☆平成28年2月過去ログ☆

 2月29日のお仕事

うるう年で1日得した日。



午前中から議会対策の為、各部と打ち合わせをシコシコ行いました。
お役人さんも多忙そのもので、昼飯も返上で対応とな、売店弁当は売り切れでベストセラーオンリーのランチとなりました。


意思決定に感情や自身の都合を入れるのは邪道であります。

後で理由が無いと苦労します。議会内だけの理屈は思考停止の元であります。

夜は原稿微調整。


良く良く考えると、質問原稿は議員本人がシコシコ作成しますが、お役所側は各部分業で答弁書を作成する訳で1対100名以上となる・・・・代表して市長が答弁となるから一般質問や代表質疑は市長の考え方やポリシーなどを聞かないとねー。

2月28日までのお仕事

24日は、代表質疑の原稿執筆が中心・昼間は情報収集とヒアリング・夜から原稿執筆となりました。



僕はタイプ的には夜型なので暇があっても昼間の作文は出来ません。
トホホでありますが・・・・

質疑の趣旨や組み立てを行政側に伝えないと、議論はチグハグだし何が何だか分からなくなり、その後の予算委員会までコケます。

更に前日とかになると、行政側が徹夜となったり時間外と疲労が溜まる訳で・・・・そんな議員に時間外を抑制しろと言われても『あんたのせいだよ』と職員はおもうのであります。

25日は9時30分から緊急代表者会議が招集されました。新しい議場での議会運営には、急な規則変更などついて回るものです。
方針を前日に確認して明日の開会前に議運に諮る訳で・・・・

終了後、打ち合わせ・27年度補正予算の確認。



26日は9時20分に議運・10時から本会議初日となり、午前中は27年度補正議案の審査。

午後から施政方針演説が行われました。

今年の施政方針は、サラッとした淡泊な内容で、28年度予算の説明とセイゴウしてなかったり、各部の連携がなかったりと多忙感溢れる内容で庁内での意思統一は如何なの?と言う感じでした。

終了後、議案の上程・延会・各委員会打ち合わせ・予算特別委員会打ち合わせ・ホノルル市議会交流検討会・事務局打ち合わせで17時過ぎに退庁となった。



27日は梅も喜ぶ春らしい陽気となるも、ガソリン切れ全開で休養日。



28日は、午前中市民相談・午後から本年度使用のコンテスト用ギァを師匠様がわざわざハワイから送って下さりその受領。誠にありがとうございました。
帰宅して使用出来るようにチューンして昨年のメインボードをメンテに出した。



初乗りはネコにやられた・・・・当分は議会があるので収納してモードチェンジ。20時から2時まで原稿執筆して明日の最終調整準備完了。


2月23日から2月24日までのお仕事



23日は9時45分に消防幹部が会派にお越しになられました。

茅ヶ崎市消防署員2名がザンビア共和国へ消防技術指導に派遣されます。
今まで茅ヶ崎市は廃車消防車両(ポンプ車・救急車)を日本外交協会を通じて発展途上国に寄贈して来ました。そのうち4台がザンピアで運用されています。

『消防車両取扱いと消防技術の指導をお願いします』と財団から要請があり、岡林・小澤両名の消防司令補が、茅ヶ崎消防初の海外派遣指導員として28日からザンビアに出発いたします。



