放射能に関する茅ヶ崎市の方針

緊急報告・海水放射能測定

侵食対策関連報告・政策コーナー

サーフィン禁止のお話


自転車用サーフボードキャリアの取扱についてお知らせ!

最近のアルバム


新茅ヶ崎今昔物語(フォト版)

好評のシリーズ!茅ヶ崎今昔物語
(柾木太郎 本人筆)

柾木太郎のこれまでの足跡

これまでの柾木太郎、足跡を
画像とともにご覧下さい


普段着の柾木太郎です。

普段着の柾木太郎です。
写真をクリックして下さい!
実現して初めて政治です
☆住みたい街、NO.1に☆
柾木太郎の8策!
海に対する議会活動について

昔はゴミ箱が海になかった!

侵食ストップ

シャワー付きトイレをビーチに

Tバー前の潮流看板設置

ストップ汚水

消防レスキューにジェトスキー配備

サーフボードを市の物産に


柾木太郎の4年間の実績

政策方針について

4年間の実績報告


自 由 民 主 党 推 薦 
 
 柾木太郎さんは、議会のリーダーとして市政改革に積極果敢に取り組んでいます。
特に「地方分権」「まちづくり」の分野で右に出る者はいません。
5期20年の実績を武器に更なる飛躍を市民の皆様が期待しています。
私も全力で柾木太郎さんの活動をサポートさせて頂きます。

衆議院議員 河野太郎 

 
  

少子高齢化・人口減少など深刻な問題に直面している我が国にとって地方創生は重要な課題です。
都市間競争の激化が予想される中、茅ヶ崎市が将来に亘り皆様に愛される街として発展する為に、柾木太郎さんの経験値と抜きんでた政策形成能力は必要であり大きな期待を致します。


農林水産副大臣
参議院議員 小泉 昭男
 

 
  
柾木太郎さんは、海と緑豊かな茅ヶ崎市の輝く未来のため、長年市民の代表として市政をリードする重要な役割を果たされてきました。
視野が広く、行動力があり、妥協することなく市政に取り組んでいらっしゃいます。
そのリーダーとしての役割を引き続き、征木太郎さんにリードして頂きたいです。
心から応援しております。


参議院議員 島村 大 
 
更 新 日
2018年10月7日(日)
ホームページ開設日
2007年4月14日(土)
柾木太郎後援会事務所

〒253-0053
茅ヶ崎市東海岸北2-9-19
TEL&FAX 0467-83-6919
e-mail
masaki@ballade.plala.or.jp



Copyright
TARO MASAKI
2007-2016

All Rights Reserved



マークについて

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

茅ヶ崎市議会議員 柾木太郎
   お知らせ
住みたい街、NO.1に! 柾木太郎の8策!

政策については、左「実現して初めて政治です」をクリックしてご覧下されば幸いです。(校正ミスが若干ございますが、ごようしゃ賜りますようお願い申し上げます)

※茅ケ崎ゴルフ場に関する記述は平成28年12月1日のお仕事にあります

 12月13日までのお仕事

松島議員から辞職届が提出された。一身上の都合で年末まで努めて辞職したい旨が議長に提出され、受理されている。

全員協議会が開催され、報告事項で本人に対して数人の議員が質問していたが、基本一身上の都合なのでプライベートの質問は避けるとするが、運営マニアル等で示されているので、如何なのかな?と思いました。

質問する側・答える側双方とも、私が先輩や事務局職員や運営マニアル等で学んだロジックと違うので興味深く拝聴いたしました。

本会議場では、私生活に言及する内容にふれた場合、懲罰に値するので、特段は配慮が必要となります。

議員の中には、問題だから何だかの制裁をと考える方も居られますが、松島議員自身が有権者に謝罪するなりするが妥当です。

市民からの辞職やその他に申し入れがあった場合に、議会として対応するのが正式なやり方となります。

過去にも、無断欠席・不穏当発言・酩酊状態での行動・所在不明などの物議を提供してこられた方ですから、他の議員さんの不快感は十分に理解しますが、感情で本会議を行うのもOUTだし、元々その様な議員であると認識していたので、政策的や政治的交流も含めて、殆ど会話をする事も致しませんでした。


