放射能に関する茅ヶ崎市の方針

茅ヶ崎市では、「当面の福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への対応方針」(平成23年10月21日内閣府発表)を受け、公的スペースの中でも学校等を優先して市内の放射線量の調査を進め、市民のみなさんに安心してもらえるように取り組んでまいります。


市が行う空間放射線量測定調査

対象施設
市管理施設敷地内
※ 学校、保育園、地域集会施設、公民館、公園、道路(側溝)など、子どもの集まる場所を優先
測定場所
国のガイドラインを基に高い線量が予測されるポイントを中心に測定

ア 雨水の集まるところ
イ 植物及びその根元
ウ 雨水・泥、土がたまりやすいところ
エ 微粒子が付着しやすい構造物
調査時期
放射線測定器が納入され次第実施
(当面は概ね6か月毎に測定)
測定結果茅ヶ崎市公式ホームページなどで公表
 
放射線量の高い箇所の判定基準

地表から1mの高さの空間線量毎時1.05マイクロシーベルト
※国の対応方針に基づき、市内の平均的な空間線量(毎時0.05マイクロシーベルト)に毎時1マイクロシーベルトを加えた値


判定基準を超えた場合の対応

  1. 国の対応方針に従い、国へ報告を行います。
  2. 国の対応方針に従い、簡易な除染(側溝の泥の除去、落ち葉の回収、樹木の剪定、水による洗浄、ブラッシングなど)を行います。民有地は、その所有者に除染の実施を求めます。
  3. 除染の際は国と緊密に連携し、国に必要な支援を求めて対応します。

放射線測定器の貸与

市民に空間放射線量を測定する簡易測定器を貸出します。放射線量の高い箇所の通報を受けた場合は、市が再測定を行います。

推進体制

(仮称)放射線関係対策会議(会長茅ヶ崎市長服部信明)を設置します。