☆平成28年9月過去ログ☆

9月28日までのお仕事


27日は10時から総務常任委員会に委員として出席いたしました。



博物館建設に関する補正予算が計上されました・・・詳細設計も終わり・用地買収が確定したので補正したとの事ですが、昨年からの報告や過去の流れ考えても当初予算に計上しても良かったのでは?と思いました。

補正にした理由も『なるほど』と理解出来ますが、28年度当初予算には補正ありきで編成してある内容が結構あります。


今回のケースがけしからんとは言いませんが、他の補正ありきは議会側のチエック能力の低下を何と無く反映している様に思えるので質問した処、副市長から全般に関する答弁ずあった次第で・・・『流動的な社会状況』のワードは中々でした。

他に職員の休暇や手当等に関する条例がまとめて提出されました。

上手く運用するとモチベーションが上がりそうな内容で政府の働き方の政策に連動しています。


しかし、慢性的な人員不足・新規事業・事務量増加を考察すると、自己啓発やスキルアップの為の制度などは他の職員の負担になってしまう可能性があります。

抜本的な職場環境の整備無しでは運用不能ではと思いました。

手当については、今まで蚊帳の外にあった消防署員に光を当てた事を大いに評価いたします。

新湘風クラブとして議長に対して運営について申し入れを行いました。

長期欠席議員に対して全会一致で説明責任の履行を求めて問責決議をいたましたが、その後について公式な場所での説明が無い事・30日に閉会するのに議会としての報酬に対する検討や追加でり再問責などの方向を示すべきである事などです。

議会を運営する議長以下執行部、余りにのんきすぎであります。



28日は1日土曜日からパークでJPSA・クリオマンション・茅ケ崎ロングボードプロが始まるので最後の打ち合わせにJPSAの久米氏が来庁され秘書課等担当課への挨拶も終えました。



今年は神奈川シープロジェクト(フイール湘南)ともコラボして頂きました。
後は波だけであります。久米さん・お疲れ様です。

注・写真の画質により褐色に見えますが、こんなに黒くありません!!


 9月26日のお仕事



お役所ロビーでは茅ケ崎のメーカーさんの物産展の準備中でした。

オーテックジャパン・明治乳業・東邦チタニュウム・日本精麦さんなど多数!!
慨GKシステム技研はソナー関係だそうで、先進的な企業が多数あります。



10時から環境厚生常任委員会が始まり、控室にて傍聴いたしました。

学童保育については民間参入OKに方向転換した事による既存団体への対応やB型肝炎の定期的予防接種等が議題となりました。

委員会終了後、明日の総務常任委員会に備えてのヒアリング等を行い帰宅。



18時30分から石破茂衆議院議員を講師にお迎えしての自由民主党茅ケ崎連合支部の時局講演となりました。



石破先生の講演は、小さな政府・地方分権・農政・国家論と根底に確りしたロジックがあり快適な時間でありました。
王道のお話で哲学がありご機嫌モード・・・政治には哲学が無いとねー。



文教大学の皆様も中々の質問をされておられました。

官学共同を推進して来て良かったなーとつくづく思い、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

 
 9月25日までのお仕事



23日は教育経済常任委員会の傍聴に途中から入りました。

防犯カメラの陳情が出ていたが、特定地域のみの内容であり、プライバシー保護・安全確保・補助要綱などを検討して行く事は大事ですが、特定地区のみでは賛同は出来ないとの判断でした。



