った事何て皆忘れているいる様だが国内でも丸の内爆破事件など過去にテロがあった訳です。

近づく国際イベントに備えて国際スペックに合わせて『テロ等準備罪』の成立を急いでいるのは国民の生命と財産を守る観点からは政府としては必要と判断したのでしょう。

御承知の通り、公安当局はオウムと日本共産党は監視対象団体に位置付けています。


『政党として存在しているのに何故?』と疑問に思う方に簡単な説明をいたしましす。

1950年代の共産党は武力や暴力による革命を目指しましたが選挙では0と惨敗しました。

その後の綱領改訂で武力革命は放棄しましたが、いまだに民主集中独裁規約は放棄していません。

これは共産党が政権獲得したときに反対派を抑えるために行使する、ナチスの全権委任法にあたるようなものです。

共産党だけは特別だという民主主義なのです。

この民主集中独裁規約を放棄しないかぎり、いつまた武力革命を復活させないとも限らないという心配があり、またさらに党内で起こった、法治国家を無視するような査問人権問題もあり、日本共産党は公安から監視し続けられている訳です。


だから日本共産党が法案に反対する事は当然であり納得します。

デモ参加の方へのインタビューで『デモも出来なくなる!』コメントした御婦人の心中の十分に理解出来るので納得であります。

しかし、他の国の国籍の方で我が国の戦後史も知らない議員にヒステリックにワーワー言われるのはスジ違いかと思います。

冤罪の恐怖は存在するので、この辺りは確りして欲しいとおもいますが・・・

国政の場では過去も検証して高尚な論議をして欲しいと願うのは僕だけでしょうか?



 5月24日のお仕事

今年は市制70周年ですが、あんまりお金がありません。

茅ケ崎市と言う名前や環境が有するブランド力を生かしてお金のかからないイベントなども視野に入れて盛り上げて行く方が得策であると議会の場でもご意見申し上げているので、実戦に入っていてスポーツ系を中心にアプローチを展開しています。

幸いな事に実績のある案件については順調に進んでいるので動きやすい。

色々な企画が持ち込まれるが、中には趣旨が希薄で一般的な良い事を列挙している割に怪しい内容もあるので、確りと精査して行くつもりです。

近年は茅ケ崎市のブランド力を利用して、怪しい商売を展開している輩もおり、苦情や心配の御相談を持ち込まれる方が増加しています。

確りしたHPが良い企業の証とはならない様で市外からも相談にお越しになられます・・・・


 5月23日のお仕事

夏前に仕込み中のゴミ減量啓発作戦については、行政側から目から鱗のアイデアが提案され、午前中は調整となったが、これは実に良い・・・先方からも絶賛でありました。感謝であります。

13時40分から市長応接室へ!



管工事組合様には、日頃から本業と並行して消火活動や大災害時に必要不可欠な水という重要なライフラインを行政と協力して守って頂いております。


本日は市長部局に対しての要望及び意見交換会を開催いたしました。
防災協定を効果的に運用する提案や保守点検の効率化について提案がなされました。

多くの市民の方が市外でお仕事されている間や深夜に緊急工事や消火栓の不具合を修繕したり、防災フエスティバルで活躍されたり地域に無くてはならない業種であります。心より感謝申し上げます!



上の写真はハワイぽいですが茅ケ崎です!フラのステージがあったりします。
ゴルフコンペの懇親会にて新湘南延伸とシーサイド・茅ケ崎ゴルフ倶楽部について簡単な説明をさせて頂きました。

会場も洒落ていて楽しいスポーツ後の笑顔のおすそわけ頂きました。

良い天気は人を幸せにしますね!