特に議長時代には、職員側からの苦情に対応して議長として謝罪したりと大変でした。

2つ目のトピックは、今回の所信表明に対して僕は一般質問を行う事にいたしました。

任期途中での市長交代ですから、公約の実現は解りますが、年度内は前任の市長さんのやり残した案件を全力で処理しながら、来年度は骨格予算としている訳ですから、3月の施政方針で詳細について示せば最高だったのにと思うのであります。

点や一事業についての表明が多く、様々な計画や財源についての明記が無いので、方向性や方針についてお尋ねするつもりであります。

通告書の作成・各課・各部とのヒアリング等、調整・忘年会・市民相談・お付き合いなど予定がパンパンで更新が出来なかった事をお詫び申し上げます。


 12月6日までのお仕事

4日は、環境厚生常任委員会の傍聴でありました。

補正予算では、図書館と梅田青少年会館の空調設備改修工事が審査されました。

対応年数を遥かに経過した為、図書館はファンコイルの交換・青少年会館は個別空調システムに変更する工事で、今年9月議会で議会側から猛暑時の空調故障は施設として致命的なので、改善する様指摘され事を行政側が真摯に受け止めた結果であります。


ところが質疑では、ジャパネットで自宅の6畳の部屋用はどのスペックになるか的な内容が続き、管理経費についてや入札方法などの質疑は皆無でありました????

文化会館の指定管理者の指定についてはね引き続き文化振興財団が決定され、今後の事業展開や4年後の公募に向けた自立経営等に質疑が行われたが、明確な答弁は無かった。

5日は都市建設常任委員会で指導路線廃止4件・認定9件と年末らしい議案数となりました。



暖かい1日で気分は夏でありましたが、午後から、普段ご無沙汰している先輩や後輩を表敬訪問・市民相談・家族サービスの後、一般質問通告書作成にて終了。

6日は
新規の議会(と言っても4月まで)の集合写真の撮影後、総務常任委員会に出席した。

国の制度改正に伴うシステム改修費は、NECとの随意契約・・・業者の言いなり価格に妥協しない事とまた、誤まりなど無いように進めて欲しい旨の質疑を行いました。

9月議会で老朽化した空調への対応を求めた事を真摯に受け止めた行政は20年以上経過した故障の危険がある施設の工事が議案に上程された。
工期を考察すると12月議会提出でギリギリでありました。

工事請負契約では、庁舎跡地工事・Aランクの企業による入札で妥当でありました。

ゴミ焼却場破砕ライン解体工事については、焼却場解体実績のある企業と市内業者JVによる入札で最低価格ギリギリの安値で鴻池・亀井JVが落札しており、選定基準・価格とも妥当でありました。

終了後、ヒアリング・事務局意見交換・来客対応2件の後、19時から高校同期プチ集いに参加してゲームセットとなりました。

 12月3日のお仕事

週明けから議案審査を行う常任委員会が始まりました。



トップは環境厚生常任委員会の傍聴した・・・・

補正予算では、産前・産後の国保減免制度施行に伴うシステム改修費が計上された・・・

ここで重要なポイントは、国の制度改正による出費に何らかのフォローがあるか?システムについては、同一メーカーによるフォローが多い訳で、随意契約か競争入札なのか?同一メーカー系企業による競争となるなら適正化に努めて欲しいなどの質疑が必要となります。

しかし、制度の内容について、ゴチャゴチャ質疑する訳で、この場面では契約についての質疑が本道で、後は関連・議題外となるので、委員長が質疑の方向を修正する必要があるのだが、皆無。

