☆平成29年3月過去ログ☆

 3月30日のお仕事



今年はこの3本が主力アイテムですが、この処、出番はありません!

午前中は来客・母親の世話など・・・・



午後から河野太郎事務所にて打ち合わせをガッチリ行いました。

16時から漁港へ。



茅ヶ崎市漁業協同組合の総会にお招き賜りました。


ここ数年、キスは獲れなくなり、サバやイワシやシラスも減少しているそうです。ワカメは良かったとの事!温暖化の影響でしょうか?


そんな中で漁師さんは頑張っているのですが、近年、、マナーが異様に悪い輩が夜中にBBQなどを構内で行ったりするケースが増えているとの事です。

余りに酷いと全国スペック同様となり厳しい立ち入り禁止となる可能性もあります。

非常識な人には『ここはダメだよ』と啓発して下れば有りがたいです。

非常識は止めましょう!

茅ヶ崎市に春夏秋冬の食材と伝統を提供して下さる大事な産業ですからね




今年退職される朝倉部長も最後の総会出席でしたが、飛砂による漁港への滞積問題や漁港の安全性確保など最後まで仕事をされておられました。

長い間、お疲れ様でした!


 3月29日のお仕事



寒波のお陰で晴れても風が寒いこの頃であります・・・中央公園桜祭もこんな風景で行われた訳で・・・桜前線何処に?と言った感じです。

とは言いつつ、圏央道が便利になったこの頃は。海岸に海文化素人が多数お越しになられる様になり、トラブルが増加して来ています。

●漁港でキャンプをして入港した漁船の邪魔をし注意すると逆切れ。※国内で漁港内で釣りをされてくれるのは茅ヶ崎だけ!

●漁港パーキングに時間外まで止めて出られないと船宿に文句。

●違法駐車

●ポイ捨てBBQ 炭・ゴミ放置・迷惑行為・アルコール中毒による搬送

●飲酒海水浴

●コンビニ車中泊

●カヌーやジエットのルール違反・地引網や定置網に入ったり・漁船の航路を妨害したり。

●密漁・・・えぼし岩でゲットして動画UP・網を曳いたり

夏本番前のGW頃から、取り締まると言うより行政・警察・市民が一体となって啓発活動をして、ビーチカルチャーを知らない方々に、正しい海の遊び方を発信しないとダメでしょうね。



と言う事で民間企業のGSMジャパン様が啓発についてアイデアがあるとの事で、環境保全課と打ち合わせ・・・・纏まると面白いかも知れません。

意見交換終了後、退職される職員に挨拶まわりさせて頂きました。



処で消防団では随時団員募集を行っています。究極のホランティアである消防団は定員確保が大変であります。

我と思わん方々、如何でしょうか!地域でガンバル仲間が優しく迎えてくれるとおもいますが!

人口増加に伴う新規分団の設立なども市民からあがりますが、御自分の地域で消防団員を20名集めて下さればお役所も大感謝で詰所をつくって下さいます。

詰所をつくれば分団が出来るとの発想はNGプラス認識不足です。



 3月28日のお仕事

30日に顧問を務める漁業組合の総会があるので現地確認。



6号水路(ショップ下付近)の延長工事はトータル20mで完了しました。

中海岸側の砂が、漁港側に移動する事を防ぎ白樺から海水浴場手前に砂を定着させる作戦です。



サーファーにとっても何だか良くなる気配がありますね!


午後からお役所入り・・・・政務活動費の仕分けや退職される幹部の皆様にご挨拶させて頂いたり・・・・20数年間、議会と行政と立場は違えど同じ釜の飯を食べた訳でありますし僕より年上の方も少なくなって来ましたし。

桜の咲く季節は別れの月でも有る訳です。


純然たるボランティアの方からの陳情処理も上手く行きました。

良い事の先に既得権発生などが全く無い場合、事はスピーディに進むのであります。

小出支所・消防本署をまわって帰宅となりました。

 3月27日のお仕事 



午前中からお役所入りして会派の活動報告原稿をタウンニュースに送付したり、ダブルブッキングしている予定の組み換え・政務活動費の〆などコツコツと年度末しています。


政務活動費なんて聞くと『いっぱい貰っていて自由なんでしょー』とか思われるでしょうけど、茅ヶ崎市は平成7年頃まで月額5千円で・総て領収書添付でした。

ここ何十年かで、月額4万円となりましたが、やっぱり領収書添付プラス使用目的が明確にしてあります。

式典や総会出席費なんかNG・自分の政党の広報紙もNG・視察は事前に目的・ルート・宿泊先を会派会長・担当職員・主幹・次長・局長・議長までの決済が必要となります。

また、単価3万円以上の備品もNG・旅費規程を超えた施設等に宿泊の場合・差額自己負担であります。

それでも、落選したEなどは、先進市視察でその自治体の市役所に寄らずに民間施設に出かけたり・・・・当然実費! 浦安市の視察に出かけて行政に寄らないでデズニーランドに行ったのと同じであります。