委員会終了後、会派会議・各課ヒアリング・来客対応・アポ取りなど17時まで出たり入ったりしていた。

24日はプチトリップ・・・大学後輩のお誘いにのり、寝たまま目的地寝たまま自宅と極楽モードでした。



25日は『茅ケ崎ローカルブラザーズ』の試合が開催され、ハワイからサプライズでグレン松本親子が遊びに来てくれた。



グレンは長きに亘り青春時代を茅ケ崎は南湖で過ごした訳で、僕の少し下の世代は一緒に遊んだ大事な仲間である。

ホノルル市と茅ケ崎市は姉妹都市なので、11月の大統領・市長・議員選挙の雰囲気やハワイで政治的問題となってるトピックなどローカルの視点で教えて頂きました。



茅ケ崎の大先輩方から中堅・現役・ちびっ子と各カテゴリーでの大人運動会はキャプテン以下メンバーの大活躍で有意義なお時間を賜りました。

ありがとうございました。



 9月22日までのお仕事


21日から各委員会に付託された議案について審査が始まりました。

都市建設常任委員会からであります。

行政側からの説明が不十分だった為、一部理解が薄いままにジャッジしてしまった人がいる様に感ずる案件1つ・・・

僕個人としては少しばかり細やかさが足りなかったが法的には問題は無く、むしろ他の要因について質問すべきと思った案件1つでした。

両議案とも連動していて関連性をかんがみ対応したと理解しています。

委員会終了後は、各打ち合わせや手配を行い、珍しくパーフェクトな結果い゛終わりご機嫌となり、後輩からのお誘いで2カ所で会食となりました。

22日は各種イベントありも雨天中止となり終日静養となりました。

 9月20日までのお仕事

15日は10時総務分科会決算事業評価の議員間討議が行われました。



行政無しで議員だけで評価について意見交換するので、各議員の性能がはっきりと判ります。

内容としてはまちぢから協議会・ホノルルとの姉妹都市・臨時職員の採用・広報ちがさき・豊かな長寿社会の5事業について評価を決定いたしました。

27年度の決算ですが28年度についての動きは皆知っているハズで評価を29年予算に反映させる訳ですから、優位にある。27年の執行と方針が28年年度にどの様に反映されているかを考えて評価すると効果的になると思うのですが・・・・

単年度決算から連結へとか民間会計導入とか騒いでいる方に限って27年の各事業だけと言う近視眼的質問を繰り返します・・・NGです。

例えばホノルル市との姉妹都市ですが、締結までの経費経緯や協定書の中身を考察すると民間への委託や補助により行政指導から自主的かつ思いの強い団体に先行して頂く事で、将来に備えると同時に広報等で戦略的に茅ケ崎市の付加価値について全国に発信する事で都市間競争のツールとなるのに、お役所側はフェードアウトと模索している事が28年度に見てとれます。

27年度の戦略や執行率・効果を検証した中で29年度の予算査定では減額させない為に評価を拡大とする訳です。

1事業と見て評価すると実につまらない事になります。

16日も他の委員会でした。議会改革の観点からすると以下の点について不満でした、

地方議会では珍しい議員間でのやり取りが放映されているのに、斬時休憩をかけて討議の内容を放映しない様にする・・・何にも意見が無いか発言する必要が無い人やピントがずれた事を言うのも総て放映すべきで意味がありません。



17日は恒例の茅ケ崎市立第一中学校のサーフィン体験教室でした。



一中出身のサーファー多数が宇佐美校長先生以下コーチとして波乗りの楽しさをお
伝えさせて頂きしました



午後からローカルパーティーにお招き賜りました!ありがとうございました。



18日はリオ五輪に茅ケ崎市からセーリングの高橋選手・シンクロ団体に小俣選手が出場しました。
小俣選手は団体3位・高橋選手は3日目の嵐の前まで入賞圏内と素晴らしい成績を残しました。

今日は両選手から応援お礼・五輪報告・ビデオ解説・ちびっ子達からの質問コーナーと夢のある最高の報告会となり、涙脆い私と稲岡体育協会会長はポロリとしてしまいました。



僕は水泳協会会長として県ヨット連盟各部と両選手に花束を贈呈させて頂きました。

19日は雨の為イベント中止多数でオフ。



今年の秋からロングボードの形をしたショートからロングのロングボードにスペック変更しました。
クワッドも楽しいので並行したい・・2枚乗せ自転車キャリアは有るのでしょうか?
ちなみにトリコロールは4で赤・白・黄は3か1です。

20日は台風接近・・・鬱陶しい天気が続く様です!



