☆平成28年10月過去ログ☆

10月31日のお仕事

10時前にお役所入りして各部長と打ち合わせなどを淡々と行いました。重要案件については、各部の連携と広報の飛道具を有効に使うべきであります。

先方は仁義など無い訳ですから清々とお役所のスタンスを明確化すべきでありましょう。



午前中の打合わせが終わり、昼飯モード。
菊花展の準備中でしたが『天候不順で咲きが悪い』との事!



北口アジアンストリートを流すが結構モスで午後からの総務常任委員会打合わせに備えます!



13時30分から総務常任委員会の議会報告会打合わせを行いました。


中核市移行について委員会として、政策提言を行なうため、12日に市民の皆様と意見交換を行います。



学芸会では無いのですから、日頃のロジックを展開して如何に市民の皆様のご意見を頂くかがポイントのハズで、巧く取り繕う練習など無意味なので、形容詞を減らしてシンプルに説明して下さいとお願いしました。

終了後、各部長との意見交換。

熊本の震災では、避難所となった学校の先生方が大変に苦労されたとの事であります。

3.11被災自治体でも学校と地域が日頃から防災についてベクトルをそろえていた地区は、生徒達が避難所設置を手伝ったり避難した市民と先生方のコミニュケーションも良好だったと聞いています。

何故、地域の防災訓練に一部の生徒だけで中学校の教員は参加しないのでしょうか?

有事の際、困るのは教員の皆様のハズですが、サッパリ理解出来ない。

教員は教職の仕事に専念して、お金や事務連絡など学校事務員を配置して専門職に特化すべきで、本来の教職を再優先すると余裕も生まれて地域との連携も出来る様になると思います。
何から何まで先生に負担を掛けれると、違った意味で近くなりすぎ地域や父兄からのリスペクトも無くなってしまうのではと心配なこの頃であります。

ワンクッション置く事で専門性を担保出来ると言う事も考える時期ではないでしょうか。



処で 辻堂駅は大正5年に日本初の住民資金による請願駅として誕生いたしました。
100周年記念式典が開催されます。色々とイベントがある様です。
このカラーの車両は大学生の頃までスタンダードで懐かしいです。



大洋ホェールズのユニホームはこのカラーでした。

お役所を退庁して19時近く・・・・



チビッ子ハロウィン軍団現る。ハワイのアメに大満足で闇夜に消えて行きました。
ジエィソンもスパイダーマンの健在、しかし可愛すぎる!

20時から打ち合わせ3件で終了。

 10月30日までのお仕事



28日は、9日に会派要望を市長に提出するので、リード文や自分の担当する部分を作成したり予定表作成やら。天気も悪いので集中出来ました。

お役所側は既に予算方針も決定していますし、積み上げも始まっているし来年度は自由に使えるお金は殆ど無いハズなので色々と苦労します。

29日は海岸地区の防災訓練でした。



9時から設営・ライン引きして12時30分に各自治会の皆様到着お迎えであります。


茅ケ崎市の防災訓練はまちぢから協議会単位で自分達で設営などを行います。




ちなみにこのベストは防災リーダーの印です。

撤収までお手伝いして午後4時に帰宅しました。



防災訓練は色々なメニユーがあり、中学生や学童保育の皆様も参加されました。

東北方面で3.11時に大活躍した中学生達は日頃から地域と防災訓練を学校単位で行ったりと地域密着型であったと伺っています。

学区中心で組織割しているし避難所は学校な訳ですから、もう少し現場も考えた方が良いでしょう。良い傾向でしたが!



訓練にはお役所配備職員・防災対策課・消防20分団の皆様も協力して下さいました。ありがとうございました。



また、クラスター火災対応として2丁目自治会が取り組んで来た感震ブレイカーの紹介コーナーなど啓発も盛んでありました。




海の先輩方も訓練に参加して下さりました。



波は良かったぜ!と言われても今日は地元の小中後輩モードで隊長殿の指示通り動きました。



処で11月5日(土)は10時から地震・津波訓練であります


波が有って波乗りしている皆様は、是非、訓練に協力して下さいね。海から上がってこなかったりと情けない事はNGすっ!!