外交的にも国策的にもザンビアにとっても素晴らしい事であります。
心から敬意を表すると同時に両名の大活躍と無事帰還を心からお祈りいたします。

午後から会派会議を開催して代表質疑・各諮問機関の動向及び会派の意思確認等を行う。



来客対応多数・代表質疑調整ヒアリングが17時ま続きヘロヘロで帰宅。



24日も各部とのヒアリングを夕方までガチッと行いました。



 2月22日のお仕事

午前中はお役所から配布された膨大な資料とにらめっこ。

午後にお役所入りして教育長と意見交換。



15時にスタートして都内へ打ち合わせ・・・夕方から雨となり、右側ライト球切れして、ついでに空腹となり海老名で夕食。

圏央道が開通してから都内まで早い事驚きであります。



処で23日はネコの日だそうです。

庭や家の周りを半野生化してチョロチョロしていて浮世離れしていますが、近所の御高齢の方々に毎朝顔見世しているそうです。

案外社交性がある様で『1年かかって触れるようになった。』とか『玄関まで挨拶に来るようになった』『家のワンチャンをからかいに来る』とか可愛がって頂いている様です。

寝る前に御褒美にまたたびをプレゼントしました。

 2月21日までのお仕事

土曜日は車検完了の愛車受領など私事を午前中に・・・



夕方から後輩の壮行会に参加。外は豪雨だったが中は熱いトークを炸裂しておりました。



日曜日は茅ヶ崎水泳協会・室内水泳大会と昨年夏に会場アクシデントで延期した茅ヶ崎市総合体育大会水泳の部を合わせて開催させて頂きました。



ちびっ子からマスターの選手まで幅広いスイマーの皆様のご参加を賜りました事を深くお礼申しあげます。

市内のアスリートでは、シンクロナショナルチーム入りしている小俣選手が最後の2枠まで残っていて、リオオリンピピック代表が最終決定するのが3月と言う事・・・・・是非、代表になって頂き、皆で応援したいものです。


開会式終了後、打ち合わせ1件後、午後から2時間トレーニング。

夕方から諸施策に関係者に報告して帰宅。

 2月19日のお仕事



9時から3月定例会の議会運営委員会が開催され出席。委員長もたついて1時間を超過してしまう。

次第書くらい前日に確認して下さい。

10時10分から全員協議会が開催されました。報告事項に組織改正があったが内状の苦しさを反映した内容でありました。

機能しないと思ったら即改正は良い事であります。

11時すぎから予算特別委員会打ち合わせ。



11時30分から市民自治推進課による事業報告・45分から教育委員会による補正予算の説明が行われました。



シーリングが課せられている中で、27年度の国の補助金を頂き、繰越して28年度に執行する訳でギリギリまで良く粘ったので評価していす。

13時30分から横浜弁護士会との意見交換が15時30分まで行われました。

16時から事務局打ち合わせ・・・最近、調査を含めて事務局を飛び越してしまうケースが多々見受けられ対外的にも御迷惑をおかけする事例があったりする。

議会には調査担当があり、他市議会事務局ともネットワークがある訳で、事務局が知らないで突然他市から連絡があったりすると面目丸潰れであります。
18時から後輩と会食・・・・色々な案件について意見交換・・・場所を変えて2次会・・・・テクテク歩いていると他の後輩と遭遇して、軽く談笑モードで今期初のお店にイン。0時帰宅でゲームセットとなりました。

 2月18日のお仕事

8時からアポ取りや連絡など9時にお役所。

10時に後輩がピックして下さり、横浜パシフィコへ・・・・
横乗り系の総合展示会・インタースタイルに久々にお邪魔いたしました。



神奈川県のシープロジェクトや道の駅・姉妹都市などなどビーチカルチャーと係り合いのある案件が多いので内外のトレンドや流れを知るには良い機会であります。

また、茅ヶ崎市内にはサーフィン・スノー・アパレルの事業所が30社前後あり、インタースタイルでは多くの茅ヶ崎人が大活躍しておられますので、各事業所の今年の商売繁盛と業界の発展をお祈りしつつ表敬訪問させて頂きました。

入場初めから茅ヶ崎の諸先輩や後輩の皆様が忙しそう商談を行っておられる光景が目に飛び込んで来ました。



また、茅ヶ崎市のシティーセールスにご協力賜わったサップ関係や日本プロサーフィン連盟等のブースにお邪魔して昨年のお礼と引き続きのご協力をお願いさせて頂いた次第であります。


これらの連盟も茅ヶ崎人が大活躍されています。




サップの協会には藤沢プロ以下役員の皆様。



JPSAには牛超会長と茅ヶ崎人の久米事務局長が



久々にお会いした古くからサーフ友達・・皆様トッププロとして活躍中でありますが10代後半から20代の頃を懐かしく思いだされ嬉しくなりました。

アバレルの何となく動向に変化がある様にに思いました。サップもブースが増加していてターゲットが海だけでは無くなり、エクササイズとかフイッシングクルージングと言った手軽かつヘルス部分が強調されていました。