朝から不機嫌な会議が行われました。何だかねー!村的議論は勘弁です。

信念がある議員かと思ったら中途半端そのモノで実にがっかり、ライフワークにしているポリシーと逆行しているので行政側も言う事を受け止め無くなるでしょう。
自分の都合や感情でジャッジするとろくな事はありません。

10時から決算の総括質疑が行われ、議会代表監査の岩田議員は答弁側・・・総括から外れた内容も多く12時までガッチリでした。




28年度に予想されていた苦しくなる財政状況を踏まえての予算執行に対する評価や必要性の根拠などを質問いたしました。

午後から調整・代表者会議・各課ヒアリング・打ち合わせと続き20時帰宅。

 9月14日のお仕事

本日は休会日でした。



夕方から文化会館へ・・・富山和彦氏をお迎えしての講演は最高でした。

氏はIGPI代表取締・オムロン且ミ外取締役・経済同友会副代表・内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者として卓越した見識をフルパワーで発揮され日本経済をリードされている方であります。

茅ケ崎に居ながらこんな楽しい講演を拝聴出来た訳で、ローカルファースト研究会に感謝であります。ありがとうございました。



人口減少と言われていますが図の様に100年前の人口を下回っているのは1県だけ・・・1944年は大東亜戦争後の人口拡散・1972年は人口増は田中角栄氏の列島改造による人口分散です。
色々と評価はありますが、凄い事をしてます。

現在の大問題を74年に予見していたのは凄いです。地域に元気が無いと日本は終わります。ロジックのおさらいして同意見なので安心しました。


 9月13日のお仕事



10時から特別会計の審査が開始されました。下水道を含めて計画通り行っていった訳ですが、繰越が多い傾向にあります。
地面の下には色々な事があるので開けてビックリもあるのであります。

午後から市立病院の決算審査が始まりました。僕の会派から委員長を含め4名が出席しています。控室のモニターで傍聴しています。



処でハワイ州ホノルル市ワイキキ・クイーンズで茅ケ崎市長杯が開催されました。
大会期間中、ワイキキビーチには、何度も「姉妹都市チガサキ」とアナウンスされいて、選手や関係者にはもちろんのこと、多くの観光客の方へのPRは計り知れないものとなりました。



ハワイサーフィン協会と茅ケ崎サーフィン協会は友好協会を締結しているので、茅ケ崎市ではホノルル市長杯が開催されています。




両市の姉妹都市締結前に既に友好協会は締結されており、姉妹都市締結にスポーツを通じて協力した経緯もあり、キッズの育成や文化的交流を深め次世代につなぐ努力をコツコツと行っています。



上の写真はたまたま娘がサーフィンとは関係無く観光に出かけられた親御さんの処に娘さんから送られたモノだそうです。クイーズはワイキキの銀座みたいなものでありますから目立つのでありましょう。