 5月22日のお仕事

月曜日は多忙でありました。

ふるさと納税作戦はネタが都内から送付されプレゼンなど確認してます。

単純なお礼品では無く、道の駅などを見据えてカルチャーの発信を含めての戦略を考えているので面白みがあります。

他市には無い仕掛けであります・・・。

11時過ぎからアポ取り作業で今週は満タンとなった。



14時からザ・サーフスケーターズの幹部の皆様が来庁され、湘南でのイベントなどについて趣旨説明や御依頼を承りました。

洒落た皆様との意見交換は楽しい時間で、別件の汐小前のトイレ改修に気がついてくれていて個人的にご機嫌でした。
夏の後半が楽しみです。

16時から各部との打ち合わせや意見交換となり、17時40分頃お役所を後に・・・・

18時から市民相談・・・茅ケ崎ならではの怪しいビジネスに関する相談があり、これで2件目・・・・あんまり好ましく無いので調査中であります。



 5月21日までのお仕事

19日はネタの仕込みに終始いたしました。行政側にある程度の要望はしてありますが、民間からのアプローチが無いと単独ではアイデアが出ないケースも多数あります。

また、その事業でお役所から事業費を頂く事など考えていなく、その様な取り組みを行った事が企業にとって大事な場合もあるので、茅ケ崎市の名前にブランド力がある事を利用して発信するアプローチも良い様です。

夕方から自民党市議団の臨時会打ち上げの後、後輩と池音交換。

20日は市外。



21日はかねてからからビジネスモデルとして興味がある施設などを見学する為、西方面へ電撃出撃しました。

中京地区は案外面白い取り組みをしている民間・行政が存在していて、『茅ケ崎最高』と言って市内ばかりに焦点を合わせていると政策のスケールは小さくなってしまいます。

都内ではブームになっていて湘南では影も形も無い・・・地方には存在しているなんて事は多数ある訳で・・・・



昼食後、頭上を低空でバルーインパルスが5機編隊で通過して垂直に上昇して垂直に降下するのを体験しました。

茅ケ崎市だったら騒音苦情全開でしょうが、かの地では皆農作業を休めて見学してました。

 5月18日のお仕事

午前中は陳情等の処理の為、関係課との打ち合わせや連絡など!

午後から江戸へ出撃。



ふるさと納税はまちのアイデンティーを自己主張しつつストーリーが在るべきで、それが将来の道の駅に連動して行くなどの多機能化をするのも良いだろうとのロジックで仕掛けております。

と言う事で複数の関係者の皆様と意見交換と打ち合わせを16時から1時間半、濃い内容の有意義な時間でした。

一般質問などでアレして下さい・コレして下さいを言うのは簡単であります。政策に対してどの様に行政と協同するかはとても重要であります。



打ち合わせ先が水道橋だったので後輩にチケットをゲットして頂き、母校日本大学がオフィシャルスポンサーに名を連ねるジャイアンツ戦観戦・・・・・

燕ファンの皆様・・・おめでとうございました。



終了後、銀座にて反省会の後、帰宅となりました。

 5月17日のお仕事

陳情等についてお役所側と調整など・・・・

夕方から茅ケ崎市役所日本大学校友会の総会・懇親会にお招き賜りました。
部課長10名・総勢76名の陣容であります。

日本大学は総合大学でありますが、特に理系の専門分野には定評があり、芸術学部等の評価が世間では先行していますが。実は理系の技術屋さんが大手ゼネコンを始め宇宙工学等等々で活躍しています。
また、多くの自治体の技術系の中枢で頑張っておられます。

茅ケ崎市役所の技術系を見ても、生産工学部出身の中堅が大活躍していおりますが、現状では技術系人員の確保に苦労しています・・・

大学との繋がりを強くして行く事で人材確保に努めて行こうと考えています。


5月16日のお仕事



姉妹都市の取り組みとしてハワイの画家クリステーさんが西浜小中学校で絵を通して次世代にハワイの文化や歴史を紹介する授業が行われました。

以前から姉妹都市交流の中でも文化交流の大切さを行政に指摘していただけに良い取り組みと思っています。

文化面を疎かにすると薄いお付き合いとなる事は明白なので嬉しく思っています。


生徒の皆様はとても楽しそう!そしてグレン夫妻も文化交流のお手伝い中でした。




グレン松本氏とは学生時代、茅ケ崎は南湖に住んでいて多感な時期を共有した訳で、今、改めて2人とも歳をとったなと良い意味で実感いたしました。

授業見学後、市内小売業3社に訪問して景気動向や市内で気になる事を意見交換・・・・天候不安定は景気に直結する様です。

13時からお役所入りして各課打ち合わせ。
14時から来客対応・・・・世の中には色々な職種がありメジャーでは無いが社会のニーズもあり将来性が見込める世界があるものだと実感いたしました。
15時30分から会派代表と陳情市民との意見交換。