サーフィンについては、対象年齢の拡大に伴い40代以降の愛好者が年齢に応じて楽しめるギアーや素材の進化が目につきました。



13時過ぎに会場を後にして折角の横浜ですから、中華街の牡丹園でランチを画策しましたが、14時には準備中でOUT・・・・直ぐ対面の紅梅の名物焼きそばに変更して横浜を味わいました。


 
2月17日のお仕事



寒い日が続きます。議会棟から見る雲も日本海側的色合いで富士山吹雪と言った感じ。

本日もお役所入りで、コツコツとヒアリングや打ち合わせを続けました。

各部の抱えている悩みや将来的な展望やシーリングの選択理由など確認中。



また、議事日程の堪忍やら会派間調整・議長意見交換等を積極的に行っています。

人件費・業務量・組織改正・教育委員会・文化関係・市民経済部関連・諸計画の見通しなど確認事項多し・・・・

 2月16日のお仕事




9時30分から代表者会議に出席いたしました。3月議会の新議場使用等を急ぎ考えています。



10時から今年も、市民の方から救急車の寄贈があり、仲介者としてお披露目式に参加。

高齢化や高速道路網の進化・レジャー・スポーツなどにより出動が増加しており、新たに部隊編成も視野に入れているだけにとてもありがたい事です。

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。



10時45分からアメリカ太平洋軍司令官、ハリーハリス大将が茅ヶ崎市を表敬訪問されました。

ハスリ司令官は僕が大学生の頃、厚木基地の少佐として近所にお住まいでした。

実費で有志議員団でホノルル市に外交に出かけた時も、当時鉄砲道にあったジェラスやえぼしのお話となり、住んでおられた家や大家さんの写真まで見せて下さいました。

大家である方は僕の母親の知り合いだったりしたので、帰国後御自宅にお邪魔して司令官のメッセージをお伝えさせて頂いたと色々とやっていた訳で。

ハリス軍司令官にとって茅ヶ崎は若き日の大事な思い出の地で、ホノルル市との姉妹都市締結にご尽力を賜った経緯があります。



日夜米軍は
緊張感漂う極東アジアの安全保障の為・日本との条約の履行等に多大なるご尽力を賜っています。

今回も安倍総理・岸田・中谷大臣と安全保障に関する話し合いの為に来日されたそうで、17日の会議前にプラベートで茅ヶ崎にお越しになられたのであります。

心から敬意と感謝を申し上げます。

11時30分から各会議の結果報告等を目的とした会派会議を開催して意思確認を行う。

13時10分から各課報告説明の日程調整・事務局打ち合わせ・ヒアリングが続きました。



17時から一中通りの防犯灯増設の為、安全対策課課長以下と現地確認打ち合わせを行いました。

商店会解散により民地に設置された商店会設置の街路灯が撤去されました。民地に設置された民間所有物の公有財産化はとても難しいので、道路灯・防犯灯で照度低下を抑えるとしましたが、予想以上に暗くなったので追加設置で話が纏まりました。

しかし、年度内予算が無くなり、28年度予算にて対応する結果となった訳で・・・・最終段階で少し27年度分が残る可能性もあり、特に暗くなったクリエイトから鈴木サイクルまでの間に早期増設される可能性も出てきました。

現地確認を行い、左右交互に設置した方が効果的・NTTの電柱は申請後2カ月係るが東電は3日で許可がおりる事・危険な交差点・特に暗い場所など確りチエックいたしました。