 9月12日のお仕事

朝からSUP大会実行委員長と被害に遭われた方へのフォローについて打ち合わせをさせて頂き迅速かつ細やかな対応をお願いいたしました。

10時からの委員会傍聴前に関係団体訪問・電話による報告・謝罪をさせて頂き、お役所入り。

お役所入りして会派控室にて傍聴しながらPC操作中に僕のFBにビデオ投稿があり???と思いながらクリックしたら、大変な事になりました。

新種のビデオスパムにまんまとひっかかり、多くの皆様に僕の名前でビデオスパムが送信される事態となりました。

僕の名前でビデオスパムが飛んでいてご迷惑をおかけしています。

削除出来ない方もおられるとの事で、此方から削除していますのでお知らせ下さい。

インターネットエキスプロラーやスマホ開いた場合は大丈夫との事です。

クロームがターゲットの様で、クローム使用していてもの場合でも拡張のOKを出さない限り大丈夫です。

クロームの右上の棒の場所から設定に入って、拡張機能に入って見慣れない機能を削除して仕上げにウイルススキャンをしてパス変更すれば完璧との事です。

一応の夕方までに出来うる限りの対策完了しました。

更にFB社から対策アブリインストール指令が入りました。流石のご対応を頂きホッとしています。フォローメンバーの皆様色々とご迷惑をお掛けしました事をお詫び申し上げます。 心配に方は下記の処で確認出来ます。

https://www.facebook.com/help/217854714899185?__mref=message_bubble
 
決算については、所管外の質疑は相変わらずでしたが、矛盾点や執行残の要因についてなど鋭い質問もありました。

19時過ぎに再度SUP実行委員会に出かけて本日の対応について確認と打ち合わせ。


9月11日までのお仕事



8日は各分科会の傍聴を会派控室にて行いながら、来客対応・打ち合わせ・総務分科会事業評価提出書類を作成。

かなり時間が掛かる事となり、20時近くに帰宅となりました。

9日は決算特別委員会となり、午前中は来客対応をしながら控室にて傍聴。

『事業について教えて下さい』の質問はご法度であります。

予算審査で内容を知らないで賛成したと言う事になりませんかねー。勉強会では無いので勘弁です。

この処、所管外や次年度についてや審査内容外の質問が多く、『何でも聞ける』と勘違いしている雰囲気が漂っていたが、他会派から議事進行が掛かったりする様になった。
緊張感が無い議会はダラダラになるので良い傾向だと思っている。

審査についてはお役人が『あっ!痛い』と感じる内容は無く、表面上の事ばかりとなり答弁者は意味の判らない質問以外は楽勝だったと推察しています。



10日はマイナビジャパンカップに役員・プケゼンターとして会場入りしました。
SUPの日本選手権として海外の強豪を迎えてのグレードの高い試合となりました。

納品された大会Tシャツに印刷定着溶剤が残留していた事により、多くの選手及びスタッフの皆様にかぶれ等の健康被害をお掛けした事を深くお詫申し上げます。

また、スポンサー及びご賛同賜りました企業・団体様に対し深くお詫び申し上げます。

着用及び配布中止・回収を行い再発防止に努めた一方、納入メーカーと原因究明と被害に合われた方に対応について協議し、誠意ある対応をさせて頂きます事になりましたのでご理解賜りたいと存じます。

選手の皆様との熱い意見で無事に大会続行となりました事を心から感謝申し上げます。

:経過は以下の通りです。

11時過ぎから試合出場選手から配布されたTシャツ兼ゼッケンを着用して海に入るとシャツがぬるぬるになったりかゆみが出たりするとの報告があったそうだ。

夕方の表彰式間際では、かぶれや水泡がでた選手やスタッフが会場ドクターの処に大勢お越しになり、Tシャツ納入業者が会場にガッチリ貼りつく状況となつた。

各クラスの表彰後に状況を確認すると、納入されたTシャツに印刷用定着用の薬品が残留していた為、カブレや炎症を起こした方が続出したとの事でした。

帰宅後、実行委員長から30名近くの皆様にご迷惑をおかけしたとの報告を受けて、被害にあわれた方への丁寧なフォロー・2次被害予防・早期のプレス対応・関係団体への報告をお願いしてお役所等の機関についての諸連絡等を午前2時位まで行いました。

11日も早朝から会場入りして運営についての話し合いとなり、選手の皆様の意向を確認させて頂いた処、『続行して欲しい』との総意があり、重く受け止め2時間遅れのスタートを決定させて頂きました。