集合時間に遅刻して事務局に報告せずルート変更して予定の無い市に宿泊・翌日合流・・・そもそも社会人として失格・この議員さんには厳重注意で実費にして頂きました。

視察事後報告もNG・・・命令書も無いのに勝手に出かけたら公務災害にも該当しな訳ですから

上記は僕が議長時代で、決済段階でOUTしましたが、当人から反省は無くブツブツと文句や不満言われました・・・・お陰で記者会見も辞職もしなかったのだから感謝して欲しいです。

今でも本質が変わらないなら実名で総てを書いても良いかななんて、少しだけ思ったりしてます。

午後から来客対応・担当課との打ち合わせ・新規広報関係の資料作成など雑務全開モードでありました。
 
 3月26日までのお仕事



24日は臨時会を含めて40日以上の議会が終わり朝一から少しだけ心の余裕が出来たので30分程、飼い猫と遊んで上げました。

もう7歳以上なのに嬉しそうに庭を駆け回ったりとイタズラ猫に変身!

午前中にお役所入りして残務処理など・・・夕方から送迎会に出席して帰宅。
25日はオフ・・・・夕方から会食。

26日は中央公園のユルキャラパーティーなどを予定していましたが雨天中止となり家事雑務処理となりました。


3月23日までのお仕事

22日は定例会最終日に備えてお役所にて雑務など・・・



夕方から茅ケ崎市役所日本大学・桜友会による送別会にお招き賜りました。
今年度は茅ヶ崎市が劇的に変化して行く時代を経験された2名の先輩が市役所を卒業されました。心から敬意を表します。

最後は日本大学校歌と日大節と拍手を持って送らせて頂きました。



23日は本会議最終日で会派を代表して予算編成・各議案についての討論を行いました。


以下が討論の内容です。

新湘風クラブを代表して施政方針及び予算編成・各議案について賛成の立場で以下、若干の意見を申し上げます。

市政方針については、社会情勢の不安定感を十分に認識されている中で、ビックプロジェクトや保健所設置等により、苦しい財政状況の中、確りと優先順位を定めた事は評価いたします。

しかし、第4次実施計画や新たな新総合計画を控えている割に、ドラステックな見直しを視野に入れても良かったのではないかと思われます。

新規の事業として待機児童解消と次年度小児医療費の一部負担による小学校6年生までの拡充をメインとされました。

昨年の3月議会では次年度4月1日からの小児医療費拡充の付帯決議に対して、かねてより段階的な拡充を要望しており履行されている事・予算根拠も無いのに期日を限定した事・国策を含めて第一優先は待機児童解消にすべきとの判断により、予算案の伴わない付帯決議には議会人の良識として反対し、予算要望では待機児童解消と並行して一部負担を視野に入れた拡充を早期に行う旨を要望いたしました。

29年度施政方針・予算案は、当に新湘風クラブの政策判断と一致した施策を展開する事なり、関係各位の努力に対して最大限の敬意を表します。


待機児童解消については、直近の関西方面での事件報道で会派が指摘した質に関する注意が必要である事が明確となりました。量も必要であるが質の部分について特段の配慮を強く求めます。

学校教育については、教育基本法の改正の本旨を全うすべきで、教育委員会が現場の代弁機関として業務を行うのでは無く、現場と行政・地域の掛け橋となって、現場において教員としての本来の仕事が出来る環境を構築する事が茅ヶ崎市の将来の希望である新たな人材の育成に繋がると考えていますので更なる努力を要望いたします。

次に保健所設置でありますが、いよいよ業務が始まりる事となりますが、全くの新規事業となる事を踏まえると運営に不慣れな部分もあり多く改善点や修正が行われて行くと推察いたします。