30日は腰痛と寒波負け・・・年老いた母親が暖房入れろうるさく言うので家事手伝い・灯油購入など親孝行モードとなりました。

チョイと前まで夏だったのに、冬用家電のお出ましとなりました!
心構えが無かったので、実に寒いこの頃であります。



 10月27日のお仕事

溜まりに溜まった私用処理。散髪から振り込み掃除に・・・・・終わりません。



この処、天気は最高で陽だまりを避けてネコはこの通りであります。

オリンピック開催を目途に『道の駅』のオープンとなる予定だが、一言。

狭い視点で見れば経済活動の活発化となるのでありましょうが、一般的な当たりでと思います。

元々農業振興地域の区分の場所を関東農政局にお願いして用地としたので、当然ながら地域農業の発展に期する要件を備えなさいとの条件が出されているので当然であります。

水産業は付加価値も高く、過去のフイッシュセンターが運営されていたのも、そこが目的なので、これまた当然となります。

これらについては、当然ながら関係団体等とがっちり調整して来る事は明白なので、後は微調整となるハズ。

商工業についても、市内でチャンスを感じている事業所も多数ある訳だから流れを大事にすれば良い。

要はこれらを含めてどの様にコーデネートするか?と言う事になります。

道の駅自体が交通利用者の利便性の確保にある訳で、休憩に立ち寄った方が茅ケ崎市は面白い街だな!と興味や魅力を感じて頂く事で、都市のイメージUPに繋げて湘南地域のステータスを発信して行く場所との大前提に考えたら、おもてなしを含めて良い感じになるのではないでしょうか??

農業・漁業・商工業も大前提に従ってベクトルを合わせると、本来持っているポテンシャルを発揮出来る様に思えます。

また、茅ケ崎市や湘南地域が誇る『ビーチカルチャー』の発信などを盛り込むと付加価値が生まれると思うのですが。

単純に海を売りにすると、そこいら中にある道の駅と何の変わりも無い施設となるのは明白であります。逆に『やっぱり地方都市じゃん』なる可能性大となります。

僕は全国各地のビーチに出かけたが、湘南地域のビーチカルチャーが一番進んでいると感じています。

正しい海の過ごし方や春夏秋冬の楽しみ方・釣り・サーフィン・SUP・ジェットスキー・遠泳・砂遊び・参歩・ヨガ・ペットとの一時・正しいBBQの仕方・BB・ダイビング・写真・自然観察・音楽・イベント・浜降祭などなど海遊びの先進都市としてのネタはゴロゴロ転がっている訳で、先人達が頑張った文化こそ茅ケ崎の誇りであると僕は感じるのでありますが如何でしょうか??

 10月26日のお仕事



現在種まき中の案件があり江戸に出撃しました。

世の中便利になりました・・・昭和の頃に誰が茅ケ崎から高速ノンストップで麹町まで行けると考えたでしょうか?
八王子も1時間以内・高尾山は更に近い訳で。色々な意味でチャンスがあります!



江戸では意見交換2カ所の後、茅ケ崎発祥で神宮にオフィスを構えるOSジャパンでオリンピックとマリンスポーツなど情報を頂き休憩。



その後、後輩のオフィスにお邪魔して写真のボトルに入ったCOFFEEを奇麗な社員の方にいれて頂き、暫しのブレイクタイムの後、神宮外苑方面チエックで帰宅の途につきました。

神宮と言えば東都大学野球リーグであります。

名門日大復活の一歩となった訳で・・・・



12年ぶり23度目の優勝。勝ち点で1位・日大 2位・東洋で最終は東洋大と戦いでしたが、劇的逆転V。

ここから新たな進化を続けて行きたいとの事であります。

おめでとうございます。

 10月25日のお仕事

色々な動きがあり、報告やらアポ取りやらに苦労した1日となりました。

不運な日は時々あります・・・電話のタイミングがズレズレでOUTとか。

結構、面白みのある内容で順調に行けば、大いに化ける案件だけにイライラするのでありますが、ここは焦らずじっーと我慢であります。

最近気がついたが、無責任にブログをやっている人は幸せだなーと思います。

陽動・プロバカンダ・恣意的な文章に神経を使っている事も良く判るので、作成している場面を想像すると結構楽しいのだろうと拝察出来ます。

旧体制の左派系文法は嫌いでは無いのでたまに見ますが、昭和の香りがして嬉しくなります。

10月24日のお仕事

10時から全員協議会が開催されました。



東京都迷惑防止条例現行犯逮捕された須賀議員が2度に亘る説明責任の履行を求めた問責決議からトータル60日以上を経て説明を行った。

嫌疑不十分で不起訴となったと同時に1か月の入院加療から議員説明となられたので、体調は回復にある訳で、その事は安心した。

不起訴処分として釈放されるものの、事件の容疑が完全に晴れていないのが「嫌疑不十分」という理由です。
送検後、検察の指揮の下、事件の捜査をした結果(実務の多くは警察が行う)、怪しいが裁判で確実に有罪に出来る決定的な証拠がないという状況になります。