16時30分から財政課長以下打ち合わせ。

17時から来客対応と続き、市内2件訪問後帰宅となりました。


 5月15日のお仕事



天候は安定しませんが、我が家の庭では薔薇が絶好調であります。



しかしながら、韓国大統領前後の極東アジアの不安定感は益々悪化の方向にある様です。

何故なら朝鮮半島の2つの国家は、依然、戦争中であり休戦中であり、朝鮮半島は軍事的要所である訳です。

北朝鮮は、ロシア・中国・韓国に囲まれています。

歴史的にも李朝崩壊はロシアの南下容認に日本が耐えかねて併合となった事実があります。

現在はアメリカ様の御意志に従って動いているので極めてリスクが高いと見て良いでしょう!

用心棒としてのアメリカの傘の下で、経済・産業を進化させて来た日本もそろそろ真の独立国を目指したいと考えているのが自民党で、その考え方を右翼だとか軍国主義復活等と定義し、平和や民主主義の敵と位置付け、国会でバトルが続いていますが、国家としてどう在るべきかと言う論戦はトンと聞かない訳で・・・・・


アメリカが現時点で安保を破棄したら、莫大な防衛費増加と自衛隊の人員不足による徴兵制が復活する可能性すらある訳で、この様な現状となったのは過去からの個を基本とした拝金主義が強く起因している思われます。

今年も段々と平和行事が増える時期となっていますが、例年通り1940年代だけをクローズUPして隣国の事に殆ど触れない・被爆国として世界のその恐ろしさを伝えるメッセージも無く、大東亜戦争を引き起こし揚句に原爆を投下された哀れな国として平和を語るなら勘弁して欲しいと思います。

過去の過ちは自国に焦土と悲劇と大損失しか残らない事を日本人はDNAに確りと刻んでいます。積極的に侵略など平成の世の中ではあり得ないと考えています。平和を望んでも、毎日挑発する国家や領土と覇権に取りつかれた国がうろうろしている訳で、一方的攻撃を避ける為に抑止力は必要な訳で・・・

共産・社民を中心とする9条関係のデモや街頭活動をする人が行政から委託されて平和行政を行っている様な事態はノーマルとは思えない。

個人の主義主張はOKだが公共に持ち込むのはNG・・・・委託者が公の場でニュートラルだが完全な右寄りで日章旗を掲げる人物だったら、反対側の主張の方々は問題視して行政側にプレッシャーをかけるだろうが、保守系の多くの人々は懐が深いから『デタラメだな』と思っても行動には出さない・・・

サイレントマジョリティー!多くの市民の心情位察して欲しいモノです。

 5月14日までのお仕事

11日・12日と臨時議会(議会人事)となった為、UPは暫くお休みさせて頂きました。

茅ケ崎市議会は2年に一回、特に後期の議会人事は前期議長の辞任を受けて議長選挙を行います。

当然事ながらプロ同士の戦いでありますしGW終了後の週と言う事で先週は会議や連絡事項などかなり多忙でありました。
また、居場所や誰と合ったなどもNGだし、余計な事を書く訳にもいかない状況となりました。と言った次第で誠に勝手ながら暫くお休みさせて頂きました

今回から水面下の交渉等で市民が判らないままに新しい議長が決定する事を避けて、正副議長の立候補制を導入となりました。

さて議長選挙の結果でありますが、自由民主党茅ヶ崎市議団(8名)は自民党として岩田はるみ議員を擁立した。

本来、自民党系議員は10名でありますが、青木・山田両議員は会派に合流しませんでした。

焦点は副議長に立候補する会派との連携でありましたが、この部分での合意が得られず、結果は10票対16票で公明党の白川議員が議長となった。

白票は共産党市議団・・・自公に入れる訳が無いので納得。

岩田票については無会派の2名の賛同を賜り会派8プラスで10票・・・・何か計算合いませんが????