これらについて会派としては早期に報告・改善を行う事でそのキスルを上げて頂きたいとの観点から寛容に対応したいと考えています。

議決した以上、より良い保健所を目指すベクトルは議会にとっても責務であり、適時早い報告や改善案を示して頂く事を求めます。

道の駅を含めた134号線沿いの利活用については施設設置を主眼とするのでは無く、茅ヶ崎市のPRによる長期的効果を視野に入れて頂きたい。

また、茅ヶ崎市だけでは無く湘南地域のゲートウエイとしてどう有るべきか、市外から見たマーケテングを行い、基本線を押えた中で自由闊達に推進して頂く事を要望いたします。

人口減少を乗り切る為に、他市には無い付加価値を何処に求めて行くかについては、単純な行政サービス合戦を好まない市長の姿勢については、評価と敬意を表します。

総ての施策が連動して茅ヶ崎市のアイデンテティーを国内外に発信してこそ、新しい自治体経営と言えると考えます。ストーリーと夢を持った発信を強く求めます。

行政組織に関しては、ここ数年、大量の幹部職員の退職が続く事・保健所開設・多様性に対応する等、職員への負担が増加傾向にある事は御承知の通りです。

幹部職の育成について良しとしますが、過去の経緯や議会対応を確りと後任に引き継ぐ事に関して欠落していると思われます。

担当が変わったから判らない・引き継ぎがされていないなど理由になりませんし、この様な事態となった場合、徹底的に追及して行きたいと考えていますので特段の配慮を強く求めておきます。

また、働き方の見直しについて言及されておられましたが、今年度は我慢して第4次実施計画に合わせて改善するとの方針であると理解いたしました。しかし、見直しの為の一時的事務量増加は如何なモノかと問題提起させて頂きます。

職員数については物件費の増加の中に苦労の後が見て取れます。人材確保については攻めの展開を行い、大規模な組織改革による所管の見直し検討を行われる事を求めます。

更に市長は就任当時にボトムアップによる運営を公言されておられましたが、ここでまたボトムアップについて言及されました。この事は重要で2度目の言及でありますから、市役所一のベテランは時に部下の言葉にシンシに耳を傾け、最終的な責任は市長が取るとして自由な発想を引き出す事にも取り組んで頂きたいと要望いたします。

中核市移行については、次期総合計画に確りと位置付けると同時に保険所運営の結果を検証して行くとの事と理解いたしました。極めて賢明な判断であり市長の柔軟な判断に対して最大限の敬意を表します。

次に議案第14号 茅ヶ崎市情報公開条例の一部を改正する条例については、自治基本条例の上位法として一つに纏めた事を評価いたします。

議案第28号29号の工事請負契約の締結については文化会館の改修です。本工事も含め改修工事は時節柄、人気が薄い事に関する認識が甘かった事について指摘させて頂きます。

議案第24号茅ヶ崎市民文化会館条例の一部を改正する条例については、改修に合わせて他市水準に使用料等適正化するとの事で適正な判断であると考えます。

時間延長や利用方法に拡充姿勢が見てとれますが、現場対応を含め値上げに御納得頂ける様に努めて頂きたい事を申し上げます。

以上で討論を終わります。




本会議終了後、市長以下幹部による会派挨拶・全員協議会・代表者会議・移動職員慰労・議会制度検討会・見舞い・会派打ち上げと続きました。

3月21日のお仕事

昨今の世の中は物騒で、テロは他国だけの事と思っているのは余りに無防備だ・・・・オリンピック前に与党は急いでいる訳でありますが。

「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議では、一般の人が取り締まりの対象にならない事を分かりやすく説明できるかが焦点となる。

「話し合うだけで罪になる」との不安をあおる反対派との世論戦もカギを握る。反対派の市民団体はさらに曲解に満ちている。

国会内で開かれた抗議集会で、反対派の弁護士や大学教授らは「どんな市民団体も狙い撃ちされる」「私たちにやいばが向けられた」と極論を展開。

反対派の市民団体は21日に官邸前で行った集会で、いまだに「話し合うことが罪になる共謀罪NO」の横断幕を掲げた。

14日に国会前で行われた集会でも、共産党の山下芳生副委員長は「同僚と一杯やりながら『あの上司ムカつくね、今度やっつけてやろう』と合意したら罪になる」と決めつけた。

反対派にはこうした曲解と扇動の言説があふれている。

国民の生命と安全を守る為の論議はそっちのけで、いつものパターンで陽動している姿は一昔前のプロバカンダですが、慎重な審議を行うには良い圧力でありましょう。

 3月20日までのお仕事



17日は茅ヶ崎小学校卒業式に参列いたしました。
御卒業誠におめでとうございました。

午後からお役所入りして簡単な打ち合わせ!



