☆平成29年8月過去ログ☆

 8月8日のお仕事

中国の王毅外相が河野太郎外相との初会談の冒頭、「あなたの発言を聞き、率直に言って失望した」と反発した。

 これに先立つ東アジアサミット(EAS)外相会議で、河野氏が南シナ海問題をめぐり中国を批判したことをとらえたものだ。

 王氏はさらに、「米国があなたに与えた任務のような感じがした」とも語ったという。一国の外交の責任者に対し、礼を失するにもほどがある。

 
河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と切り返した。

アジア情勢は中国の台頭により流動的であります。他にもアメリカ・北朝鮮・ロシア・EU・中東と問題は多く多難であります。

我々外務大臣の地元は後方の憂い無く、激務に全力で邁進して頂ける様に貢献して行きます。


 8月7日のお仕事



朝庭で近所のチビッコが水遊びをしておりました・・・・お盆が近いのですねー。
お役所入りして予算要望の堪忍や陳情処理をグダグタと4時間ほど行いました。

お役所内は台風接近もあり、何と無く雰囲気が違います・・・次年度の予算や実施計画もあり多忙の中での台風接近ですから、絶対的に忙しい訳です。
15時頃から市内訪問となり、ボディメンテの後、一旦帰宅。

お役所は、消防は勿論、防災対策課・下水道部の一部・道路管理課はお役所待機・他の担当は自宅待機となりイザの場合、それぞれ配備先に出動できる様に備えておりました。



20時頃にお役所に行ったらこうこうと明かりが点灯されていて不夜城化していました。

明日も被害確認や復旧プラス通常業務があるので、本当にご苦労様であります。

一夜明けて気になる海岸線のチエックに出かけました。



台風後の海岸漂着ゴミの70%は河川からの流入でありますが、予想以下の雨量だったので細かなゴミは風に飛ばされ奇麗でありました。



海の家も漁港も風による被害は目視では無い様で一安心。

パーク前の波も大きく無くジャンクでした。ただ流木等の危険があるので良いコンデションとなるまで控えた方が良いでしょう。

風強く異様に蒸し暑いので本日も熱中症注意です。

 8月6日までのお仕事

3日金曜日が現地確認。



2日の夜間、漁港にバイクで転落してお亡くなる悲しい事故が起きました。

今年に入って数回バイクが港に沈んでいたのが発見されています。

基本、安全確保の上で漁港内は全国的に立ち入り禁止となっています。

特に夜間は危険ですし、最近では船に悪戯をする輩やキャンプをすると言った犯罪的行為が多発との事なので再発防止を兼ねて立ち入りは止めましょう。

特に漁船に対する悪戯や備品盗難など深刻で、暗い港に数人の外国人を発見した報告も受けています。

また、子供が転落してるが判らず釣りをしたりキャンプを漁港内行った等、県央道の影響でしょうか、ビジターの方が多い様です。



土曜日は午後から後輩宅回りの後、夕方から花火大会会場にお邪魔いたしました。協賛席から始まり先輩の店舗までクルッとご挨拶して大盛況の花火を堪能して帰り際に数店をご挨拶。

経済効果は抜群と思われます。チビッ子からお年寄りまで楽しめるイベントは良いですね!



日曜日はタイドカップお手伝い・・・今年も良いコンデションでファミリーイベントが盛大に行われました。夏本番で実に熱い日でありました。



15時から都内有名企業の方と打ち合わせ!
16時から市外打ち合わせ。



台風5号の進路が心配であります・・・・太平洋沿岸に蓄積されたエネルギーは強力でスピードも遅いと雲海が異様に大きい。

進路に寄っては市役所職員は厳重警戒態勢となり最悪は災害対策本部設置となり市民の安全の確保と所対応の為、徹夜でガンバル事になります。



 8月2日までのお仕事

午後から来客対応。社会的には良い案件であっても立地などが問題となる事例は多い様だ。

その地域で暮してゆく以上、近隣との関係は良好となる様に努めるべき。

良い例が保育園等で、『子育て』に力を入れて下さいと社会的世論が高まっても、いざ建設となると『声がうるさい』・『送り迎えの車が邪魔』などの理由で中止となったりいたします。

実際、茅ヶ崎市内でも同様の事例がありました。確かに接道が悪い場所もあったり??なケースもあった訳で・・・

お役人さんは調整の為、ニュートラルな立場で法や条例を厳守して全力を尽くしますが板挟みは大変そうです。

また、近年は不条理なクレームも多く、担当課によっては連日の対応となります。
『学校の児童の声が煩い』とか何でも電話の嵐となる・・・殺伐とした世の中になりました。

夕方から定期通院でお終い。



2日は海に傷ついた矢鴨がいるとの事で警察・保健所出動でしたが、全然違っていて迷子のシナガチョウでした。

ガチョウは元々飛べないので不思議・・・水路付近でウロウロ・・・野鴨が矢鴨に変わって本当はガチョウ??

デマとなって行くプロセスは凄い!

シナガチョウが水路付近の砂地にいたが野生の鴨に・・・そして野鴨に変わり矢鴨になって事件性ありとなり警察出動・・・保健所対応。

結局ガチョウ君は保健所に無事保護され飼い主を探してます!

兎に角、矢鴨何て言う犯罪じゃ無くて安心!警察・保健所さんお疲れ様でした。茅ヶ崎市保健所になってから対応が早いです。脱帽!

夕方から市内各所回りで、ご意見伺いでした。