☆平成29年11月過去ログ☆

 11月29日のお仕事

10時から故根本元市長の告別式に祭列させて頂きました。根本政権に於ける3期の間、僕は民間な勤めていて都内に通っていた訳で、特に政治にあまり興味の無かった8年間の運営に印象は無かったが、最後の4年間の記憶は鮮明であります。

駅北口の整備・総合体育館・信託ビルなどなど・・・・更に議会では大規模校の解消で多数の市民に囲まれての発熱した陳情のやりとりなど!

人口は増加し続ける時代だったので、質実剛健と言うのか必要な事を確り整備する方針だったようだ。

文化面については添田時代からパンチが効いてきて現在に至っている様だが、人口流入による価値観の多様化などを巧く取り込んで進化させるべきだろう。

先人の功績を評価せずして、積み上げは出来ないと思います。

偉大な政治家にお別れのご挨拶をさせて頂きました。合掌。
また、懐かしい山本元藤沢市長にもお会い出来て故人のパワーを頂いた。

お役所に戻って最終打ち合わせを行い自宅に戻り原稿調整して本日は終了。


温かくてお出かけには最高に1日でしたが終日机で、帰宅時に塀からネコがニャーと挨拶してくれたのブレイクタイムでした。

明日の午後13時過ぎから一般質問で登壇するので大人しくしておりました。



 11月28日のお仕事

13時に副市長が控室にお越しになり、諸事に関して意見交換を行いました。
最近の世相や傾向に関しての有意義な意見交換でした。

14時から教育委員会・企画部等と打ち合わせ・原稿改定などで18時頃までPC貼りつきとなった次第で・・・・



日が暮れるのが早くなった。

根本元市長がお亡くなりなられた。

平成7年に初当選した時の市長さんで、骨のある理論派の方でした。


当時の議会はあまりくだらない内容の場合、部長級は怒るし、反問権なんて関係無く、根本節が炸裂して、泣いてしまった議員さんもおられまし、議会の花であるヤジや議事進行も強烈で、随分と絞られたモノです。

行政・議員間に一定の緊張感があり、政党色に思想信条についても議場では実にハッキリしていた事を懐かしく思いだしました。

前任の市長から斎場・文化会館などを引き継ぎ大変なご苦労をされた後、4期の安定した運営をされました。

心より哀悼の意を表します。


 11月27日のお仕事

打ち合わせの為にお役所に入るとポスターが展示してある???



小学生の人権擁護ポスターでありました・・・チビッ子達の世界観で身近な人権問題は『いじめ』となります。

いじめ問題は戦前から存在していて、僕の所見では旧軍の内務班で行われていた事に近いのが昭和時代・平成後は江戸時代の寒村プラス電子化ではと思います。

更に近年では、組織犯罪の地下化と同じでSNS等を巧妙に利用しての陰湿なケースが多くなった様です。

昔の方が加減であるとか相手を認めた場合、終わる傾向にあったのでありますが、近年はスマコミ同様トコトンやって逃げる訳で、学校と言うより社会全体の問題でありましょう。

このポスターに描かれた天真爛漫な笑いと素直な感性が成人してもあり続ければ最高かなと思いながらパチリしました。


さて一般質問も初日3番目と言う事なので詳細部分の調整が続きました。

1次期総合計画について
1 世の中の論点の変化と計画の柔軟性について
2 組織改革や途中変更について
3 次期計画遂行の為の下地づくりについて

現在の総合計画は来年から最後の実施計画となります。その後、新たな10年間の計画が定められるのでありますが、今期では第4次にしあ寄せが来ていて、社会変化に柔軟に対応出来ない欠点があった訳です。

2豊かな長寿社会の取り組みについて
1 雇用促進住宅活用のメリット・デメリット

茅ヶ崎市は衛星都市型の急激な高齢化が予想されている都市で、総ての年代でお互いを尊重しつつ超高齢化や少子化等に対応しようとしていますが、ベースをならす期間だと思います・・・大規模でリスクのある投資には複合的ビジョンが必要だと思います。