18日はオフとさせて頂きました。夜から南房総市に出撃・・・・新築お祝いやら、ここ数年絶景とお食事でお世話になったカフェの閉店などがあり、後輩諸氏の隠れ家に参上。



19日は、朝一はトレーニング・昼はカフェにて最後のお食事・・・夕方から帰宅ルートに乗ったが館山道入口から大渋滞で22時過ぎに茅ヶ崎到着。

20日は家事男に変身して冷蔵庫掃除・洗濯・雑草取り・食期洗いと終日忙しかった。

東京都議会の百条委員会が始まった・・・・僕は百条委員となった事がありますが、そんな簡単に結論が出るモノではありません。

関係する参考人を何回も委員会に出席を求めて少しづつ固めて行く訳で、たった一回・前知事を呼んで結論が出ると言った内容ではありません。

委員間で問題点を整理して方向を絞って、必要な証人を呼んだり、討議したりとします・・・たった一回でマスコミ騒ぎすぎだし、即、結論は出ないのに不毛の憶測を公共電波に乗せているのも何だか不思議であります。

政策上の決定に関する責任は自分にあるとしている訳ですから、妥当性有りや無しやでは無いでしょうか?

森友学園も不思議で、喚問を楽しみにしています・・・

 3月16日のお仕事



10時から都市建設常任委員会が開催され広瀬議員が会派を代表して出席しました。
主な議案は新湘南高架下の国からの移譲で、お国は管理を含めて当該自治体に移譲を進めてスリム化している方向にあります。

委員会終了後、全員協議会・代表者会議・議会制度検討会と続きました。




全員協議会の議題は自治基本条例のアクションプランの修正点だったが、行政側の解釈の方がベストでした。

報告事項の方が興味がありました。中央公園の改修途中経過・ネーミングライツの基本的考え方・寒川町との広域消防などは、報告の後、別途ヒアリングする事にした。



代表者会議後の、議会制度検討会では、決算事業評価の在り方について・・・現在のパターンは他議会と比較しても進んでいるが、行政側の事務事業評価や業務たなおろしの簡素化の流れや、点での事業評価となりがちとなる事を踏まえて、そろそろバージョンUPを視野に入れる必要がある。



基本、決算は認定であるから、評価を次年度に反映させるのも、若干無理がある訳で、議会の権能の強化としてのツールである事を考慮すると微妙な部分もあり悩ましい・・・・

また、質問で財団などの個々事業を聞くのは本来NGであり、監督を行うにあたっての質問となる訳だが、最近、デタラメになっているので議長からの諮問事項となり議題とした・・・・議長は強力な議事整理権を有するので、諮問では無く、その場で制止して欲しいと心から思ったり・・・だから徹底して欲しい旨を伝えた。


 3月15日のお仕事



10時から教育経済常任委員会傍聴でありました。

付属機関設置条例は農業委員会委員の有識者枠が無くなる件等について、

文化会館条例の一部改正では、文化会館の受益者負担について慎重に審査が行われたました!


文化会館の改修にともない、施設の利用時間延長や近隣市との利用料金比較を行い、適正な価格を設定したとの事で、少しばかり値上がりとなっていました。

採決の結果、一会派が否決の賛成多数で可決された。

会議終了後、会派会議を開催して決算事業評価の在り方等について意見交換を行ったが、色々とクリアーすべき点もあり研究となりました。

総務部長打ち合わせ・市内企業訪問・農業水産課長打ち合わせ・環境系報告等が続き17時30分退庁。

18時見舞い・19時友人訪問の後21時帰宅。


 3月14日のお仕事

国会がまた政治献金などで揉めています・・・・・

業界では、医療団体や学校法人系等、ある一定の団体については注意が必要なのは常識であります。

森友学園デタラメです。恐らく最強の部類に入ります。NG!!

過去にここから献金されても当時はこのデタラメが判らなかったのでしょう。
しかし、何度か会話すれば『危ない人だ』位は判るハズでしけどねー。

また、過去には攻める組合系議員さん方の献金も相当デタラメでした。

電力系議員は電力会社から献金され原発反対と言いながら裏で推進とか、自動車系では、秘書給与の2重支払いと子会社等に割り振りして3億円近いお金を頂いていたり・・・・

献金イコール口利きが出来る様な御時世でも無い、何やってんだ!と言った感じで、重要法案の審査して下さいと言いたくなります。

何とか党はブーメラで自分の処に戻って来るばかり・・・。

8時過ぎから来客・見舞いなど!