また、報道ではぶっかっただけとかの記載があったが、これは検察側の発表では無く、須賀議員の口述である事も質疑の過程で確認出来た。

これらを踏まえて、報酬等ご本人がどの様にけじめをつけるか伺ったが『これから相談して考える』との事でありました。



全員協議会終了後、議員説明会・各委員会打ち合わせ・議会運営委員会と午前中はガッチリ会議となりました。



午後14時から会派予算要望打ち合わせが16時30分・・11月9日に市長へ提出いたします。




17時から文教大学経営学科の学生さんと会派別の意見交換会を開催させて頂きました。

これは僕が議長の時代に議会活性化を目的して全国的も珍しい議会と大学の協定の方針を定めて基礎を固めたのだが3年半掛かって今年締結した事により行われたモノであります。



会派別ですから議会としての決定事項の説明でき無く、会派の哲学や姿勢・思いを混ぜて学生諸君とガチで意見交換する内容であります。

学生らしい切り口で長寿・活性化・教育など様々なご意見を頂戴いたました。
目から鱗の内容もあり、良い90分でした。



10月23日までのお仕事

21日は、雑務処理から始まりお役所打ち合わせ・夕方から鶴嶺高校野球部同期と会食。

22日はオフ。



23日は午前中来客対応・11時からTOTO茅ケ崎工場へ消防フェスティバルを表敬訪問させて頂きました。



年々ちびっ子達が増加し天候も良く大盛況でありました。





消防・分団・担当課・県警・自衛隊・医師会・歯科医師会・管工事組合等の災害時協力団体・交通安全協会など様々な団体が日頃から防災や減災に協力した下さっている事が多くの市民の皆様に判り易く理解出来る様なレイアウトやイベントが盛りだくさんで、良い感じでした。



消防職員・団員の士気も否応なしに上昇すし、家族は『パパやママはカッコいい』となる訳で・・・・



茅ケ崎市は町火消し制度で有名な大岡忠相公の領地なので古式消防保存会の皆様も大事な団体であります。



また、3.11以降に派遣・出向した尊い職員の皆様の活動状況の展示ブースは素晴らしいPRと関心いたしました。

14時過ぎに帰宅して打ち合わせ2件の後、体調管理となりました。


 10月20日のお仕事



10時から会派会議を開催いたしました。

議題は、来季予算要望について・文教大学学生意見交換会について・広報広聴委員会持ち帰り事項にいて。政務活動費の中間報告について等でありました。

来年度予算要望については10月中に市長に提出で月曜日までに各人取り纏めて来る事になった。

文教大学学生との意見交換会はカリキュラムの一環であり、各政党・会派単位で行う事になっているので、なるべく学生さんが喋りやすい環境をつくる事で決定。

政務活動費は茅ケ崎市の場合、世間で言われている様に百万単位の支給はありません。平成7年当時は月額5千円だった!!

茅ケ崎市では、議員1名あたり年間48万円・月4万円であり、物品は単価3万以上はNGでオール領収添付。個人支給では無く会派単位で支給されます。

視察・研究会出席の場合、会派会長に提出して確認後、議会事務局担当・主幹・次長・局長・議長の決済の後、職員課に。
対象自治体議長に議長から依頼書を送ってOKなら許可が出ます。視察後、報告書提出義務があります。

会派の印刷機・コピー機等のOA関連はリース計約で月6万円程度・6名2泊3日の視察で30万円程度で業者にチケットを依頼します。タウンニュースなどの広報活動も含みます。

2016年上半期は赤字で個人持ち出しと財政難であります。他に毎月1名5千円の会派維持費を徴収していますが、これは報酬から天引きなので自由に使えますので補填などに使用してます。



夕方から市内打ち合わせ2件で先輩店舗によったら狂い咲き発見・・・今日は最後の夏日との事ですが気分はトロピカルでした。


 
10月19日のお仕事

発熱も治まり、試運転モードで社会復帰いたしました。
市内4軒にお邪魔して景気動向や関心のあるニュースなど聞いて歩いたり、アポ取りしたりと緩く・・・・

夕方には電池切れとなり帰宅し睡眠となった。



発熱中は昼間、時々様子見に来て1時間位してから庭に消えて行き、夜になると現れ起床すると近くで寝てます。

案外と律儀なネコであります。ありがとう!!