指定管理者関連の議題では、そもそも指定管理者を理解しておらず、行政所有の建物が壊れたら指定管理者が負担するのか
?の質疑を行う。

建物の修繕はお役所側で行うのは、誰でも理解している常識で、こんな質問する輩にガッカリするのでありました。

茅ヶ崎市地域医療センター条例の一部を改正する条例では、新規の施設設置による所在地等の変更が主たる改正点でありました。

事前のヒアリングを行わないで、委員会に臨んだ議員の質問は、深度が薄く聞くに堪えません。

と言う事で、午後から岩田総務委員長と総務所管の各議案について行政サイドとヒアリング&意見交換を行った。

6日に総務常任委員会が開催されるので、それまでに各付託議案について、キッチリ調査して臨む所存であります。

 12月2日までのお仕事



30日は本会議開催後、追加議案として上程された人事院勧告に基づく職員の給与改定が総務常任委員会に付託され審査を行いました。

12月の民間で言うとこのボーナスに反映させる為に12月1日施行を狙い提出された。

来年の3月末日までは、本年度予算なのですから、大よその経費などを示す必要があるのでは?質問をさせて頂いた。

恐らく2月までは資金の調達は可能でありましょうが、3月分はどの様に算段するのでしょうか?

短期借入か短期流用で対応するのでしょうが、その辺りまで示してから審査するのがスタンダートと考えます。

時間外・仕事の多様化・突然のトップ交代など、庁内の士気や他市の給与水準から考察しても妥当である事・幹部職員より若手職員の給与わターゲットにしている事など、妥当であると判断し議案資料等に言及して賛成いたしました。

終了後、会派会議を開催して、一般質問・議案・陳情などの態度について意見統一を行った。

夕方から市民相談を含めての会食でゲームセット。

12月1日は、市民相談・連絡など・・・・



夕方から茅ケ崎古豪サーフクラブ・バーバリアンズ忘年会に出席して、大先輩方と懇親となりました。

今年も1年間、ありがとうございました。



中座して潮見台小ローカルの忘年会出席の為、辻堂駅前に移動。



茅ケ崎海岸の最東のポイントで頑張る皆様の中には、10代から青春わ楽しんだ後輩達が、今や長老として頑張っています。

一年間お疲れ様でした・・・そして楽しい集いをありがとうございました。

〆後、他忘年会にて慰労のご挨拶を申し上げ帰宅。



2日は茅ヶ崎青年会議所50周年記念式典にOB来賓として出席。

市内、消防団・体育協会・観光協会・青少年関連団体・交通安全協会・各商店会・各ボランティア・各企業に多くの人材を50年に亘り供給し続けるJCはまちづくりに重要な団体であります。

歴史と伝統を継承しつつ、常に時代を的確に捉え活動を続ける青年会議所の現役とOB諸氏に、心より敬意を表する同時に、更なる進化をご期待申し上げます。

 11月29日までのお仕事

シーズン途中で議会のシステムが変更された為、会期は増えるし、行政側も新体制になったので、若干の混乱があるこの頃であります。

個人的な見解では、来季に申し送りをして、試行として新しい議会スタート時に実施して不都合を修正するが王道と思っていますが、多数決の結果でありますから、議会の意思には従うのでありますが・・・。



