☆平成28年7月過去ログ☆

 7月31日までのお仕事

27日は各種打ち合わせ・ボディメンテなどで終日終わり。



28日は茅ケ崎体育協会主催の子供サーフィン教室にサーフィン協会の一員としてコーチ参加となりました。




海上保安庁の隊員さんに海の安全な遊び方をレクチャーして頂いたりプレイフィールドである海岸清掃を通じて自然へのリスペクトを学んで頂いたりと本番のスクール前に基礎知識を身につけてからとなります。



ネットで一式買って明日からサーファーとはいかない様で、ルールやマナー・潮の流れ・干満・天候を読む事など地元を知っている方から教わる事が早く上達して楽しくスポーツ出来るハズです。

午後から市内3件の案件処理。

土曜日はホノルル市長杯開催予定でしたがコンデション不良の為に中止となりました。



日曜日は7時30分から茅ケ崎市ビーチクリーンキャンペーンに参加しました。
大雨の無いので河川から流されるゴミも無く、奇麗な海岸でしたが、プラ製品等が少しだけ漂着してました。



実に不快だったのは、多分土曜日の夜中にでもやっていたのでしょうか?
2袋だけでしたが、
BBQゴミを持ち帰らずに2袋だけでしたが放置されていました。
放置した方は情けないと思って下さい。



しかし、湘南地方に波が無い日が続いています・・・たまにはホームでサクツとサーフィンしてリセットしたモノであります。


 7月27日のお仕事



昨日に引き続き、子供サーフィンスクールのコーチを10時から13時までさせて頂きました。



休憩タイムにお菓子やスイカと、僕が小学生の時に盛んだった公民館のイベントを思い出したりしてご機嫌でした。



低学年のスクールは波が無い位が安全で楽しい様です。

最後の総評で、海は楽しい場所だが危険な場所でもありますからご家族と一緒に遊びに来て下さい。サーフィンは全方位を自然に囲まれ、地球のエネルギーを利用して行うスポーツなので自然を敬って下さい。
夏休み中、良く寝て良く食べてがっちり宿題と勉強をしながら、良い思い出をいっぱい家族や友達とつくって下さいと〆ました。

午後から市民相談や打ち合わせ数件を処理しました。

処で南口ロータリーの改修は遅れてますが、道路形態を含めて改修いたします。



同じ様な非核平和都市宣言している自治体は駅前にこんな感じでモニュメントがありました。



茅ケ崎市はトタン板に剥げたペンキでロータリーのど真ん中に寂しく鎮座しております。

リニューアルの予定だそうですが、また、ノーセンスのトタンの看板かな?

景観違反だな!!

 7月26日のお仕事



午前中は毎年恒例のフリュイドパワー子供サーフィンスクールのコーチ。

スポーツの普及と啓発・人材育成・自然へのリスペクト・ビーチカルチャー等、様々な要素を含む内容であり、卓越した指導方法は勉強になります。



難しい事はさておき、波も小さく大人では乗れないのでありますが、ちびっ子はスイスイと短時間で乗れるようになります。

笑顔とキラキラした目はたまらない訳で、良いパワーを頂き感謝です。

午後からお役所入りして、雑務処理&9月議会対策を行いました。

相模原の大事件については、施設のセキュリティー・働く職員職場環境やストレス・採用等について要検討となるのでありましょう。

消費税値上げ据え置きにより福祉関係費用増額予定が見送られています。

ヒトラーは進化論を悪用して障害のある方々をガス室に送り込んだり隔離する愚行を行ったが、犯人の手紙の内容が酷似しているのは、とても恐ろしい事だ。

お亡くなりなられた方々に哀悼の意を表すると同時に怪我をされた方々の回復をお祈り申し上げます。



色々と考えながらお役所のフリースペース前を通過していたら新しいモニュメントを発見・・・・ハングルースにサザンCにえほし麻呂時計だ??

国際ソロプチミスト茅ケ崎様からのご寄贈でありました。感謝申し上げます。

 7月25日のお仕事



先の参議院選挙で、全国区から神奈川県の代表として自民党公認で2期目の当選をされた三原じゅん子参議院議員がお越しになられました。

神奈川県の代表として国政の場に県民・国民の思いを届けたいとの思いで、本日、茅ケ崎市議会保守系議員団を表敬訪問したいと申し入れがあり8月1日の初登庁前に茅ケ崎入りとの事。

三原議員の訴える女性参画はかなりリベラルな側面があるので、官邸側が掲げる女性の社会参画を役職の数で成果とする方針では無く<

子育て・就労などの環境整備による多様な生活スタイルを構築を重視して欲しいですね。



処で茅ケ崎市ビーチクリーンキャペーンのお知らせです。

他県から来るお金儲けだけのBBQ業者に茅ケ崎のビーチカルチャーと心意気を見せつけましょう!!