 10月18日のお仕事

極東地域は実に不安定で心配であります。



好む好まざるに関わらずスクランブルが急増・コーストガードや護衛艦まで国防の為に警戒にあたっているのでがコストは如何でありましょうか?

27年度の自衛隊機スランブルは873回で内中国は571回・一度の出撃でザックリ1千万円かかるそうですから87億3千万円。
護衛艦・保安庁・対潜哨戒・各種情報収集費用・迎撃システム整備などを加えたら幾らになるのだろか??

27年度予算で約5兆円。中国・北朝鮮・ロシアに圧迫されている割には安めなのは、アメリカ合衆国が守ってくれているおかげと言う事になる。

これらの事実を忘れると、とんでもないロジックが展開される事となります。

ユニセフ流に言えば3千円で肺炎にかかった子どもを治療する抗生物質77人分ですから1回の領空侵犯で26万人の子供の治療が無くなると言う事になります。

今年になってからアメリカ軍が南シナ海に展開して牽制していますが、中国は面子丸潰れとならない様に、隙あらば東シナ海(尖閣・沖縄)をターゲットにしている様です。
『ほっといたらいいんじゃねーの』と言われても、国家としての存在すら無い事になりますからそれはNGです。

まさか隣国が核によるアメリカ牽制や海洋覇権に欲を出すと過去に誰が予想したのでしょうか?

世界の安全保障スペックが変換期にあるのに国会の論戦では常に目先の事が中心となり、頭脳明晰な官僚が渋い顔をしているであろう事は容易に想像出来ます。

戦争は破壊と悲劇しか生まない事を体験している日本人は、平和的な解決を行う為にも『あの国にチョッカイを出すと面倒だ』と思われるような抑止力をありとあらゆる方法(外交・貿易・防衛等)で強化するしか無いのではと思います。

隣国にとっては都合が悪いので日本が右翼化したとかプロバカンダを発信する訳で・
オスプレイが一番嫌な国は中国であります。韓国のミサイル迎撃システム配置も同様で・・・・素晴らしい嫌がらせを行っている事は皆様も御承知かと・・・・・

故吉田総理ではありませんが『自衛隊が活躍する時は日本の危機だ。だから活躍しない事を望む(災害等は除く)』は同意見であります。

 10月17日のお仕事

依然体調が悪くクラクラですが、溜まった案件処理を電話やメールでシコシコと行っています。
年に1回位グッタリとなる様で12月頃が多いのですが今回は暖かい時期となりました。



お陰様で国会中継を見たりと出来ました。

本筋を逸脱していたり、相手を単純に追い込もうとする質問は底が浅くて不愉快になる。

表層の良い人モードで質問しているが国家感が全く無い議員さんなどのヒステリックなイチャモンも半端じゃありませんねー。益々具合が悪くなるので途中で止めました。

夕方から通院したりして安静に努めております。

 10月16日までのお仕事



12日は朝一出発で総務常任委員会視察で金沢市にお邪魔させて頂きました。



中核市移行関連で、児童相談所市単独設置している市は金沢市と横須賀市だけなので戦略や思いなどレクチヤーして頂きました。

県庁所在地としての格や近隣市のカナメとして機能・人口減少期への戦略など中核市となる理由はバッチリと満たしている訳で・・・中核市にならなくても、保健所政令と県の権限で必要なモノを頂き、一時保護施設などは他の事業名目で設置すると便利かもしれません。



13日は宿泊した富山市から奈良市に在来線で移動です。



中核市の老舗、奈良市にお邪魔させて頂きました。
京都市大阪市に近くて、人口減少傾向にあるそうであります。
保健所設置は当初の予想より人員増、市単独での専門職の雇用も難しいとの事!