もう暫くお待ちください。



18時からラスカサロンで茅ヶ崎市役所日本大学桜友会に出席いたしました。今年は2名の先輩が退任されます。

こども育成部長と文化生涯学習部長の要職にあられた先輩であり、親子2代のお付き合いとなる経験と実績のある部長の退任は何だかとても寂しくセンチな気分となりました。

3月定例会もありますので、最後にガチッと決めて下さい。
今までありがとうございました。


 2月15日のお仕事

また、真冬に戻りました。



午後から市民相談・事務処理・打ち合わせをお役所で・・・・

様々な決まりごとにはグレーゾーンがあり、ケースによって白・黒を現場が判断するケースがあります。

がんじがらめでガチガチの条例や要綱を定めると、拡張子が無くなります。どの様に解釈して運用するかが、お役人の腕の見せ所となる訳で・・・・

補助金や交付金の申請も同様だったりする。だから、諸案件についての根拠や解釈の説明を聞くのは案外楽しいものです。

夕方からみぞれ交じりとなった・・・市内2か所に寄って打ち合わせして帰宅。



寒いので夜はネコとテレビ観戦・・・・我が家のネコはネコ系番組だけは寝ないで一緒に見ます。


 2月14日のお仕事



春から一日限りの夏になりました。実にご機嫌であります。

12時過ぎから諸先輩訪問させて頂き、方針説明とご意見を賜りました。

13時過ぎから環境問題等をテーマとする団体幹部と意見交換をさせて頂きました。

薄い理屈や状況分析が甘い・他の理由の為に使われる・地域の事情の把握を行った上で、問題提起するのはOKだが、変に感情的だったり独善的なのはOUTであります。

色々な団体や集まりから様々なお話を頂くのでありますが、自分の意見以外は全部敵的で調査が薄かったり都合の良い事例をガンガン御説明頂き、同調しないとコノヤローが一番参ります。

17時・20時と来客対応で終わりました。

 2月13日のお仕事



いきなり春になった。玄関先の梅もワクワクしている様子。

陽気に誘われたのは植物だけで無く、僕もそうで久々にホームでトレーニングをサクッとさせて頂いた。

僕の世代が結構ウロウロしていてご機嫌でした。



庭も春でサーフボード好きのネコもノーズを決めたりとホンワカであります。

15時から市政方針のチエックを行いアンダーライン・・・予算書が無いと何とも言えないのですが各項目における考え方や大まかなポイントは理解いたしました。

大型事業が一段落した訳だが、更に保健所政令都市移行による人員増・西浜駐車場跡地・道の駅・扶助費の高騰・広報戦略の充実・文化会館改修・福祉会館・青少年会館の複合建設など事業がタイトに詰まっている中で8%のシーリングが数年続く訳で・・・・事業縮小対象も真剣に考える必要があるかもしれない・・・

 2月12日のお仕事

僕は議会制度検討会の座長を務めていますが、この基本を理解してくれないと論議になりません。

【議員必携(全国町村議会議長会編)】(抜粋)
〔質問の要領〕

(前略)中には、質問内容が単なる事務的な見解をただすに過ぎないもの、制度の内容の説明を求めるもの、議案審議の段階でただせるもの、あるいは特定の地区の道路改修などを要望するためのものなど、一般質問としては適当でないものも見受けられる。

一般質問は、大所高所からの政策を建設的立場で論議すべきであること、また、能率的会議運営が必要なことを十分理解して簡明でしかも内容のある次元の高い質問を展開したいものである。(中略)

また、「質問」であるからあくまで質問に徹すべきで、要望やお願いやお礼の言葉を述べることは厳に慎むべきものである。

(注)一般質問でよく使われがちな言葉に次のようなものがあるが、きわめて不適切な表現であるから、十分注意して、のぞむべきである。

○お分かりでありましたら教えていただきたい。
○説明をお願いします。
○今一度御答弁の程よろしくお願いしたい。
○町長さん、教育委員長さん
○よく分かりました。ありがとうございました。
○前向きの御答弁をいただき、心からお礼申し上げます。
○●●の点について特に努力されるようお願いします。


【議会運営の実際15(地方議会研究会編)】(抜粋)

○ 質問は当該団体の事務についての疑問点と意見を述べ、これに対し執行機関が現状と対応策を回答するものです。このため議員が言い放しの一方通行の質問はありません。
質問と答弁が相互交流することにより疑問と意見と対策が一対(ペア)になります。


○ ところが議員によっては、いくつかの質問を述べたあと自己の要望を執行機関に述べる人がいます。(中略)この要望は質問ではありませんので、議長は議事整理権に基づき制止する必要がありますが、多くの場合、そのまま見逃してしまいます。