ご参加お待ちしています。

 7月24日までのお仕事

21日は藤沢市議会との交流が予定されておりましたが、先方の都合と天候不純の為、中止となりました。



22日は10時から全員協議会が開催され保健所政令都市等に向けた総合計画の見直し等が議題として、文化会館の改修や消防の多国語対応などが報告事項となりました。

家庭で言えば、各種ローンのピーク時にあたり、家計切りつめの為にどの歳出をカットするかが焦点となる訳でありますが、継続性もあり難しい判断が必要となるのは必至です。

スポーツ公園と道の駅の進み具合についても、車両動線の把握無くしていじれないがスポーツ公園北側歩道はオープン前に何とかする必要があるし・・・

企業が経営するが(市民公園)の経営を委託するのだから本質は事業者が理解して頂かないと市民から苦情が出る事になります。

今回は、市民とのすり合わせを行う為の会議を設置する訳ですから賛成です。



12時前後から議会報告会の報告・各派代表者会議・議会制度検討会と昼飯抜きでタイトに会議が続きました。



午後13時からは副市長・農業水産課・スポーツ健康課・高齢福祉課と打ち合わせや意見交換を行い帰宅。



夜から千葉方面・都内後輩が現れ宿泊されました。



23日は
江戸からお客様より湘南は湖化していてどうしても一緒にSUPをしたいとのダダっ子モードに負けました。



波無し湘南SUPクルーズは気分爽快で駄々っ子様に感謝してます。

湖の様なコンデションでのSUPはクルージング・釣り・エクササイズに有効であり、楽しい雰囲気体幹を鍛える事が出来ます。

夕方からお客様は江の島のビーチハウスのイベントに出かけ僕は資料確認等となった次第であります。

24日はお客様は午前中に市内友人に挨拶まわりとなりお付き合い・弟も合流して懇親後に帰宅されました。



夕方から東海岸北2丁目防災リーダー歓送迎会&暑気払いです。

5時30分から諸先輩方と!!!

2丁目は纏まりがあり年齢構成も偏りが余りないので馬力がある様です。

もっか感震ブレイカー設置にご尽力頂いております。

カテコ゜リーとしては都市防災であります。

 7月20日のお仕事

東京都知事選挙が行われていますが、北朝鮮や中国がワーワー行っている事の報道が少ない様に感じます。

平和ボケもここまで来ると立派であります。

本日は午後から、打ち合わせ等を行い夕方から通夜式・会食。


 7月19日のお仕事



物凄い暑さとなりました。午前中は雑務処理を行い、午後から市内訪問となりました。

神奈川県が出来る範囲で協力しないと、県としての方針や今までの経緯から大きくズレてしまう案件だったりと小ぶりですが、今後の事を考察しても大事な事に気がついたりしました。

16時から体の定期検診や車のメンテ・偶然お会いした方からの提案について内容確認の為店舗訪問などなど



夜は自由行動ネコが余りにムサイ為、シャンプーと言うより入浴。

シャワー好きな様で。ギャーと泣いたり引っかいたり逃げたりはいたしません。


洗われた直後は貧相そのものですが、乾いてくると毛並みも良くなりネコも気持ち良い様です。

 7月13日から7月18日までのお仕事


13日から新湘風クラブの会派視察で2泊3日・陸前高田市・気仙沼市・石巻市の3自治体に『震災後の減災防災政策と復興状況』について視察させて頂きました。

6時30分に茅ケ崎駅集合・東京・新幹線で一ノ関駅下車・JR大船渡線気仙沼経由陸前高田市12時41分に到着した。



JR大船渡線は線路が津波で寸断された為、線路を舗装してその部分にバスを運用するDRT方式となっていて線路や一般道路を利用して交通機関の機能維持しているが、シートや所用時間を含めて過酷な交通機関でありました。