奈良市も県都であります・・・政令指定都市に人口などで手が届かない以上、出来るだけ権限を確保して近隣自治体の大将でいるべきとの判断でありました。



視察後、大阪市に移動してホテルにチェックインし委員会で夕食・・・
総ての公務が終わって、10数年ぶりに大学の同級生が神戸から来てくれました?嬉しくて最高!!お互い若い頃より考える事が多くなったと意見は一致。
解散後は恒例の散歩、何だか活気あります。1万1千歩歩きました。



14日視察最終日は、保健所政令都市から中核市となった西宮市にてレクチャーして頂きました。

元々中核市に近い権限を県から移譲されていた為、スムーズに中核市移行したとの事。職員数・人口40万以上で交付団体でありますから、問題は無かったとの事。
茅ケ崎市と随分事情が違う訳でした。

お隣に人口40万を超える藤沢市がありますが、お国からの交付金を頂かない不交付団体であります。
あんまり歳入の無い茅ケ崎市は、あえて交付団体となっているので交付金で中核市になっても何とかなるかやや赤字となります。

2市1町で法定協議会があり広域連携している最大都市藤沢市がサービスや権限の拡大より実利を選択している中で、後戻り出来ない中核市に移行するには、人的不足・財政的に苦しいピーク時にホイホイと決めてしまって良いものか議論が必要でしょうし、保健所政令都市移行は決定しているのだから必要な権限を少しづつ移譲して頂き体力をつけて段階を踏んでからでも良いと思いますが如何でしょうか??



視察後、新大阪に戻り旭ポンズを買って茅ケ崎に帰還しました。


15日から体調不良モードとなりました。オフでしたが自宅静養。



箱根駅伝の予選会を見ました・・・本当は現地応援予定だったのでありますが・・・
危ない事に10位ギリでの通過でした。



箱根駅伝で母校が出場しないのは実に寂しい事なので嬉しいのですが、古豪日大情けないとも思うOBは多い事と推察いたします。何とか来年正月の酒を美味くして頂きたいと願っています。



16日は更に悪化して写真のネコの様になり八大竜王・障害者運動会・バーバリアンズなど総てキャンセルさせて頂き、実に残念であります。体中痛いです。

 10月11日のお仕事



10月23日(10時〜15時)にちがさき消防フェスティバルをTOTO茅ケ崎工場敷地で開催いたします。

ちびっ子の皆様、はしご車搭乗体験(抽選)・消防車・自衛隊車両でドライブ・レンジャー体験・消防服で消火体験などなどイベントイッパイです。

大人でも楽しいイベントであります。

午前中はバタバタでした。午後からお役所入りして各部や議長と打ち合わせ。

明日から総務常任委員会視察で金沢市・奈良市・西宮市とタイトなスケジュールとなります。

中核市移行についてがメインとなりますが、児童相談所設置についてはねばならないから望ましいに移行要領から変更となっているし、横須賀市や藤沢市の取り組みを視察してからでも良い訳で・・・・児童相談所の視察は総務の所管外で、ここを視察に盛り込んであっても、あれやこれやは聞けない訳であります。

議会側も茅ケ崎市の代表ですから他の中核市に『所管外を視察に来た・レベル低いねー』と思われたくありません。

元職の議長と現役の議運委員長のいる委員会でこれは勘弁であります。かなりみっともないので、余計な質問は勘弁して頂いて、金沢市役所内で行われる本来の総務所管の中核市移行についてをメインとすべきでありましょう。

12日は金沢市宿泊・・・・13日は奈良市に移動して中核市について視察して大阪に移動して宿泊・13日は大阪から西宮市へ移動視察そして茅ケ崎へ帰宅となります。

今週も金曜日までUPは有りませんが、FBにて動向は報告いたしますので右欄の関連リンクの下にあるFBからアクセスして見て下されば幸いです。

10月予定も金曜日夜移行に変更いたします。



内様には市民の皆様への謝罪や説明はありませんでしたでした!!

今日にたいるまでの報告・現在の状況や今後の自身の進退や方針も無いので、お気持ちは理解しましたが議会としての判断材料にはなりませんでした!!