多少の要望を認めている慣行、先例がありますと、議長は制止できないのでしょう。

また、質問議員にすると当然のこととして要望を述べています。

○ この要望発言は、答弁を聞いたあとの再質問で述べる例が多いです。(中略)再質問で要望を述べることは、議員が執行機関の答弁に不満足なので、自己の意見を速やかに実現してほしいとお願いし、執行機関の決意のほどを求めないことを意味します。


答弁を求めてこそ再質問になるのですから、再質問の範囲を越えているといえます。

○ 議会は執行機関に対する要望団体ではありません。
住民から選ばれた議員が住民のニーズを本会議の場で反映し、執行機関に公式の所信や対策を求めるところです。
住民のために政策論争をして知恵を出し合い、より良い施策、経費の効率的使用を図ることを目的とします。

これに対し、要望は一方的な行為であり、議会本来の役目ではありませ
ん。(後略)

○ 質問では疑問点と意見を述べるのですから、

@議員は質問で要望を述べることができないこと、

A要望発言が多くなったときは議運でこの種の発言をしないことを決定すること、

B仮に要望発言が出たときは、議長が制止すること、

C制止できなかったとき、議長は意見とみなして執行機関の答弁を求めること、等とすべきです。


2月11日までのお仕事

10日は、午前は告別式参列・ご冥福をお祈りして帰宅・そして登庁。



16時から各派体表者会議に出席して3月議会運営等について意見交換を行いました。



委員会の配信や新しい委員会室のレイアウトやマッチングした議会規則などを早急に決定する必要がある訳で・・・・



17時30分から寒川町議会との2回目の懇親会を先方で行いました。

このイベントは僕が議長の時代に段取りを行った訳で、2市1町の法定協議会に各議会は迎合する事は自治法でOUTでありますが、お互いの顔を知った方が良いと言う事で決定いたしました。

藤沢市とは毎年、交流を行っている事・2市1町の議長会を立ち上げた事による派生であります。

寒川から帰還後、反省会を有志で行っていたらお役人衆と偶然出会い合流して本音トークとなり帰宅。



途中、飯食べて飲みなさい的な洒落たイタズラ発見。



11日は来客・打ち合わせの後、服部市長の新年会にお招き頂き会派全員でお邪魔いたしました。

28年は財政状況は厳しいのですが、様々な意味において茅ヶ崎市が大きく変化する基礎的な年回りとなります。

2元代表制の意思決定機関として、冷静で公平なジャッジを行い、市長がブレ無い様に良い事は応援し、ダメな事は是正・反対の態度をきっちりと行う事で市民の付託に責任を持ってあたります。



式典終了後、高砂緑地で行われている『梅まつり』にお邪魔して所属自治会長にご挨拶。その後市内2件に所用でお邪魔して帰宅。

夕飯後に年末多忙で入浴させてあげれなかったネコと入浴・・・・・



ネコは風呂嫌いと言われておりますが、我が家のネコは湯ぶねに浸かります。気持良さそうな顔をしますし、シャンプーもジーッとしてます。

しかし、ドライアーは苦手な様で写真の様にマジ顔しています。

たぶんこの後、ベタッと張りつかれて窮屈な睡眠となると拝察されます。



 2月9日のお仕事

午前中は都内からお越しの来客対応。有意義なお話をさせて頂きました。



午後から諸連絡等・・・・ドンドンとスケジュールが埋まって行きます。3月まで先行き不安であります。



施政方針や決算事業評価の反映報告・会派要望に対する回答などが次々に報告・配布されています。

3月定例会議は年度予算や運営方針が示される重要な会議でありますから、会派の代表として質疑や予算委員会に出席する訳です。

ガッチリと準備を進めないと2元代表制の意思決定機関の意味がありません。

この時期にフラフラしている輩は本業を行っていないと言われても仕方ありません・・・・今期から委員会も放映さられるので、力量に興味ある方は茅ヶ崎市のHPから議会に入ってライブをご覧になられたら如何でしょう。

※会派に属さない議員や3名の要件に足りない議員さんは予算委員会や代表質疑は出来ません。30分の個人質疑は確保されます。

各担当との意見交換・ロジックやポイントについての告知など、1月の終わりからコツコツと進めています。

夕方から通夜式に参列して思い出深くご冥福をお祈りさせて頂きました。

 2月8日のお仕事

北朝鮮がミサイル発射を行って大騒ぎしていますが、既に日本は射程内である事をどう考えているのか?