陸前高田市は市役所が使用不能となっただけでは無く、半数近い職員が殉職に近いかたちで犠牲になられました。

古くから防災に備えていたので消防団員・民生委員等の方々を含めると多くの方が住民避難補助等で犠牲となられた。


これら踏まえて10分前には活動停止して避難する事としたそうだ。また、通信施設の整備も充実させている。

元々。市内小中学校の現場との協力は密であり避難所開設など生徒が直ぐに対応していたそうだ。

人の命を大災害に県費とか学校のなわばり意識は無かった。茅ケ崎市の教育委員会に良く聞いてもらいたい。

現時点では防潮堤17メートルへのかさ上げ・低地への平均10メートル以上の盛土・近接する山を削り住居用地に残土を埋め立てに使用して中心地の機能回復に努めている状況であるとの事。

憲法の財産権の保障等もあり一家がお亡くなりなった土地等の整理・被災証明等復興に必要な業務はお役所の崩壊により速度が遅くなった事。

巨額な予算を執行した経験な無い職員と半数近い職員の殉職などで30年までに土盛り等を終える予定であるが、引き続き各自治体からの派遣職員無しでは無理であるとの事でした。



茅ケ崎市からは1年3カ月・9ヶ月目となる2名の職員が新たのまちの縄張りを定める重要な仕事を行っておられました。



防潮堤は無意味で景観が悪いから不必要との議論があるとのことだが、『コンクリートで総ての津波を制する訳では無く、規模の小さいモノはこれで防ぐ・大きなモノは2重構造にして避難時間を稼ぐ為に建設し、避難道路の徹底整備を平行して行っている』との事。




現場を見て住民意向をちゃんと聞けば安易な書き込みなど出来ないと思われます。



この写真は失われてしまった砂浜の養浜計画図です。



14日は気仙沼市にお邪魔いたしました。日本最大の水産都市でありますが、生産工場の壊滅や多くの漁船の流失に、更に風評等で回復には至っていないとの事でありました。



築堤・土盛り・道路建設を行っている最中でありました。


単純にまちをつくるので無く、都市防災の観点・産業復活・景観・都市間競争に耐えうる新しい試みをしなくては行けないのでお国との連携は重要であるが地方自治体業務に精通した人材は自治体間で何とかして下さいとなるそうです。



市長会・議長会を通じての人的派遣や民間委託等で何とか凌いでいるのが現状であるそうです。




視察終了後、気仙沼市からJR気仙沼線BRTで線路が復活している前谷地駅まで2時間半・・・キツイ・・・前谷地駅から電車で石巻市へ



15日は3.11大規模な犠牲が出た石巻市へお邪魔いたしました。

戦国期は葛西氏・末には伊達家の支配地となり県内2位16万の人口を有する自治体でありました。

震災前から合併等により財政的に厳しい状況があり、産業についても観光等へのシフトを懸命に行っていました。



仮面ライダーやサイボーグ009・サブとイチで有名な石ノ森先生の協力で漫画博物館を造ったり、春夏秋冬の食材・・・・※カキの養殖を世界に広めたのは石巻市です。

被災時は、それまで安全とされていた場所が被害を受けた・3.11前の南米での地震時津波警報で被害が殆ど無かった為、避難する人の動きも何処か安心感があった為、被害甚大となった。

学校現場との協力体制は学校独自の閉鎖感があった為、震災前は密では無かった。

現時点では防災担当教諭を各校に配置して防災指導員研修を受けてから地域・自治体と密に協力しているそうだ。

学校だけ別の世界じゃ無い訳だし、人命を考えると県費が給料出ているから●○市の職員じゃ無いとかふざけた発想は無いとの事でした。

3.11の時に茅ケ崎市内の学校で学校側と非難者でもめていた事を思い出した・・・県立高校が県の許可が無いので避難先に使わせ無いとか何処か浮世離れした対応があった事も思いだした。