体調回復をお祈りいたします。そして早めに市民の皆様に説明をお願いいたします。



12時近くからお役所各課による議会関係の報告や打ち合わせが13時過ぎまで・・・・

13時10分から来客対応・14時遅い昼食・15時各課控室訪問打ち合わせ

17時から市外・・・・


10月10日までのお仕事

久々のUPとなりました。視察と行事事が続きデスクに向かう事が殆ど無かった訳で、失礼いたしました。

5日の午前中スタートで陸路台風迫る岡山県・岡山市に出撃開始。

全国都市問題会議(全国市長会)が6日の朝9時から始まるので、規定により前乗りとなった次第であります。



全員揃ったのは15時で、悪天の為ホテル待機でありました。途中に興味をそそる店舗発見。
写真はつかの間日差しモードです。


6日は8時30分スタートで会場である国際ホテル入りして、ユルキャラ君に挨拶と桃以外にもフルーツに力を入れている事を確認して9時からスタート。



人口減少期に人が集いめぐるまちづくりはどの様にあるべきがテーマでありました。

基調講演ドイツ文学者でエッセイニストの池内紀氏の『街の見方・見つけ方』でありました。

行政視察などと違って時間をかけてまちをじっくりと探索した場合は何処に視点をおいて見たら良いか?ヨーロッパの都市との比較や作家としての目線でお話賜りました。
僕の場合は、プライベートでもそのまちの歴史を調べてから必ずカメラを持って出かけます。スーパーや裏路地・市役所など生活感がある場所は絶対に確認して、面白そうなモノは写真を撮ります。
カメラを持って行く事で風景や地形を含めて注意力が増すのでお勧めであります。

池内氏とは哲学的な部分でベクトルが違う部分もありましたが、共通する思いもあったので収穫となりました。



午後からの法制大学デザイン工学教授・陣内先生の『人を惹き付ける都市空間とその文化力』は実に面白い内容でありました。

バフル期に坂のある土地は評価されなかったが今は地形を利用して最先端の街並みがある事。

ブラタモリはその先進的ロジックが溢れる凄い番組である事・整然として街並みから高円時寺にどに代表される雑然とした生活館あるまちが評価されている事。

ベネチアの様に水路系はダメ出しされていたが水路交通やまちを修復した事により、ヨーロッパ有数の観光地として復活した事。

歴史や文化や食はその街の重要な武器であり、使い方次第などご機嫌な内容であります。



山海筑波大学教授は、産業やリハビリロボットのお話・・・茅ケ崎市もロボット特区なので良く理解出来ます。

介護補助ロボットや農業補助などは凄いと思いますが、何も介護や農業の事例では無くても良い訳で・・・・軍隊で使用したらバトルスーツかターミネーターとなる訳で、介護補助を特にクローズUPするも何だかなと正直に思いました。

完全なる平和利用でありますように???

17時過ぎに会議は終わり、夕食をとり帰宅。



7日も9時に同一会場・西村東大教授が仕切りでパネルディスカッションとなり各市の市長と中央大学工藤教授のメンバーでした。

アートイベントなどの効果についてお話頂きました。



昼食は弁当で、その後のオプションの視察は申込していないので、13時過ぎに即帰還となった次第で・・・・


8日は午後13時30分から海岸地区まちぢから協議会主催の市民集会にオブザーバーで出席。



私でも市民の皆様の質問にほとんどお答え出来るので、お役所の発信に問題ありと思います。良い事をお役所はいっぱい行っているのにガセネタから市内に伝わるのは実にもったいない?

9日は雨天となり、海岸地区運動会など中止。

10日は以前からのお約束で小旅行となりました。

 10月4日のお仕事

10時から免許証書き換えの講習の為、文化会館へ・・・生まれて初めて地元で受けました・・・便利で早い事・スケジュールが空いた事に感謝であります。

午後からお役所にて良い事がありそうなので、関連する各部に意向確認しました。

せいせいとお江戸にて先方と話し合いや意見交換が出来る事に感謝であります。



夕方に一旦帰宅すると飼い主のタイトさと真反対にネコは一文字で惰眠をむさぼっておりました。

明日から全国市長会主催・都市問題研究会出席の為、台風迫る岡山市に出張となります。大丈夫かな!!