近隣市も同様で自民系が一本化出来なかった平塚・藤沢とも他党が議長となった・・・・今回はそれを避ける為に大同団結を模索したが失敗に終わったと御理解下さい。

副議長は新政ちがさきの岸議員に決定。

12日は各常任委員会委員長やメンバー・監査委員等の選出となり10時に本会議開催後、休憩して代表者会議後、正副議長斡旋となりました。

過去においては役職決定に徹夜までいたしましたが、僕が議長の時代に悪しき慣習は止めて頂き、延会しても19時頃には終わる様になりました。



交渉となりますので2日間、かごの鳥状態で大ストレスとなるのであります。自由民主党茅ケ崎市議団では顧問なので会派代表が交渉等にあたりますから助言役です。

ジッと待つ事の重要性と妥協点設定についてご意見申し上げました。

新代表は良く頑張ってくれました。

監査委員・総務委員長・広報広聴委員長・都市計画審議委員を会派として頂きました。



2元代表制の意思決定機関として広角的視野を持ち確り機能する議会を構築してこそ、茅ケ崎市のより良い発展に繋がると信じています。
各議員単独の意気込みだけでは大願は成就しないので政策集団として真の会派制を追求する予定。


僕自身は総務常任委員会委員・広報広聴委員会を拝名いたしました。

後輩議員の育成に尽力すると同時に議長経験者の古参として議会のスキルUPに努めて行きます。

13日は雨・・・チョロとアロハイベントの様子見に出かけて市外へ・・・
14日はリセットタイムとなりました。


 5月9日のお仕事




10時から茅ケ崎市消防署小和田出張所の開所式に所管である総務常任委員会委員としてお招き賜りました。施設は既に運用しています。



最新施設であり、市民の放水訓練から避難所機能・自家発電と多機能化されています。更に男女隊員の居住性も良く大規模災害時でも単独対応可能であります。




最新の小和田出張所開所式後、部隊による放水訓練が披露されました。
精鋭部隊として、屈折はしご車・消防ポンプ車・救急車等様々な装備し市内南東部を管轄します。



8年以上前に公共施設再編特別委員会に所属していた時に『屈折はしご車を配備するしては接道のスペックと幅が足りない』と指摘した部分は出張所とコミセンの間の道路の幅員とすみ切りで見事に解消してあります。


式典終了後、お役所に戻り部長級と意見交換を行いました。

予てから指摘している点について、現場に認識が無くてテラテラ進めているのであれば、党としての対応をする以外無い訳で、国会を含め重要案件である事すら考慮出来ないのであれば、トンチンカンとしか言いようがありません。
その他、市民生活やサービスに影響が懸念される案件についても他部署と意見交換・・・対応早く脱帽でした。お見事!

15時から市内訪問2件の後、葬儀参列・会食と続き帰宅し22時ベットルームへ・・・


ありゃ!ベットルームの床に鳥の羽根が散乱している!



犯人は絶対コイツです。

カリカリ餌は食べていませんしベッドでグーグー寝ています・・あーっ気持ち悪い!今晩は違う場所で寝て頂きます。

 
5月8日のお仕事

今週の11日から臨時議会が始まります!

議会人事が主たる議案で、後期2年間の議長以下の役職を決定する会議で、公職選挙法が適応されます。

今までは候補者も公になされないで、いきなり投票が行われ議長が決定すると言った不透明感の漂うシステムでしたが、今回から立候補制といたしました。

法律的には立候補した議員以外の方でも票があれば議長となりますが、議会で立候補制を決定したのに立候補者以外が当選したら『何やってんだ?』と批判全開となる事は必定でありますから、適正に行われると思われます。

5月前から会派(国政と言うと政党)の再編成などが始まりました。

自由民主党系の議員は念願である、2会派プラス単独の議員の大同団結の好機と捉え10名以上の会派結成を目指しましたが8名の賛同者となった。

新会派は自由民主党市議団で8名・新政茅ヶ崎は1名が無会派に移動して4名・公明党は4名・絆ちがさきは2名減で3名・市民自治3名・共産2名・無会派の議員は4名と再編成が確定。

経験からすると、少数会派乱立期の議会運営はとても難しくなる傾向にあり、当代議長はなるべくそうならない様に努めるのが一般的なセオリーです!