28日は季節と気温がチグハグな1日でありました。




29日から12月議会が開催されました。

佐藤市長の所信表明からのスタートとなった。

中核市移行については、当初よりトーンダウンして、人的・財政的に見て早急な移行から、体制を整えた上で進めたいと修正された。

学校給食については、小学校自校式調理場を利用しての親子方式も視野に入れて検討して行くと、『検討』が示され一歩前進。

親子式でも調理場の狭さや中学校へのエレベーターなどの施設改修等の課題がある訳で、来年度以降にどの様に財源を捻出するは示されなかった。

第4次実施計画の見直しによる事業のクスラップ&ビルトや先延ばしなど、現在進めている案件については、来年度予算を骨格とする事で対応した。

組織改正については、兼ねてより提言していた柔軟性のある総合計画に準じたガチガチな組織構築は行わない旨の方向が示された。

経済関係では、『道の駅』の延期の間に、更により効果的な施設について検討するとの方向が示されたが、全体を考えた活性化については触れなかった。

保健所については、拡充が示された。

広域行政については、消防等の取り組みが行われている為、現状踏襲。

市立病院については、2年続けて純損出10億の状況を改善する旨の決意が表明された。



所信表明後は、議案の上程・各常任委員会打ち合わせ等のセレモニーとなり15時過ぎに閉会され、後は打ち合わせなどが続きました。

 11月26日のお仕事

外国人の雇用拡大に関して国会が揉めています。

マスコミが、参議院選挙の人気取りなどの指摘をしていたが、この御仁は余りに現状を知らない様に思えた。

確かに無制限の緩和など、国内雇用の圧迫となる危険性がある事・雇用者に対する適正な雇用条件の確保などの問題が存在しているのでありますが・・・

製造業・サービス業を含めて中小企業の雇用は非常に厳しく、高齢者の再雇用などで何とか維持しているが、将来を考えると企業の存続さえ怪しくなっているのが現実だ。

サービス業など労働力不足の為、正規社員の時間外が慢性的増加していて、『働き方の改革』なんて言うのは、ほんの一握り上場企業か職種が限定されている。

また、仕事はあっても、人的問題で受注出来ないケースも多く存在している。

オリンピック後の景気を考えると、ある程度慎重にと言う意見は妥当であると思いますが、人口減少も考慮すると、当然の流れだと思うのでありますが・・

これ等には、更に大きな問題がある事を指摘したい。

与野党・マスコミともアジアの人材に対して偏見があると言うことだ。

確かに、某大国などは、我々の常識と違う為、トラブルも多いのだが、各国のエリートが日本で活躍出来る環境を構築して行かないと、能力の低い人材しか集まらない訳であります。

企業が人材育成を行い。能力によって日本企業で管理職まで昇進出来るような形に持ってゆく必要があると思うこの頃であります。



 11月25日までのお仕事

そろそろ年末も近づき各団体の納会が始まり連投中のこの頃であります。

温暖化の影響でしょうか?1日の気温差が激しく、体調不良の方が多くこれから本番となるので心配でです。

保健所が茅ケ崎の運営となってから、国内の流行病情報などは迅速に発信される様になりました。今回は水痘流行の注意が報告されています。

以下の通り!

茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)では、11月8日に水痘流行注意報を発令していま したが、感染症発生動向調査(管内7小児科定点医療機関)による平成30年第46週(11月 12日から11月18日まで)の発生状況が、定点あたり患者数が2.29人となり、警報発令 基準値(定点あたり2.0人)を超えましたので、水痘流行警報(※)を発令します。

※流行警報とは、地域で大きな流行が発生または継続しつつある状態が疑われることで、地域の 方に注意を促すものです。一週間の定点あたりの報告者数2.0人に達した場合に警報を発令 し、1.0人を下回るまで継続します。 ※なお、水痘の報告数は平成27年以降大きく減少しているため、平成30年第36週から流行 警報および注意報の基準値が引き下げられています。


1. 主な症状 感染から2週間程度で38℃程度の発熱、かゆみのある全身性の発疹が出現し速やかに水疱 化する、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。多くは水疱が痂皮化(かひか)して(か さぶたになって)治癒しますが、まれに肺炎、脳炎等を合併し重症化することがあります。小 児(2歳〜8歳)の感染が多いですが、成人ではより重症化することが知られ、特に妊婦の重 症化、胎児への影響が問題となります。

2. 感染経路 飛沫(ひまつ)感染、空気感染、接触感染(水疱)