3事業や政策と広報広聴戦略
1 海岸浸食の歴史と現在・今後の取り組みについて
2 スマートフォン条例と姉妹都市について
3 自転車走行レーンについて
4 中学校へのエアコン導入と学校給食実施の優先順位

情報がリアルタイムで発信される世の中でまちの中でも過去の経緯や目的も理解しない中、様々な発信が行われるようになり、間違った情報が先行して伝わるケースが増えて来ました。関心があると言うのは良い事ですが、正しい情報を判り易く拡散しやすい様に発信する必要があると思います。

と言ったベースで組み立ててあります。

 
11月26日までのお仕事

5日間程色々あってUPが出来ませんで失礼いたしました。

21日は一般質問12時に〆切りとなり、何時もと比較すると4名程少なくなっておりました。

私が初当選した平成7年頃の平均と同じ程度かと・・・・・

僕の登壇し初日の4番目となり午前中2名なら14時30分頃3名なら13時30分頃かと思われます。

質問内容は以下の通りです。

1次期総合計画について
1 世の中の論点の変化と計画の柔軟性について
2 組織改革や途中変更について
3 次期計画遂行の為の下地づくりについて

2豊かな長寿社会の取り組みについて
1 雇用促進住宅活用のメリット・デメリット

3事業や政策と広報広聴戦略
1 海岸浸食の歴史と現在・今後の取り組みについて
2 スマートフォン条例と姉妹都市について
3 自転車走行レーンについて
4 中学校へのエアコン導入と学校給食実施の優先順位



提出後第一回目の簡単な打ち合わせ・13時30分から広報広聴委員会に出席し議会報告会の進化について協議したが不完全燃焼となりました。

その後ヒアリング・・・・・

18時30分から大船にて政策的会食となり短期間で出来上がり自宅撤退・


22日は8時40分から議運・9時20分から全員協議会と続きました。

29年度の決算となる市立病院盗難事件後動向について報告があり、27年度に盗難の形跡が無い・詳しい薬剤管理データの公表・加害者側からの全額返金の決定・再発防止が説明された。

他、第4次実施計画に向けた諸計画の素案が提出されたが、短期間でヒーコラしながら纏めた努力は素晴らしく昔と比較しても事業・事務量とも倍増している感じました。

全協は一般質問では無いので詳細は各担当と詳細な考え方などは一般質問などて゛徹底して論議すればよろしいかと?

終了後、前回議会で継続となった28年度市立病院会計の12月議会の開催方法について説明がなされた。

継続に反対した訳で聞く必要も無いし、進め方なんて既に理解していて、判らない議員を対象にしたモノであります。

29年度に発覚した訳でで28年度決算は3月31日に〆ていて公営企業会計は2カ月以内に提出となるので事件を踏まえた決算は来年出される。

大事な事は再発防止と信頼回復と加害者に対する返金と賠償請求と考えています。

継続した皆様はどの様に幕を曳くのでしょうか?????

終了後、会派に対するヒアリングや報告・一般質問関係のヒアリングと続き午後14時から議会改革をテーマに議員研修が16時30分まで開催された。



決算事業評価・議会報告会等は故新倉議員と他市状況を調べて議会基本条例を踏まえて現在の形を作り上げた訳で問題点も進化方法も知っているのでありますが、講師の先生から改めて説明して頂く事により再確認が出来てご機嫌でありました。

通年議会については職員の業務量の増加・議員の能力・常勤に近くなる等の部分をどうするかが論点でした。

幾ら新規の取り組みや会議方法を改革しても、一般質問に重きをおいて議案の審査のヒアリングもしない輩が改革なんで出来ないし、片手間で議員している人は常勤など出来る訳無いので、現時点で通年議会に興味はありませんでした。