 10月3日までのお仕事

30日は9月議会最終日。

朝10時から夜6時30分過ぎまで、長い長い一日となりました。




議会運営が滞り、紛糾し、最後には議長はじめ、議会運営委員会正副委員長がお詫びをすると言う事態になりました。

議会運営委員会正副委員長は、議会全体の運営を考え、スムーズな運営を心掛け、皆の手本となるよう努めなければなりません。

それが議長の足を引っ張るような質問の仕方や、取り決めを守らないのは言語道断です。
茅ケ崎市議会は多年に亘り開かれた議会や議員仕事の見直しや政策的提案・質の向上を目指して来ました。
議会制度検討会で議長に諮問内容の検討結果を報告して議運で決定した申し合わせ事項を再三無視するのはOUTです。

他市では委員長不信任となる事例が多数存在します。

なにより大切なのは、人の意見を真摯に受け止め、反省し、態度を改める姿勢だと考えます。

運営が滞ったおかげで、理事者、職員、傍聴者、そして我々に対する迷惑を考えてほしいものです。

まったくの時間のロスでした。


最後に、須賀議員の東京都迷惑防止条例違反で逮捕に対する問責決議が、14対12の賛成多数で採択されましたことをご報告いたします。

須賀議員に対しましては、9月1日に問責決議が全員一致で採択されたものの、その後何の連絡もなく、議長名で催促を促し、ようやく返信が来ましたが、充分な態度表明もなく、今日まで至っております。

その間、一度も顔を出さず、報酬は振り込まれている訳で、何らかのアクションをして欲しい、議員としての説明責任を果たして欲しいと本日最終日に、もう一度問責決議を提出したものです。

ご本人は、心身症になり、まずは自分の体を治してからと訴えております。

本来であれば、9月21日以降に須賀議員が事務局に郵送して来た文面に対して議長が意図したものではない」と議運の中でハッキリと議長が明言した訳ので、問責決議は議長が発議するべきと思いますが、2回共違ったのは誠に残念でありました。

この議案に反対した12人の議員の会派の討論は、的を得てるものではありませんでした。(絆ちがさき・公明ちがさき・市民自治の会・松島議員)


特に不明瞭な討論はフェミニスト関連で女性の権利や同権を強く主張し続けている小磯議員の会派で、9月20日以降で提出された内容は認めないが再度の問責は反対と言う内容でさっぱり判りません。

通常問責や勧告は何度も行い、ダメなら辞職勧告となります。報酬についてもロジックが不明瞭でした。。。

仲良しこよしの議会でなく、是々非々でものが考えられる質の高い議会であって欲しいものだと、痛感しております。
議長の公平なる采配に期待し、チーム議会を構築していく事を切に願うものです。
と言うわけで、長い長い一日は終了いたしました。



なお、討論について以下の通りです。

新湘風クラブを代表して各委員長からご報告のありました認定1号から議案第94号まで総て賛成の立場で以下、若干の意見を申し上げます。

認定第1号・平成27年度一般会計歳入歳出決算については、歳入において経常的収支の増加などに国策プラスの担当部の努力が見てとれます。
また、担当課の平均経験年数が少ない中で県下有数の徴収率を達成された事に対して敬意を表します。

歳出においては、人件費・物件費は政策の拡大により予想どおりの増加となりました。扶助費についても同様に増加となりました。
投資的経費については本庁舎整備再編事業費の増加が要因より大幅に上昇しました。
総合計画の残された10年に行うべきメインの事業の峠は越したと言えますが、新たな国家的規模の問題に対応する準備と施策を並行して推進しなくてはいけない年度でありました。財政的にも硬直化が進む中で様々な取り組みを行った事は認めますが、明らかに後手に回った対応もあり、要因を追求して行くと複雑化した各計画との連動性を共有しきれなかった事・人員及び幹部の不足・事務事業の増大・社会状況の変化等に行きあたります。

繰越明許費や事故繰り越しも減少傾向となりましたが多数存在しています。
27年の後半から表面上の理由以外に拡大し続けた事業の優先順位を定めた事による計画の先延ばしなどに資金不足に陥った事がわかる内容もある事も見てとれますが適正に運用に努めて頂きたい事を指摘させて頂きます。
また、不用額などを見ても28年度の政策的経費に充てられる部分は少なく27年度以降の財政面においての息苦しさを予見する内容となりました。

第3次実施計画と合わせて経営的な視野を取り入れ長期戦となるであろう都市間競争に勝利すべく、事業の見直しや廃止も視野に入れ仏に魂を入れる施策展開を行い後世に付けを残さない様に努めて頂きたい事を強く要望いたします。