3. 予防方法 平成26年10月から水痘ワクチンは定期接種となっており、2回の接種(1歳〜3歳未満) により発症が防げると考えられています。ワクチン以外の予防法はありません。接触者には、 3日以内のワクチン接種も有効です。 発疹出現1〜2日前から全ての発疹がかさぶたになるまで、咳やくしゃみの際の飛沫や空気 中に残ったウイルス、水疱から出たウイルスに感染力があるため、学校保健安全法では、全て の発疹が痂皮化するまで出席停止と定められています。


保健所のスペックは警察と同じで、基礎自治体の運営となっても、基本的スペックは全国同じであります。

茅ケ崎市独自のキッチンカー等は考えられない訳で、国の方針として、許可の範囲を当該保健所管内から複数保健所管内に拡大して、他の場所への審査を省略する緩和政策は検討されているし、その様に改定される事は決定している。

また、子育て政策において、きめ細やかな対応が期待出来る中、施設の老朽化がよけい目立つだけに、これの対応が課題であろうと考えている。

22日は、終日市内で昼間は陳情処理・企業訪問・打ち合わせ、夕方から忘年会・後輩との集い。

23日の連休初日は、久々に友人からの連絡多数となり、朝からタイトなスケジュールとなったが、天候も良くご機嫌でありました。


夕方から茅ケ崎水泳協会の納会に出席した。

久々にコーチも皆様や幹部の方々と、萩園プールの運営などについて、色々と意見交換わ行ったが、過去からの経緯を棚上げにして、指定管理者の都合を優先する解釈をする担当課の姿勢は頂けない事で、答弁内容と逸脱しているのではと違和感を感じたので担当課にヒアリングする事にしている。

24日も友人からのお誘いや市民相談など、夕方から茅ケ崎サーフィン協会納会、後、先輩に合流・後後輩と合流で久々に御前様モード。



25日は完全オフで、レストタイムを満喫いたしました。




 11月21日のお仕事



10時から議長主催である議員懇談会が開催され、佐藤市長は議会側からの依頼により出席し岡崎議員は議員としての就任顔見世が行われました。

佐藤市長から市勢発展に努力して行きたい・岡崎議員からは5か月間議員としての職責をキッチリ行いたいとのご挨拶の後、各議員の自己紹介を行って閉会となった。

終了後、代表者会議が行われ岡崎議員が僕たちの会派に所属する事が決定し、様々な取り決め事項について確認や報告がなされた。

28名中9名の最大会派となり、会派控室は潜水艦艦内の様に狭くなりましたが、パーテーションの変更等は経費が掛かる為無しと判断しました。

備品等については、空いている部屋に移動させて頂きたい旨を各会派にお願いした。

岡崎議員については、22日から各課順番にヒアリングが行われるが、この際、良い意見交換をおこなって欲しいと思っています。

通常の議員研修だと議員の心得から始まり、地方自治にの基本・各課の業務内容の説明などが行われますが、殆どは経験上理解が薄くて状況の把握は出来ません。そして本会議はチンプンカンプンの状態で臨む訳です・・

しかし、元議員ですから3年間のブランクが合っても、人脈や知識や前期に叩き込んだ政策形成については、所謂ど素人と比較して格段に優れているので、選挙中の即戦力については、誇大宣伝無しであります。



午後13時から広報公聴委員会に出席して、広報運営に対して様々な意見を申し上げた。

色々と進化させる事は大いに賛成でありますが、本質を捉えずに上っ面だけで判断するのは如何なものか?との会派意見を付して同意した案件もありました。

15時から陳情処理・打ち合わせ、夕方から先輩お供などが続き23時帰宅。


 

 

 137 136 135 134 133 132 131 130 129 128 127 126 125 124 123 122 121 120 119 118 117 116 115 114 113 112 111 110 109 108 107 106 105 104 103 102 101 100 99 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80 79 78 77 76 75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14  13 12 11 10         
いつもありがとうございます!
あなたは累計
人目の訪問者です。