冒頭に副会長としてお詫びと報告の挨拶を行わせて頂きました。

表彰式においても再度お詫びと報告をさせて頂きました。

納入メーカーとは今後の被害者に対する万全のフォローと徹底した原因究明と報告をして頂く事を強く求めご快諾頂きました。

重ねて深くお詫び申し上げます。被害にあわれた皆様の早い回復を心からご祈念申し上げます。


 9月7日のお仕事



9時から決算特別委員会事業評価総務分科会に出席いたしました。

予め5事業を分科会で選定してお役所側の評価と比較して議会としての評価を行います。

但しお役所側の評価は担当課が定めた目標・執行率などが対象であり、議会側は事業の効果や妥当性を評価するので基本的なシートが違う事を理解したうえで質問や議論を行う事になります。

ホノルル市との交流など、成果は商工会議所等、行政以外のガンバリで一定の進化が見てとれますが、行政としての施策展開は日も浅いので固まっていません。

姉妹都市締結前から頑張ってきた団体への補助金は、要綱に年々減額するとしてありますが、行政側がノープランで頑張ってもらっている各団体への活動をヒアリングも適当な事しかしないで要綱に定めたでは、『釣った魚には餌はやらない』てなもんで、もう止めたと言われたアッと言う間に事業後退であります。

ゆかりの人物館など、土地の取得から建物のあり方まで完成以前に前職の部長と議論を重ね色々な案件について、議論してり協力したりしていて常に報告があった。

行政の継続性と言いながら担当が変わったとたん、訳の判らない対応をされたするので引き継ぎが悪かったのか、完全に舐めているのかどちらかだろうと思っている。

人物館の横にある青山画伯のアトリエ・何で開高宅とのバランスをとったのか・庭にウッドデッキを設けた理由をどの様に説明したのか・設計者にどんな思いがあったのか知っていて仕事しているのか実に不思議だ!!

 9月6日のお仕事

午前中から雑務・打ち合わせであちらこちら・・・・



11時からリオ五輪・シンクロ団体3位のメンバー小俣選手が地元茅ケ崎市の柳島・中島地区の『まちぢから協議会』の企画で午前中は地元報告会。
午後からは柳島小・中島中学校で報告会を行うとの事です。

お招き賜り、11時からの地域報告に間に合わず昼食会からご一緒させて頂きました。

メダリストとして多忙の中、生まれ育った地域の多くの皆様とちびっ子達に夢に夢の御裾わけをして頂きました。

地域への配慮・そして受け答えも完璧で流石はナショナルフラッグを背負った代表で、実に素晴らしい選手でした。

また、地域の皆様も温かくて最高でした。

13時20分からお役所にて明日の事務事業評価に備えて担当5課とのヒアリングを行い、その後、打ち合わせと20時帰宅となった。

 9月5日のお仕事

議会運営委員会の申し合わせ事項に一般質問のあり方やルールを追加しましたが理解していない方がおられます。以下は例ですが・・・・



議運の申し合わせ事項を全く守りません・・・・構成メンバーはネットにも公表されているに誰?と質問して、答弁があったら民間のアイデアは何処が聞くのかだって・・・メンバーの先の質問無し・お役所等で提案を聞く担当がある事も知らない・・・・・

行政の事業とは関係が無い団体や企業・学校の事業についてと質問・通告をかけ離れた質問と最初から最後までデタラメでありました。

その団体に出かけて聞いてこいです。役所の部長はその会社の幹部ではありません。

余りに酷いので整理権を持つ議長に『逸脱している事を放置して良いのか?』と議事進行をかけたら議長から該当する議員に注意が入った・・・それにも関わらずズレズレの質問は続き120分の時間を浪費した訳で・・・・

運営する側の議長も事務局とザワザワしていて把握しているにも関わらず議事進行まで放置するのも問題だ・・・まさか自分の会派だから流した訳では無いと思うが!これで議事進行前に他会派のルール無視にも対応不能となった訳だ。議会は仲良しクラブではありません。