そしてまたヒアリングで21時帰宅。



23日は休日オフとなりお日様が出てから少しばかりトレーニングして体調管理。

24日は午後から関係各部の幹部と一般質問の打ち合わせ・・・来週から開催ですから、テンポは速く、休日が邪魔だった訳です。



途中、現在では議会選出の委員が廃止された農業委員会OB会に出席いたしました。

激動の昭和を茅ヶ崎市の農業発展の為にご尽力頂いた皆様の経験やお話はとても興味深いし哲学も確りされています。

茅ヶ崎の政治の歴史や火葬場の大論争など大事件もリアルタイムの体験談であり、大事な内容であります。茅ヶ崎市農業の変遷や技術革新・経営についてなど、新しい議員は学ぶ事が出来ない訳で、少し心配となります。

16時30分にお役所に戻り、更にヒアリング・・・・・



24日は幼稚園からの幼馴染と中年探検隊を結成して西方面を偵察となりました。

降りた事も無いインターを出てウロチョロしたら逆富士を発見・・地上がりを食して19時帰還。



26日は好天とグダグタする猫を横目に終日、原稿執筆となりました。

11月20日のお仕事

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は党役員会後の記者会見で、同日行われた衆院本会議の代表質問に関し、野党側からの質問通告が本会議直前だったと明かした。

「代表質問は午後1時からだったが、最後に出てきた質問の時間が午前11時過ぎだった」と説明した。その上で、質問通告を受けて安倍晋三首相の答弁内容を作成する政府職員の負担が大きくなっていることに言及し「働き方改革を進めている中で考えるべきことがあるんじゃないかということも(党役員会で)話題にあがった」と述べたそうだ。

地方議会でも通告後にヒアリングが行われるが、これはやり取りにおいて深い部分まで考え方を把握した上で論議をする為に重要であり出来レースの準備でありません。

質問者だけ広範囲に亘る政策や事業に関する質問を把握していて、突然、行政側に『あの数字はどうだ?』『これはどうだ?』と聞かれても直ぐには答弁出来ないし、議会や質問者を尊重するからこそ、担当課が答弁書を作成し議会対策会議が綿密に行われる訳で・・・・質問内容がギリギリで提出されたら徹夜は必至であります。

それで働き方について質問したりしたらお役人側は『この野郎・・・お前がまず改革しろよ!』となる訳です。

茅ヶ崎市議会でも当日の朝や前日の夜に提出される方もおられ、市長の答弁と質問が合わないと怒る議員さんが時々おられますが、多分、何期になっても議会の流れが判っていないのだと思います。

僕の場合、直前の変更などがあった場合、事前に変更もあり得る旨を伝えてあり、変更時には担当に謝罪して論点を伝え様に配慮しています。

議場で聞いている議員も理事者も何を言っているのか判らないし答弁している側も・・・だが答え無くてはいけない訳で・・・あんまり酷いと国会中継で見られるようにアタフタしてしまうのであります。

マスコミは流れを知って知らずかそう言った場面ばかりを報道してネガティブキャンペーンを行いますが、蓋を開けてみると裏事情がある訳です。

茅ヶ崎市議会も明日、通告〆切りとなりますが、この後が重要で、自身の質問の論点を如何に答弁側に伝えるかです。

毎議会、〆切り前に事前で打ち合わせを行い、大局的な視野で方針等について市長に求める一般質問を行うか打ち合わせの中で納得するか決定する訳で・・・・

本日も午後から夜までヒアリングしたり考えたりとお役所籠りとなり青年会議所シニア例会も出席出来ませんでした。



夜に134号通過の為、市道で信号待ちしていると恒例、湘南国際マラソンによる通行止め告知看板発見。

12月3日日曜日・8時頃から15時45分頃までR134と西湘バイパスは通行止めです・・・ご注意を



21時に帰宅して昼に食するハズだった崎陽軒シユウマイ弁当以外を食す自分キャンペーンの幕の内弁当を食す・・・ボリュームあり腹が減っている時がよろしい様です。定番シュウマイ・煮筍も入っていてご機嫌な一品でしたが、腹が苦しい!