ス ケ ジュ ー ル
・・・・平成30年12月の予定・・・・

1日・バーバリアンズ忘年会・汐小前忘年会・他忘年会
2日・市民相談・茅ヶ崎JC創立50周年式典・義理事
3日・環境厚生常任委員会
4日・教育経済常任委員会・先輩忘年会
5日・都市建設常任委員会
6日・全体写真撮影・総務常任委員会
7日・議運・企業忘年会
8日・CLB忘年会

10日・広報広聴委員会
11日・消防セレモニー
12日・先輩同行・市外
13日・市役所打ち合わせ
14日・本会議・団体忘年会
15日・オフ
16日・本会議
17日・本会議
18日・本会議・先輩忘年会
19日・本会議
20日・本会議


プロフィール

現在の議会内役職

●自由民主党茅ヶ崎市議団顧問
●総務常任委員会委員
●広報広聴委員会委員




●昭和35年8月16日、柾木一策 前茅ヶ崎市長の長男として茅ヶ崎に生まれる。
●恵泉第2幼稚園卒。
●茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校卒。
●茅ヶ崎市立第一中学校卒。
●県立鶴嶺高等学校卒。
●日本大学経済学部産業経営学科卒。
●日本大学通信教育部勤務。
●伊藤忠系列製造メーカー営業職を経て、平成7年度茅ヶ崎市議会議員初当選。
●平成11年茅ヶ崎市議会議員2期目当選。
●平成15年茅ヶ崎市議会議員3期目当選。
●平成19年茅ヶ崎市議会議員4期目当選
●他に総務常任委員長・予算決算委員長な どを歴任
●平成22年茅ヶ崎市議会議員5期目当選
●第30代茅ヶ崎市議会議長就任
●神奈川県市議会議長会会長

●関東市議会議長会理事
●全国議長会評議員
●平成27年茅ヶ崎市議会議員6期目当選
●新湘風クラブ代表
●ホノルル市交流検討会

その他、予算特別委員長・決算特別委員長・各常任委員会委員長・100条委員等を歴任

役 職

●自由民主党茅ヶ崎連合支部・副支部長
●茅ヶ崎水泳協会会長
●茅ヶ崎サーフィン協会顧問
●茅ヶ崎スケートボード愛好会顧問
●茅ヶ崎アウトリガー愛好会顧問
●笑涯学芸会会長
●茅ヶ崎市立第一中学校同窓会監査
●県立鶴嶺高等学校同窓会副会長
●日本大学湘南桜門会顧問
●日本サーフアカデミー高等部講師
●小浜ダンスプラザ顧問

私達は柾木太郎さんを応援しています。
 神奈川県会議員  佐藤 光
 前高松市長  増田 昌三
 千葉県一宮町長  玉川 孫一郎
 全学生ヨット連盟会長  杉山嘉尚教授
 プロサーファー  藤澤 譲二
 ミュージシャン  テミヤン
 プロデューサー  宇治田みのる
 プロサーファー  勝又 正彦
 プロサーファー  牧野 拓滋
 茅ヶ崎歯科医師会
 さがみ農業協同組合  
 神奈川県行政書士連盟  
 宅建協会湘南支部
 丸大魚市場
 日本大学神奈川校友会
 茅ヶ崎管工事業協同組合
 茅ヶ崎市漁業協同組合
 茅ヶ崎市日本舞踊連合  
 一中通り商店会  
 
関 連 リ ン ク

自由民主党第15区衆議院議員
河野 太郎

自由民主党全国比例区参議院議員
佐藤ゆかり


自由民主党神奈川参議院議員
小泉あきお


神奈川県会議員 
佐藤 光

寒川町・自由民主党県議会議員候補
山本 哲

愛知県豊田市議会議員
木本 文也

茅ケ崎市役所茅ヶ崎市役所

ちがさきサーフィン協会瓦版

宇治田みのる

日本大学

日本大学ヨット部

テミヤン

一宮町

牧野拓滋