本来、会派控室は所属議員数により面積等の変更が行われます。

基本、会派は志を同じくする議員が議会運営の効率化の為に結成し任期中の移動等は、あまり良い事では無いとさけている訳で・・・・

パーテーションの移動などに200万円以上のお金が必要になる事など考慮して控室の面積変更などを行わない事を事務局に申し入れ、旧新湘風クラブ(6名)の部屋で落ち着きました。
議員さんの都合で、200万歳出は理由となりませんからねー。

大幅に構成人数が変わった会派については狭い部屋に自力で移動して頂き経費がかからない方法といたしました。




と言った事情で、10時から大移動が始まりました。一人当たり面積は少なくなりましたが、上手くレイアウトして午後から公務再開となり、陳情処理・会派会議と続き帰宅は21時過ぎとなりました。


 5月7日までのお仕事



GW中はUPお休みさせて頂きました!5月8日から通常に戻ります。



3日は旧友や後輩諸氏と5時スタートで南房総プチトリップ!

普段は中々日程も合わない事が多いのでリセット時間を頂きました。

15時に帰宅して17時から約2時間政策的打ち合わせを行なった後、夜の部にお邪魔させて頂きました。



4日は恒例の市外後輩諸氏との懇親会。



5日は最高の天気となった子供の日・・・・これまた恒例の後輩BBQにお招き賜りロングタイム集いとなり大リセットさせて頂きました。

6日は市内にてトレーニング・打ち合わせなど。



7日は日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部全日本選手権予選会のお手伝いとなりました。



GW中も極東アジアの緊張感は継続されました。
また、痛ましい水や山の事故が多発し殺人事件も多かった様ですが、平和を享受している中での事で、時に日本の暗部がチラホラ見え隠れするのであります・・・・


報道のポピュリズム化により深層に存在する大問題が消されてしまい表面上の好き嫌いの感覚や感情に訴える傾向が異様に強くなっていると感じています。

明らかに自身に問題があっても、目先の感覚的善悪で思考するので行政などに対するクレームの中に『除夜の鐘が煩くて迷惑だから止めろ』的な内容が増加している


政治は世相に影響されやすい訳で東京都など、直近の流れを先取りした様だが薄い内容だとメッキが剥がれるのも早いと思うのですが如何でしょうか?

 5月1日のお仕事



10時から代表者会議が招集されたが、自由民主党市議団となり代表は水島会長ですから出席はいたしません。

10時30分から代表者会議内容の説明や持ち帰り事項の意思決定・会派の予定等について会派会議が開催されました。



12時から今年もアロハビズのオープニングセレモニー!


思えば15年以上前に当時の大村会頭に『太郎君!ゆかた祭りだけだと盛り上がらないので良いアイデア無いかい?』と言われて『頭にアロハをつければ自然に動きますよ』と申し上げた事を思い出しました。

今年も良い夏になります様に!



テミアンに合うのもオフィシャルな時ばかりでセミーズ時代が懐かしいこの頃です。

 4月30日までのお仕事

27日は雑務終日処理。



28日は会派解散届を提出して、僕と岩田議員は自由民主党茅ヶ崎市議団に合流して8名の会派となりました。



自由民主党茅ヶ崎市議は20数年に亘り一本化出来なかった訳で、今回は最大のチャンスでしたが、青木・山田両議員にはご賛同頂けませんでした。

しかし、僕達は対立する事無く、心から合流を願っています!

夕方から政策的会食など。



29日は湘南祭で桑田佳祐杯・エボシパドルレースのお手伝いで8時サザンビーチ。



8年後にオリンピック競技となりそうなSUP!

元々はワイキキのビーチボーイがデカイサーフボードに観光客を乗せて波乗りの写真などを撮影するサービスだったそうな・・・ワイキキビーチボーイスタイルと言われる理由です。



ホノルルと姉妹都市である茅ヶ崎からSUPとビーチカルチャーを発信する事は茅ヶ崎市にとっても戦略的に有効であると判断しています。



今回も茅ヶ崎市のサーフイン連盟・協会・SUPの各団体がカッチリとスクラムを組んで、本来、サーフィンの基本であるパドル強化のレースにSUPを追加した経緯があります。



関西を始めとして多くの地域からご参加賜り、熱気あふれるレースが展開されました。

エントリー賜りました選手の皆様と大会関係者の皆様に心から感謝申し上げます。



湘南祭も絶好調で大賑わいでした。

30日もチョイ湘南祭にお顔出しして、午後から後輩諸氏と集いでした。


 