今回はアメリカ中枢までを射程に入れた弾道弾ミサイルの実験であります。

国会あたりでは、もしアメリカ本土を狙って発射された時、迎撃に日本が参加するのか?とか何だかややこしい内容の論議となるのでありましょう。

国土防衛は本当に大丈夫なのでありましょうか?

国連でもう少し中国が頑張るかと期待したが、いつも通り擁護してたりと腹が立ちますが・・・・

沖縄ではJアラートの試験が事前に行われていました。



茅ヶ崎市役所は災害等に的確な対応出来る様に新築した訳で、消防の指令部や通信部隊が本庁舎に出来ました。

以前の庁舎では、災害対策本部や作戦室の確保出来なく担当部がごった返していて、情報管理も大変でした。

そもそも耐震強度が無い為、本庁舎から避難して分庁舎に臨時的本部を設置していた訳で・・・・何日もお役所に泊まる職員の仮眠や食事スペースすらありませんでした。



現在、消防の無線機能等は有事に備えて新市役所に集約されました。セキリュティもしっかりしています。

本部となる部屋も確りと確保されていて3.11の大混乱を経験した中で設計されていて、当時の状況を知る僕は感心しきりであります。

新庁舎に反対した議員さん達は、自分の判断ミスを市役所に来る度に反省しないといけない訳で、のど元過ぎれは゛何とかとは許されません。

共産党・松島・永田議員などが急先鋒でした。

お陰で面積ありきで設計した訳で・・・多様化する今日では少し手狭感ある施設となりました。

福嶋県のある自治体が視察にお越しになり、『3.11で崩壊して未だに工事が遅れている為完成していないし、茅ヶ崎市の値段ではとてもじゃ無いが出来ないです。よくこの工事費で出来ましたね』と感心されました。