いづれにせよ、復興は進んでいますが、人口減少期や都市間競争の引き金を早く引いた感があります。

お国はモデル地域として安全・安心等都市防災の最新実験都市・雇用促進・教育・子育てなど最新のテクノロジーを導入すべきであります。

コンクリートと土と金だけでは無く、最新の社会実験等を取り入れた復興後の新しいまちを視野にいれて考えるべきでありましょう。

石巻市を後に帰路につきました・・・横浜で日本大学神奈川県校友会が開催されていましたが、時間内到着不能と疲労困憊でパスとなりました。

16日は諸連絡等のみで休息。



17日は同期会で市外日帰り・・・・途中、道の駅でのイベント拝見・・・『サーキットの狼』と言う僕達世代漫画とのコラボ企画展を拝見しました。

ちびっ子より中年おっさんの目がハートマークの良い企画かと・・・・



18日は浜降祭でした。今年は本部テントにはお邪魔しないで神事をこっそり拝見させて頂きました。


とても暑い日だったので心配であったのですが大丈夫でした。



各神社とも気風があり個性的でありました。警察・行政の皆様も大活躍でつつがなく1日が終わりました。




 7月12日のお仕事



午前中は部長級及び副市長と意見交換等を行いました。

新旧の入れ替えなどがあり議会の質と言った部分で考察すると行政側の対応は慎重になる事は理解いたしますが、何も余計な仕事を増やす必要も無いし、現時点において一般質問を含め質問のあり方について議会制度検討会で議論している訳であります。

目先の楽を追いかけると、後で痛いシッペ返しとなる可能性もあるので、行政側にも配慮して欲しいと思うのでありますが・・・・

他に複数の案件について調整。



午後は14時から市議会懇親の為、野球部練習を行いました。

来週には藤沢市議会との交流親善野球を実費で行いますで準公務的実費対応であります。

1年に1回限りの野球ですが、足が揃ってしまったりと下半身の筋力低下などがハッキリと思い知らさせるので良い機会でもあります。

この様な親善が寒川町や岡崎市で1年ごとも持ちまわりで実費で行われます・・・・しかし暑かったです。

明日から2泊3日で陸前高田市・気仙沼市・石巻市に会派視察で訪問いたします。
視察内容は防災減災対策と復興への取り組みについてであります。

3.11前年、故新倉議員とお盆期間中に釜石市・宮古市方面に津波対策の視察を行って以来・議長として茅ケ崎市が職員派遣した南三陸町・多賀城市をお見舞いに出かけた以来の公務訪問となります。

金曜日以降にUPの予定です。

 7月11日までのお仕事

8日金曜日は別働隊は自由民主党の機関紙配布1000枚を行いました。

僕は10時からお役所入りして打ち合わせからスタート。

11時30分から市内活性化の為のプロジエクト推進と言う事で都内・市内総勢6名で面会にお越しになられ企業と担当課と打ち合わせを行った。

飲食業も地域の名産などを意識して立地に付加価値を付けたりと工夫が半端じゃ無い事を改めて認識した次第でありました。

13時すら介護関係と面談・・・・消費税UPが無くなった部分のしわ寄せはかなり厳しいとの事。

不適正に近いリフォーム代金など、政府側も注目している案件も多く、業界としてのモラルを構築する必要がある事などについて意見交換を行った。

14時からマシントラブルで修理工場へ・・・・アフターパーツをネットの発達で安価になったが、電子部品は純正の方が信頼性がある様です。

出費して勉強ました・・・・

9日は大雨・強風となりましたが機関紙配布部隊は元気に活動しました。

10日は期日前投票も終えてあるので、リセットモードでありました。

投票率は50%を超えたのでマズマズと言った処でありましょう。

20代・30代の自民党支持率は結構高い事にビックリしました。



神奈川県は公認の三原じゅん子議員が皆様のご支持により無事当選する事が出来ました。誠にありがとうございました。

自民推薦の中西健二氏は『みんなの党』が無くなり自民推薦となり当選したら追加公認との事で4位に滑り込みました。

野球のトレードじゃ無いのだから、接戦で4位で丁度良い。過去にフラフラと自分の都合で徘徊したのだから、この辺りで確りと地に足つけて得意の経済で頑張って欲しいモノであります。

共産党は全国的に頑張った様です・・・・一人区での選挙協力は成功した様に見えますが、根本的に国家転覆を目指している政党と選挙協力しても最終的には崩壊しか無い様に思えますが如何でしょうか。

それだけ野党に力が無いと言う事なので、是非、本質的な努力をして欲しいと願っています。

11日はフリーとさせて頂きましたが、結局午後からお役所入りとなり、案件処理となりました。



夕方、所用で江の島方面に出かけましたが、夏の観光地全開で梅雨は何処に行った・・・雰囲気でありました。

 7月7日までのお仕事

6日は溜まった家事全般の処理で終日終わりました。



7日は朝一起床・6時半から参議院選挙駅頭でしたが、出撃瞬間にトラブル発生して断念。

僕は駅頭よりポスティングでヘルプする事にさせて頂きました。


11時から地産地消の件で来客対応。

13時30分・来客対応。



15時から文教大学の国際関係1年生を150名を対象とした講義にお招き頂き、民主主義と選挙について・報道信頼性について・大衆迎合と国家運営等を中心にお話しをさせて頂きました。