 119 118 117 116 115 114 113 112 111 110 109 108 107 106 105 104 103 102 101 100 99 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80 79 78 77 76 75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14  13 12 11 10         
いつもありがとうございます!
あなたは累計
人目の訪問者です。






ス ケ ジュ ー ル
・・・・平成29年5月の予定・・・・

1日・代表者会議・会派打ち合わせ
2日・代表者会議・議運
3日〜7日・オフプラスイベント
8日・お役所・会派会議
9日・小和田出張所開所式
10日・市外
11日・臨時会議・初日
12日・臨時会議最終日
13日・アロハマーケット・市外
14日・完全オフ
15日・市内
16日・西浜小学校・来客・来客・来客
17日・市内・市役所日本大学校友会
18日・都内打ち合わせ・ドーム
19日・市内
21日・支部予選
22日・お役所・来客・市民相談
23日・市内・来客・報告会
24日・市民相談・打ち合わせ
25日・打ち合わせ・来客
26日・全員協議会・ハワイアンカフェオープンレセプション
27日・組合意見交換会
28日・議会報告会
31日・議会報告会・会派会議


プロフィール

現在の議会内役職

●自由民主党茅ヶ崎市議団顧問
●総務常任委員会委員
●広報広聴委員会委員




●昭和35年8月16日、柾木一策 前茅ヶ崎市長の長男として茅ヶ崎に生まれる。
●恵泉第2幼稚園卒。
●茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校卒。
●茅ヶ崎市立第一中学校卒。
●県立鶴嶺高等学校卒。
●日本大学経済学部産業経営学科卒。
●日本大学通信教育部勤務。
●伊藤忠系列製造メーカー営業職を経て、平成7年度茅ヶ崎市議会議員初当選。
●平成11年茅ヶ崎市議会議員2期目当選。
●平成15年茅ヶ崎市議会議員3期目当選。
●平成19年茅ヶ崎市議会議員4期目当選
●他に総務常任委員長・予算決算委員長な どを歴任
●平成22年茅ヶ崎市議会議員5期目当選
●第30代茅ヶ崎市議会議長就任
●神奈川県市議会議長会会長

●関東市議会議長会理事
●全国議長会評議員
●平成27年茅ヶ崎市議会議員6期目当選
●新湘風クラブ代表
●ホノルル市交流検討会

その他、予算特別委員長・決算特別委員長・各常任委員会委員長・100条委員等を歴任

役 職

●自由民主党茅ヶ崎連合支部・副支部長
●茅ヶ崎水泳協会会長
●茅ヶ崎サーフィン協会顧問
●茅ヶ崎スケートボード愛好会顧問
●茅ヶ崎アウトリガー愛好会顧問
●笑涯学芸会会長
●茅ヶ崎市立第一中学校同窓会監査
●県立鶴嶺高等学校同窓会副会長
●日本大学湘南桜門会顧問
●日本サーフアカデミー高等部講師
●小浜ダンスプラザ顧問

私達は柾木太郎さんを応援しています。
 神奈川県会議員  佐藤 光
 前高松市長  増田 昌三
 千葉県一宮町長  玉川 孫一郎
 全学生ヨット連盟会長  杉山嘉尚教授
 プロサーファー  藤澤 譲二
 ミュージシャン  テミヤン
 プロデューサー  宇治田みのる
 プロサーファー  勝又 正彦
 プロサーファー  牧野 拓滋
 茅ヶ崎歯科医師会
 さがみ農業協同組合  
 神奈川県行政書士連盟  
 宅建協会湘南支部
 丸大魚市場
 日本大学神奈川校友会
 茅ヶ崎管工事業協同組合
 茅ヶ崎市漁業協同組合
 茅ヶ崎市日本舞踊連合  
 一中通り商店会  
 
関 連 リ ン ク

自由民主党第15区衆議院議員
河野 太郎

自由民主党全国比例区参議院議員
佐藤ゆかり


自由民主党神奈川参議院議員
小泉あきお


神奈川県会議員 
佐藤 光

寒川町・自由民主党県議会議員候補
山本 哲

愛知県豊田市議会議員
木本 文也

茅ケ崎市役所茅ヶ崎市役所

ちがさきサーフィン協会瓦版

宇治田みのる

日本大学

日本大学ヨット部

テミヤン

一宮町

牧野拓滋