2月15日から寒川町の緊急通報も茅ヶ崎市で一括管理いたします。

今日も緊急通報多数・・・ダブルで確認対応しています。

 2月7日までのお仕事

3日から会派視察で沖縄方面に!茅ヶ崎駅6時53分にて行程開始。



全国下位から小中の学力を急上昇させた沖縄市に訪問いたしました。

茅ヶ崎市のように、クダクダ理由をつけて言い訳いたしません。

授業でお客様となってしまった児童・生徒は退屈でつまらないハズ・少しでも一員として参加すれば、学校・クラスでの役割やいこごちが良くなる。

同時に生活習慣を整える為、様々な施策を展開したとのコメントは実に印象的でした。

各クラスの平均点と全国のデータを検証して個々のクラスのどの部分が弱いかチエックして補強する。

指導教諭・市内の教諭が授業を検証して指導方法について担任も踏まえて研究する機会を月1回以上のペースで行う。

正答率30%以下の対象についての指導方法についても担任や担当以外の先生が『僕なら出来る』となると指導のヘルプに入る。

全国学力テスト以外に県内学力テストを行う。また、全国の場合は自己採点を行い、指導側のデータとして活用するなど、データ分析や検証がしっかりしています。

沖縄県の方針もシンプルで、各自治体の教育現場がシンプルな内容に独自性を付加させていると感じました。

現場から教育委員会に配属された方でしたが、県・自治体の思いや意向を確り現場に伝えて履行する立場であり、本来の業務を行っていると強く感じました。



視察を終えて那覇市に宿泊となり、食事後少し散歩をしたら夏に一杯やりたくなるグラスを発見・・・荷物になるのでプラベートで出かけて購入したいと思ったり・・・・



4日は朝一は散歩でアメリカ軍と日本政府の共同利用している港を徒歩で見に行きました。



視察中も北朝鮮のミサイル発射を受けてJアラート等、那覇市役所もワサワサした訳で・・・・

南シナ海の最前線である沖縄・・・コーストガードの皆様も写真の後に整備等の作業に取り掛かっておられました。



風景は何だかのんびりしていますが、自衛隊・アメリカ軍もピリピリしているとの事でありました。


この後、レンタカーを僕が運転して沖縄市へお邪魔いたしました。



数年前の国勢調査で出生率NO、1だった沖縄市は『子供のまち』のキャッチが戦略的です。



旧コザ市の基地依存型経済や社会から脱却して、住みやすい子育てしてみたい街のイメージ化を戦略的に発信しています。

こども防災マップ事業と合わせてレクチャーして頂きました。補助金の申請も鋭く、下敷きに避難場所・校区の危ない場所・気をつける場所が絵地図となって判り易く示されています。

自分の地域の絵地図は大人になっても覚えているもので、安全啓発と郷土愛とダブル効果がありそうでした。



沖縄市はスポーツのまちも売りにしていて、素晴らしい県立総合競技場を有しています。



今年も我らが湘南ベルマーレがキャンプ中で、行政側も徹底サポートしているそうで、各プロチームのキャンプの積極誘致にも熱心との事。



ベルマーレに敬意を表して練習前の施設を見学させて頂きました。羨ましい施設!!



視察後、プライベートビーチってどの様な感じ?と疑問だったので閉店前に見学させて頂きました。

海の色と雰囲気とロケーションと閉鎖感ですね。



5日は悪天候となりましたが、
全国NO、8にランクされる糸満市にある『道の駅』を事務局と観光協会幹部の方に説明して頂きました。

自動車専用道路の建設中で、15年に新庁舎建て替え論争時に先行して建て替えを行い、時の市長が落選してしまった時に視察させて頂いた以来です。
市役所は立派に機能していて先見の明あり!

高速道路等の延伸に伴い道の駅を設置するのは茅ヶ崎と同じですが、またまた先行しておられます。

土地は市の所有で各施設は農協・漁協・民間団体の個別管理・広報等の活動費などは各団体の分担金を観光協会にのシステムであります。

ベタな売りと観光客の望む事にはギャップがあり、これを埋める為の新しい戦略を常に考える事は大事だそうです。

農産物はJAで人気ですが、『糸満は海人のまち』と言う事で大漁旗フェアと言う企画を推進中・・・・JA主力で海人に行く発想が凄い。



農産品は地元でも大人気で視察中もお弁当から生鮮品まで地域の皆様で大賑わい・・・・他の部門には観光客・台湾・韓国のお客様と言った感じでしょうか。

障害者就労はNPOで、接客の手間が省けるバイキング焼き肉店とバーベQセットの生産・配達を行っていました。

完全予約制団体様専用で台湾・韓国のバスツアー立ち寄り先となっています。

酒などのサービスは一般の従業員ですが、バイキング食材の補充・生産などは全て障害のある方で繁盛した分、給料も上がるので県内でも高収入との事。

単純作業に強い人や細かな作業が好きな人など適材適所を見つける事が大事だそうです。クレームは今まで無いそうです。



結論は地元が楽しめて地域の核となっている施設だと思いました。この様な道の駅は強いです。



レンターカーを返還して空港に着くも修学旅行季節で8時過ぎまで那覇空港待機であります。

11時過ぎに茅ヶ崎着・・・・・



6日は師匠様の新年会の為、先輩を8時にピックして南房総のホテルへ・・・

恒例の新年会と後輩のお祝いごととなり、師匠様を初め皆様ご機嫌でありました。



7日は南房総から帰還して、昼前に市内で感慨深い訪問をさせて頂きました。

午後13時から圏央道の利便性確認の為、高尾山・八王子と実験走行と様子見に出かけました。



1時間もかからないで高尾山!!八王子もアツと言う間・・・途中海老名しかSAも無い訳で。

走り易い・時間大短縮で最高ですが、料金が高い。看板は茅ヶ崎方面とバッチリですから海についたら湘南茅ヶ崎道の駅で一休みと言った感じとなれば、色々な意味でチャンスありです。