11月19日までのお仕事



17日の金曜日は9時前にお役所入り、諸打ち合わせなどで午前中は終わり、崎陽軒弁当シリーズ・秋弁当で腹ごしらえ(神奈川駅弁)ターゲットも入荷無し。



13時から会派会議で議会制度検討会の道帰り事項について意見交換・・・

より質の高い議会を目指す事が目的であり、賛否によって目先の事を決める訳では無いので、メリットデメリットを調べてじっくり検討する会議なので、誰が賛成だとかそう言った次元の内容ではありません。



14時から議会報告会が開催されて決算報告では回答側・意見交換会では司会進行役を仰せつかりました。



どうもバーサス傾向となるのでありますが、議会側は公的発言に近い内容もあり大局的視点でご意見にお答えすているのでありますが・・・・

また、鋭いご指摘ゆご提案を冷静にサゼスチョンして頂いたりと色々です。

16時30分から来客対応・・・茅ヶ崎市にとって重要な案件について色々と意見交換・また思いを伺いました。

後から市民生活にジワジワ影響が出そうなのでシッカリ対応して行きたいと思います。

19時から会食・・・途中仲間と合流。



18日は県立鶴嶺高等学校2期同窓会が鈴木幹事以下委員会の皆様のご尽力で開催となり出席させて頂きました。

皆様、社会の中で家庭でご活躍中・・・・風格を感じたと同時に懐かしい気分イッパイとなった次第で・・・・・



運動部のノリは高校からあんまり変わる事は無く実にホッといたしました。



2次会は失礼して茅ヶ崎に戻り後輩と合流。
色々なご意見を賜りました。



19日はペンデングだったイベントが伸びに伸びて2つのイベントが開催されましたが、運営のお手伝いをお約束している方を優先いたしました。



一挙に真冬モードで写真の通りですが、終日陸上にてゴミ拾いも含めて文化の発展に努めた次第であります。

 11月16日のお仕事



久々に県庁に寄って資料集めなどして帰りに中華街で遅いランチで茅ケ崎に戻り市民相談・19時から通夜式。



保健所業務など保健所政令都市となるまでは神奈川県の所管・駅前から134号に抜ける雄三通りも県道・保育関係・教職員(市単を除く)や
海岸の保全・警察もそうだ。

政令指定都市は警察・教育・県道を除き独自裁量でお国と直接やりとり出来る事が多いが、それなりの規模が必要となります。

神奈川県は全国的にも珍しい自治体で県内3市の政令指定都市を有する訳で、残りの市町村を含めた全体を治めていますが、予算規模は横浜・川崎の方が断然お金持ちで人口も殆ど3政令都市に集中しているのであります。

時々、お邪魔して資料やパンプを頂いたりお話を伺ったりしておかないと、頭の中は茅ヶ崎市オンリーの鎖国状態となってしまいます。

茅ケ崎に帰還後、アレレッと言った情報が入り当事者から相談があり確認を含めて関係課等と情報交換・・・・当方、職務上知りえた内容で秘主義務ありなので、お話はここまで!

19時から通夜式・・・大学で学んだ事を地域貢献に生かしている最中の急逝だけに残念でなりません。

心より哀悼の意を表します。



 11月15日のお仕事

10時30分から来客対応。

11時から各課ヒアリングとなりました。行政側も次年度予算等でひーひーな時期ですが12月定例会準備にご協力頂いておる次第で感謝申し上げます。
ランチき観光都市横浜の駅弁老舗・崎陽軒の生姜焼き弁当・・・



シュウマイ弁当が有名ですが、お弁当の老舗ですから、たまには違うモノを思って食しました。流石、冷えていても生姜焼きは美味かったが煮筍が入っていないのはかなりショックでした。総ての弁当に入れて欲しい。

個人的に、この1カ月は神奈川駅弁堪能キャンペーン開催なので、崎陽軒・大船軒・東陽軒・浜田屋と攻め込みます。



13時まで時間があったので旧庁舎の解体を東側の窓からボケッと観察。


丁寧な仕事をしています!