花は人の心を和ませますね。色々とお気づかい賜り感謝申し上げます。

夕方からお役所入り・・・・大分前から事務量の見直しを提案していた処、お役所の事務事業評価や業務棚卸が簡素化されました。

従前からの議会が行っている決算事務事業評価が流れに合わなくなる恐れが濃厚だけに思案のしどころであります・・・打ち合わせ!


3月13日のお仕事

人間は年齢を重ねると如何してもやらないといけない事が沢山あります。
今日はそんな一日で7時頃から夕方まで出たり入ったりとなりました。

取りあえず本日は結果オーライでしたが、明日は明日の風がどの様に吹くのかサッパリ・・・・

何だか極東アジア情勢みたいでザワザワしてますが、これも修行であります。


 3月12日のお仕事



10時から日本サーフアカデミー高等部の卒業式にお招き賜りました。
今年も1名の卒業生が酒匂から旅立ちました。
前途に幸あれ!おめでとうございます。

夕方から圏央道を北に向かって出かけました。



生まれて始めてお邪魔した次第で、つくづく世の中便利になったーと実感!

夏は如何だか判りませんが、スイスイと快適でした。八王子も高尾山も横浜に行くのと変わらない。

次回の実験は何時になるか判りませんが、高崎方面まで調査してみたいです。

 3月11日のでのお仕事



10日は市内公立中学校の卒業式でした。



僕は母校第一中学校にお招き賜り、教育長と御一緒させて頂きました。

今年の卒業生は250名を超えていて皆様カチッとれておられました。

何だか合唱等にも3年間前向きに過ごしたパワーがあり、卒業式自体に品格があったと思います。

卒業生及び父兄の皆様!御卒業おめでとうございます。

可能性溢れる皆様は夢や想いも持ってこれからのキャリアを積み上げて下さい。

午後からお役所入りして打ち合わせなど・・・・・

土曜日は終日オフでした。


 3月9日のお仕事



10時から環境厚生常任委員会のに傍聴でした。

保健所設置に関する条例が多く、開設準備にあたり行政側がヒーコラしながら3月議会に提出された苦労が見てとれました。

ケアセンターの指定管理者の選定につい競争は無いにしても、もう少し詳しく問題点の解消法などを明記すべきと思われましたが・・・



委員会終了後、私用にて市内ウロウロ・・・ネコは飼い主と違い平和そのものでありました・・・

 3月8日のお仕事



10時から総務常任委員会に出席いたしました。

職員定数UPは、保健所設置・来年からの救急隊の増設・病院の検査関係による増で、現在、再任用や物件費に含まれる臨時職員で業務超過に対応している部分が若干楽にはなるが、『働き方』を考えると今年も忙しいだろうと思われる。

情報公開条例の一部を改正する条例は、自治基本条例の定期的な見直しに従って、上位法である本条例で内容を統一化させていて、これでスッキリとしたので評価してます。

臨時職員の費用弁償については2年前に和解の締結まで行って問題となった案件であり、当時の議会で『早急な対応』を指摘されていたハズだが、2年間も改善に手間が掛かった・・・・50名について妥当性等を綿密に調査したとの事ださうだが・・・その間の対応は如何していたのだろうか?

特段問題が無かったので、急がれる他の案件を処理したと理解しているが2年前の委員会を忘れたとしか思えないので、この点は要注意。

工事請負契約は文化会館の改修の設備・電気関係の分離発注2件で、改修工事の人気薄が手に取る様に判り、お役所側の苦労が理解出来ました。

入札価格も適正でありました。


 3月7日のお仕事

朝一は所用。



10時から決算特別委員会が開催されたので、控室モニターにて傍聴となりました。

午前中は各特別会計・午後から病院会計の後、総括質疑・採決の流れ。

特に総括は市長も出席するので予算全般で各方針との正誤性等、大枠での政策的内容を中心とするのだが・・・・・

各会計は審査の結果、全会一致で可決いたしました。

終了後、総務関係の議案関するヒアリングや市立病院訪問などで帰宅は18時30分。その後会食があり22時帰宅・・

処で久々に今昔写真をUPいたします。北朝鮮が変な事をしてますが!



昭和20年終戦後、旧辻堂海岸海軍演習場からパークの周辺はアメリカ軍の演習場でありました。小和田浜(チサン)周辺の珍しい写真です。

戦車と学生服の中学生?と茅ヶ崎海岸・・・戦車は似合いませんね!