素通りも何ですから御当地ラーメンである八王子ラーメン食しました。今度は名店を教わってから出かけます。




ストレス無く夕方に茅ヶ崎と到着・・・・久しぶり自宅でのんびりしました。
3日から遊んであげれなかったネコはベタベタでベットの確保も大変でした。



 2月2日のお仕事



8時30分から28年度の会派予算要望に対する回答が市長以下幹部からから行われました。



回答内容についての精査は代表質疑・予算委員会で行います。

また、適正な執行については監査委員である岩田議員が議会を代表して行っています。

代表質疑は柾木議員・予算委員には柾木・広瀬・水本議員が決定しています。



10時から仮称・柳島スポーツ公園整備事業・安全祈願祭に出席いたしました。



茅ヶ崎市内の民間事業所連合体に設計監理運営をお任せします。



テニスの杉山愛選手にも身体が喜ぶレストラン等でお手伝い頂きます。
完成平成30年3月を予定しています。

この後、市内2か所を訪問した後、教育委員会関係の打ち合わせを行いました。

教育については、政治的な部分や信条を除いた中で、自治体の施策展開を現場が理解して、その地域の風土や人を大事にした人材育成を目指す等の要素もあり、市長部局の権限が強化されたハズですが、現場を守るばかりで、教育委員会の部長として行政の考えを現場に理解して頂き、共に明るい未来ある地域を創生するなんて考えは何も無いようであります。

前回『わからない』と発言して謝罪に来たきりで回答も無ければヒアリングも無い訳で、市長部局では考えられない対応であります。

意見交換を依頼したのは教育委員会側であります。此方から頼んだ訳じゃない・・・・

ずっとー繰り返される年中行事の中身は22年間、殆ど変化なし。

今や卒業生の別れの言葉を僕は丸暗記しています。

校長先生のおくる言葉は、その先生も思いがあるので毎年変わりますから新鮮です。

だいたい卒業生が自分の両親に保護者の皆様と言うのだって、誰が指導していのか???此方が良く判りませんだ。

ゆとり教育の時も個性とか言いながら、学校の範疇を超えると情報が無いだの中体連の種目無いからとか、ピアノやバレーやフラで世界的成績を収めても、生徒はリスペクトしていても学校では???だった。

散々指摘するとやっとの事で成果を報告する様になったりとチグハグそのモノだった事を今更ながら思いだした。

10数年前も、利用方法も定めていないのに、文科省に言われて数億円でイントラネットを全校に配置して何に使用している聞いたら、先生間のメールのやり取りだと答弁して、そんな事だけを成果と言うのかと突っ込まれると言い訳た揚句、民間における設備投資のシステムが判らなったので失礼したしましたと言うありさま。


こんな訳の判らない人材を任命したのは何ででありましょうか??改革なんて夢のまた夢・・・・まるで豊臣秀吉の辞世の句であります。

不慣れなら理解不能なら、出来ませんと言って元の部署でも戻られた方が、本人にとっても児童・生徒も幸せだろうと思う。

本日に至っても質問に対する回答や自分の思いや哲学について回答なし。

この際、調査として事務局に依頼するか資料要求を徹底するか対策考慮中です。


その他の報告も一部を除いて信じられない内容ばかりで血圧上がりました。

 2月1日のお仕事

10時過ぎから、生涯学習部長以下の担当から説明・その他の担当と打ち合わせ。



13時から副市長と28年度の諸施策について意見交換を行いました。

大型の事業や様々な施策展開・扶助費等の高騰・人件費の上昇などで予算は厳しく全課を対象とした8%シーリングを行う訳だが・・・・

その他、茅ヶ崎市を取り巻く状況にも適応しなくていいけない難しい年となる。



市役所1階のフロアーで景観まちづくりウィーク茅ヶ崎2開催中!

平成22年の航空写真で白樺周辺のビーチが随分と広くなった事が判ります。

神奈川県の事業は27年度が終わりましたが、引き続き海岸保全の為予算化いたします。

15時にお役所を出て、茅ヶ崎市内5か所を訪問して20時帰宅。