僕は20年近く同じ控室で仕事をしていただけに寂しい気分になる事がある。
しかし、柱の数は少ないし壁や床が薄い事・・・昭和58年当時の耐震スペックは今とは比べ物になりません。



解体後は緑地の保存・災害時の大型車両受け入れスペース・避難者用スペースなど余裕を持たせた空間にいたします。

午後から引き続き各課ヒアリングとなりました。

色々と気になっている事について意見交換いたしましたが、
矛盾や課題の解決法を真剣に考えた訳ですが、どれも一長一短だったり現行の制度の改定が必要だったりと基礎自治体でけでは解決出来ない内容もあったりしてます。
お国も見直し中との事だったり世の中は目に見えない場所でもしっかり動いておりました!

また、日頃の答弁とつじつまが合わない事業の進み方や、今更そこに固執すのかねーと思う取り組みなどあり、実施計画は投資を押えて魂を大事にすべきと指摘しているわりに、箱モノが多かったりと、やや強引な様に思えます。
中古の物件はこの時期必要性が見当たらないし・・・・
保健所建物だけでも苦労しているのに。



18時過ぎには議員さんは誰も居なくなり、廊下の電気も落ちて必要な照明のみとなり、此方もパワー落下で帰宅となりました。


11月14日のお仕事

東京都議会では小池氏と協力関係にあった都議会公明党が離脱しました・・・

政権獲得を狙った希望の党のその後から推察していたので驚く事は無く、予想ドンピシャであります。

総選挙前から地方自民党に対して強気だったのでありますが、さあ、これで各基礎自治体議会も同様にムーブするか思うかも知れませんが、それとこれとは別となるでしょう。

地方議会の狭い社会の人間関係を重視するか、日本や地域の将来的展望と大義に基づくかの選択で実にシンプルですが、とても難しいのであります。

民進党から辻元議員が立憲民主党・前原議員が希望の党へ・・・・・山尾議員はワキが甘くくだらない話題を提供していて大事な事の報道が減少中・・・・とゲスネタで国政大混乱ですが、極東アジアは大緊張感に包まれた中、トランプ大統領は中国に利用された訳で。

しかし、辻元議員・・・最後は朝鮮労働党にでも入党するかな・・・昔から政党を亘り歩く人は色々ある様です。

日大の大先輩・中村喜四郎議員は自民党で建設大臣まで努めましたが、ゼネコン汚職で逮捕後、無所属で再当選後、古巣自民と激しい選挙戦を展開して14回の当選をしいる。

逮捕の件は置いといて、政党に属さず我が道を行くと言うのは半端じゃ無いしコロコロ変わらない事は驚異的ですらある訳で・・・この世代の議員さんの個性には驚きであります。


缶コーヒーの宣伝ではないですが、この国には緊張感が無い・・・しかし、政府は各大臣が必死に交渉しているも事実で、ヘンテコなゴシックはあんまり聞きたく無い訳ですが、毎日お昼時にテレビは取り上げている様です。

近所の奥様の方が僕より詳しく知っていてビックリのこの頃であります。


 11月13日のお仕事

茅ヶ崎市にとってありがたいお話の最終的な詰めを完了して副市長に報告させて頂きました。

サイレントマジョリティーと表現して良いのか、本当の意味での郷土愛や住民の幸せを願い誰にも言わずに実行して下さる方々は多数居られ、そう言った善行は決して表に出る事は無いし、実に素敵で羨ましい。