17時から市民相談・19時かに政策的会食で終了。

 7月5日のお仕事

お役所にて色々と打ち合わせでした。

地産地消・産業振興・オリンピック・財政等多岐に亘って意見交換や対策検討であります。

財源が伴う新規事業などは当分出来る様な気がしないので、金がかからないが効果的な事を考えています。

14時近くになってロビーに降りました。

物産品や浜降祭・ホノルルウィークと啓発ブースが出ていて賑やかであります。



市役所の物産品展示場所の次世代消火器を見ていたら色々と懐かしい気分となった・・・

ミヤタは、今ではモリタ宮田工業となり、消火器を初めとした消防・防災のトップメーカーであります。

そもそも鉄砲鍛から始まりライフル・自転車オーバイ国産化で一流メーカーの仲間入りを果た企業であります。



ミヤタと言えば僕は1973年代のフラッグシップ自転車『エディーメルクス』を思いだします。



現在もミヤタクラッシクと言うブランドでカッコ良いロードバイクを生産しています。


茅ケ崎を代表する企業であります。



他にも明治ブルガリアヨーグルトや昭和の時代に湘南ほまれのブランドが愛されていた熊澤酒造など主力を天青に変えて頑張っています。



7月4日のお仕事



J-スポーツの取材がございました。

茅ケ崎市の魅力・ビーチカルチャーの発信・サップの展望等様々ブッツケインタビーとなった次第であります。

サーフボードもインデアンバイクもラジオも一番最初に持ち込んだのは茅ケ崎の人であります。半農半漁の静かな村は東洋最大の結核療養所のオープンに伴い、当代一流の皆様の別荘地へと進化した歴史があります。

そんな時代から海外でのレジャーや海遊びを探求していた訳で、海文化は歴史的にも先進的にある訳で、それを全国に発信しない手は無いのであります。

恐らくマイナビジャパンカップ関連なので放映は多分10月過ぎだと思います。



後ろでニヤニヤしていた男と記念にパチリ!!

この後、ペンデング事項や依頼事処理モードとなりました・・・

 7月3日までのお仕事



7月1日は、9時から水泳協会会長として、リオデジャネイロオリンピック・シンクロナイズドスイミングの最年少日本代表となられた茅ケ崎人・小俣夏乃選手(国士館大学2年)の市長に出場報告と表敬訪問に同席させて頂きました。



小俣選手からは心技体とも万全の状態でオリンピックに臨むとの事でした。

大活躍を心より祈念申し上げます。

茅ケ崎水泳協会としては、選手がベストに状況で戦えるように、日水連の動向に合わせて関係団体・行政側と協力してサポートして行きたい希望です。



午後から打ち合わせ数件を処理して夕方から会合へ・・・・僕は日大ですが、国士館大学神奈川県校友会役員の打ち上げにお招き賜りました。

国士館大学神奈川県校友会は現役学生の活躍を応援して行きたいとの思いで展開されているそうであります。

教員・技術系公務員・消防・警察と地方自治体の多くの人材を輩出されている大学の校友会に幸あれ!!



7月2日は9時にパーク前に・・・

茅ケ崎サーフィン協会は、香川公民館親子サーフィン教室に人員を派遣いたしました。



現役プロサーファーも参加して良い感じであります。

近年はサーフィン協会・連盟とも社会貢献やサーフィンの発展や技術指導などに力を入れて活動されています。

海岸近くの小中学校のサーフィン体験・体育協会のスクール・学童保育の体験教室・グロメッツの試合・AED講習・ジャッジ講習など忙しく活動されておられます。



10時からサザンビーチ海開きにお招き賜りました。今年は空梅雨・そして高速道路網の発達などを推察すると忙しくなりそうです。



昭和の湘南全盛の独特な雰囲気を感じて頂ける様なおもてなしを心がけて、『茅ケ崎最高!!また来たい』となつて下されば言う事無しであります。



海開きは安全祈願祭・式典・スマイル茅ケ崎の任命式・津波避難訓練・コンサートと盛りだくさんでした。



夜は後輩誕生日と全日本壮行会でした。



7月3日はロングボードCUP延期となり、自由民衆党党員として、三原じゅん子候補のポスターリメイクと6時50分から出撃して10時完了・・・既に外気温35度と半端じゃありませんでした。



午前中に体力消耗してグウタラな1日となってしまいました。