議案第70号一般会計補正予算(第3号)では市民文化会館再整備事業47億2千万円が計上されました。
当初の整備再編計画から6年遅れのスタートとなり、物価・人件費の高騰や文化会館の性能や特徴も堅持しつつにリニューアルによる付加価値の増加を根拠とした事について理解いたしましたのでブレる事無く確りと進めて頂きたい。
議案第72号については茅ケ崎市歴史文化交流館の用地取得の補正であり、様々な補正理由は理解する処だが、当初予算に計上しても良かったのでないかとも思える内容であります。予算編成時における議会対応の部分を考察すると若干の違和感がある事を申し添えておきます。

議案第76号茅ケ崎市のまちづくりにおける手続き及び基準等に関する条例の一部を改正する条例については既存の条例の変更であり、社会状況の変化に対応した内容変更でバランスも良いと評価いたします。

議案第77号 茅ケ崎市緑の保全及び緑化の推進に関する条例の一部を改正する条例は既存の条例の改正であり、改正の手法に問題は無いと判断いたします。
また、市内の現状に合わせた実効性のある緑地保存手法を求めた事を評価いたします。
議案83号から87号までの茅ケ崎市職員の各種休業や休暇に関する条例については上手く運用するとモチベーションが上がりそうな内容で政府の働き方の政策に連動していますが慢性的な人員不足・新規事業・事務量増加を考察すると、自己啓発やスキルアップの為の制度などは他の職員の負担になってしまう可能性があります。抜本的な職場環境の整備無しでは運用不能となる可能性も否定出来ない事を申し添えます。
議案第88号 茅ケ崎市職員特殊勤務手当条例については、バランスが良い内容であり、特に消防署員に光を当てた事を大いに評価いたします。
以上で討論を終わります。


閉会後移動する職員にお礼!



議会閉会となり会派反省会前にJPSA幹部の皆様を表敬訪問させてい頂き暫した談笑。

初めて板を買う時『ミッキー川井のサーフボードの魔術師』と言う入門書を4日間見続けた事を思い出しました。



10月1日は10時から茅ケ崎市表彰式・茅ケ崎市技能者表彰式に出席いたしました。
頑張った方を表彰する式典は大好きです。



消防団活動・保護士さん等地方自治は多くの人々の献身的な活動により支えられています。

また、産業の発展にマイスターの存在は欠かすことの出来ない訳であります。

表彰された皆様、誠におめでとうございます。

パークで行われているJPSA・クリオマンション・茅ケ崎ロングボードプロを表敬訪問いたしました。

去年はホノルル市姉妹都市締結1周年記念イベントとして、今年は神奈川県シープロジェクとして茅ケ崎市の発展を含めてJPSAに協力して頂いています。



茅ケ崎勢は順調にR2をクリアーして明日からトップシードと対決します。



茅ケ崎サーフィン協会も総ての茅ケ崎勢に熱いエールを送っています。明日も楽しく観戦できますので、遊びに来て下さい。



夜はJPSA茅ケ崎ロングプロのメインスポンサーであるクリオマンションさんによる本日のお疲れ様会でした。

明治・日大OB会となりました。
今年もスポンサー頂き、誠にありがとうございました。

10月2日・・・今日から茅ケ崎市文化祭が1カ月の期間で行われます。



僕は日舞大会にお招き賜りご挨拶させて頂きました。



昼からJPSA茅ケ崎ロングプロ閉会式に来賓としてお招き賜りました。




男子は茅ケ崎賞のプレゼンターとして茅ケ崎アロハを、そしてご挨拶では、JPSAとメインスポンサーのクリオマンションと総ての選手に心から感謝すると同時に茅ケ崎市のビーチカルチャー発展に寄与して頂いた事に敬意を表しました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
入賞された選手の皆様、おめでとうございました。



JPSA茅ケ崎ロングプロ、ファイナル前には、市長が牧野選手の激励にお越しになりました。



支部が一丸となって牧野プロ以下総ての選手を気合で応援しました。

鈴木プロ・増山プロ・斉藤プロ・田沼プロもR3以上と大活躍で大いに盛り上がった。



JPSA茅ケ崎ロングプロは地元茅ケ崎の牧野選手が、R1から知的な戦略と経験そして技を大いに発揮して4位に入賞いたしました。

おめでとうございます。

夜は祝賀会となり良い感じ・・・月曜日は休暇頂きベッドでガリバーでした。