決算で同じ事したら懲罰も検討して行きます。ハッキリ言って迷惑であります。
この後は議案の上程・議運・追加議案の上程・決算委員会・代表者会議・各課打ち合わせと続きました。

色々な会議があるが、いづれの議論にしても思いついた事を思慮も無くペラペラ語られても底が浅くて話すのも面倒だ・・・・

居酒屋でヤキトリでもつまみながら焼酎片手で語る様な話を真顔でしないで欲しい・・・相手をするも苦痛である。ちゃんと調べて確認して慣例・世間の動向・影響まで考慮してから発言すべし



 9月4日までのお仕事



金曜日は10時から一般質問5名の傍聴。午前中は委託や契約等かなり鋭い切り口で元気に傍聴モードでありました。

途中から墜落気味・・・・他人に言われて自分が理解してない質問などは傍聴する価値も無く時間の無駄となり疲労感増大します・・

一問目以降、市長が答弁する内容は無く、同じ事ばかりで最後は強引に市長へ振ったが、答弁に変化無し。

土曜日は休養。



日曜日は湘南祭・茅ケ崎市長杯AMサーフィン大会のお手伝い。
終日、波は持ちこたえ無事に全日程を終了いたしました。


選手・行政関係・スタッフ皆様・ホットドックマンお疲れ様でした。



良い試合だった。



 9月1日までのお仕事



30日は朝から各会派との調整から始まりました。色々と事件があったのに市議会としての対応案は全く示されるされる事も無く、1日から本会議となる事はとても耐えられない事でと判断した。

本来は議会の長が取り纏めをして本会議となるハズだが、此方で動くしか無くなった。

午前中から市議会各会派代表とのアポ取り、趣旨説明・説得・署名・そして提出と丸一日議会にべったりとなりました。

揚句、提出と同時に公開していない内容にピタッ一致するの様なFAXが入ったりと???でとても疲労感ある1日となりました。



1日は8時40分から緊急代表者会議が行われ、須賀議員の代理人から突然送られた『市民の皆様へ』の報告がありました。

マスコミから『夜中に突然FAXが入ったのですが何の意味ですかね』と質問頂いたり『本日の問責決議』は其のままですよね』とかなり冷ややかな電話もあったり・・・・

9時20分から議会運営委員会が開催され須田議員に対する問責決議が議会議案第13号として承認されました。



10時から本会議が開催され、冒頭で問責決議が議題となった。

本来は議長が纏め全会一致にして副議長が代表して趣旨説明を行うのだが・・・纏めと趣旨説明まで総て、僕と僕の会派で行った次第で・・・・・・・??

『東京都迷惑条例違反で逮捕された須賀議員の行為については、現在、司法の場にあるので言及は避けるべきだが、選挙で選ばれた議員として市民に説明する責任はある。
多くの会派から同様の意見があり、議会として再三に亘り申し入れを行った。
昨日、議会に突然FAXが入ったが取扱い等の指示も無く内容的にも説明とは言えない・遺憾である。ここに公人として説明責任を全うする事を強く要望する。』

と言った内容の問責決議の趣旨説明を賛同頂いた新湘風・新政・絆・公明・市民自治・共産の会派代表と無会派の水嶋議員を代表して提案を行った。

結果は全会一致で可決されました。

この後、会派離脱による議席の変更等が議題として淡々と処理され・一般質問となった。

大局的に考察しての質問は面白いし角度や深度に各人の思いがあり真剣に拝聴するが、ダラダラと同じ事を言ってピントも論旨も確りしていない内容は厳しく、1回目の市長答弁の後は担当部長のみと答弁となり内容も想定通りで拝聴自体が苦痛となる訳で・・・・

議運の申し合わせ事項の厳守も出来ない輩もいて散々だった。

一般質問終了後・各常任委員会打ち合わせ・決算委員打ち合わせ・各課報告等が行われお役所を18時過ぎに出た・・・・・