 3月6日のお仕事

10時から予算特別委員会傍聴でした。



施政方針のロシジックから予算編成の是非を考察し、総合計画の実施計画や新規事業の必要性などを審査して欲しいのでありますが・・・・


例えば、『ゆかりの人物館』ですが、元々、別荘地の名残りがある場所で開高健記念館のお隣であった事・当初の計画では地続きにしないつもりだった事・集客施設では無く、その雰囲気を小中学学生を踏めて多くの人にまったりと感じて頂き、過去・現在の茅ヶ崎の偉人達に思いをはせるような場所にしたいがコンセプトだった様に記憶しています。

開高記念館も保守点検を含めて、少しばかり拝観料を頂けたらと言った感じでこの施設から収益を上げる目的では無かったハスで、過去の全員協議会で多くの議員が質問して同意していたのに、何で入館数だけで判断しているのか不明です。

過去の議事録や経緯を調べてから聞かないと論点がずれるばかりで、隣接する青山画伯のアトリエを早く購入してもらいたいと言う質問は無くがっかり・・・
予算審査にあたってのヒアリングや論点の整理甘いのかも知れません。答弁側も過去の論議について言及しても良いのではと思いますが・・・

厳しい質問もあり、職員配置などアレッと思う部分に突然ドスンと言及したりとスリリングな場面もありますが・・・・

所管外・予算審査外・関連などは委員長が適正に修正するのだが、今回は垂れ流しなのでどうも締まらない。

夜から大先輩の通夜式・・・お写真を見ていたら、色々と思いだして実に悲しくなりました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。


 3月5日までのお仕事

3日は予算委員会傍傍聴!



委員会室に行かなくても聞けるので実に冷静に判断出来ます。



森友学園で大騒動となっているでありますが、予算委員会で利益誘導的な質疑を行うのも勘処が悪いと言うのか違和感全開でした・・・

4日は終日雑務処理・プライベートでもやる事が多くて困ります。


5日は9時30分から茅ヶ崎市体育協会『スポーツ人のつどい』に水泳協会会長として出席いたしました。



水泳・柔道・テニス・一輪車・サーフィンの種目はかなり強力で世界や国内でも活躍しています。
また、各中学校の部活も良い感じでした。

功労賞・優秀選手の皆様、おめでとうございます。


最優秀(スポーツ大賞)はリオ五輪シンクロ団体3位の小俣選手と全日本サーフィングランドチャンピオン2連覇の山本竜平選手でした。益々の活躍を期待してます。



また、冬季五輪スノーボードハーフパイプ強化選手で現在日本ランキング2位の浅谷選手がトリで紹介されました。大期待の選手であります。



紺半の茅ヶ崎市スポーツ人の集い記念講演は日本大学スポーツ科学部講師でリオ五輪・棒高跳び7位入賞の澤野大地選手!

アスリートととしての心構えや感情のコントロール・そして感謝の心についてお話頂きました。本当のアスリートは凄いの一言!!


閉会後のお礼を申し上げた処、『小山学部長からもよろしくお伝え下さいとの事でした!本日はありがとうございました。』と実に丁寧な返礼を頂き、誠に恐縮でした。



市内の若い選手に夢を与えて下さった日本大学スポーツ科学部及び本部に心から感謝申し上げます。



服部市長の春の集いにお招き賜りました。12時からでしたが、澤野大地選手(リオ五輪棒高跳び7位入賞)の記念講演だったので遅参となりました・・・
確りと市長にご挨拶させて頂きました。ご機嫌な笑顔の一枚となった!


14時過ぎから後輩と遅い昼食・そして市内各場所に訪問して20時帰宅でした。


 3月2日のお仕事



予算特別委員会が始まりました。控室のモニターで傍聴しています。

若い構成での質疑となっていて、歳出の審査なのに歳入に触れたり所管外だったりとブレますが、鋭い質問もあったりします。

答弁側も始めての職員が居られたりとギリギリですが、最低限のルールは双方で守らないと締りのない委員会となってしまうので心配でありました。

事業内様等については予め勉強しておけば中身など聞かないでポイントだけ一問一答で聞けるのですが、形容詞も多い様で行政側も何度か何を聞きたいのか確認していたりします。

 3月1日のお仕事

10時から代表質疑2会派・午後から無会派3名・持ち時間30分で個人質疑が行われた。

昨日と同様でポイントは皆、同じ。皆様、同じ部分を注目していると言う事でありました。

終了後、予算特別委員会設置と正副委員長の互選が行われて会議は延会。