僕の仕事はある意味で逆の側面もあり、成果を報告したり発信する事も重要となりますが、目先の単一的効果を宣伝するのは、あんまり愉快ではありません。

ストーリーがあって長期的な部分や短期的な部分を合わせて最終的に成果となるのは、政策としてかなり練れた内容が多く、そう言った内容は中々表に出ないし、他の同業が手柄にしたりいたします。

薄く軽い内容を次の選挙の為の広告として利用する訳だが、そこに至る経緯が判っていないので美辞麗句が多くなる・・・・・

総合計画は10年単位でまちづくりのバイブルとして各セクションの目標が定められるのだが、未来像無く目先の重箱の隅をつついて議員様をしている人やカウンターカルチャー的思考で職員に詰め寄る人々を冷静に観察していると何に情熱をかけているのか?何処に価値観を見出だしているのか考えてしまいます。

捏造・思い込み・自論以外総てNO!言いっぱなし・勘違い・無責任・無礼と何でもありですが、決め台詞は発言や言論の自由で言葉に対する責任は無い。しかし、他人の言葉には厳しい訳で、その立場になったらそれは楽しいと思いますが、責任を考えると性格上厳しい・・・・

マックスウエーバーは最終的ゴールに至るまでの手法には様々なルートがあり、最も成功率が高い手法を選択する事は妥当だとしているが、個々の人々にはそれぞれの思いがありベクトルが同じ中で議論となるのは当然であり、それが民主主義だと思いますが、自分の利益や損得で判断されたら、それは烏合の衆となるのでは無いでしょう・・・

報道の在り方や作為的につくられた最近の規範の影響は大きいなと思うこの頃です。


また、地方政治ドラマ始まってますが、あんなに高い報酬は政令指定都市
だけでしょうし、不規則発言は出来ませんし・他の議員の頭を議場で叩いたら懲罰対象だし、殆どの場合、共産党も含めて賛成した議案に1人だけ反対する議員は新人か会派を持たないはぐれ議員が多い様です。

新人から一人だと誰も教えてくれません・・・大工さんで言えば棟梁も師匠も無く基礎が無くて大工さんと名のっているのと同じです。

住んでいる地域の事だけを取り上げるのでしたら自治組織などの活動を通じて主張出来ますし、ネタが無い・勉強していない・政策が無い人程、毎回取り上げる訳で・・・・利益誘導と言う事になったりいたします。


子供食堂については、民間から取り組みが始まり、進めている先進都市事例も調査済みで無ければいけないし、公共施設を使用するのか借り上げか・直営か民営にするか?・補助対象とするか・官民共同か?民間委託するなら委託先基準は?施設の安全基準・食の安全性まで調べる訳で、それ以前に多くの議員さんが一般質問などで方針や考え方を市長聞いています。

更に最近問題となっている食の安全性なども重要です・・・O-157で死亡事故などが起きたら責任問題となり民間の数倍厳しい批判を受けるのが公共事業でありますから!

本会議一発などありえない、議案提出の数年前から半年以上前から全員協議会等で方針説明・更に途中経過・条例等ならパブリックコメントの案説明・パプコメの結果説明・各議員への説明・議会に対して議案の提案・議会運営委員会で議案上程するか議員が決定の後、正式議案となり本会議で上程・委員会付託・採決・本会議採決となり決定されます。

前述の内容については茅ヶ崎市議会にも似たような方がおられますが、図に乗って加速しそうでクワバラクワバラです。ドラマの主人公は行方不明になったりしませんが!

 11月12日までのお仕事

10日金曜日は10時過ぎに来客対応・市内企業訪問・14時からお役所にてヒアリングと続きました。

世の中の制度の中には、時代と共に当初の狙いとは別の部分で効果が出てしまったモノずあります。

当然ながらお国もその事に気がついていて、本来も目的担保しながらニーズに合った内容に改定したりいたします。

16時に一旦帰宅して雑務。18時30分から会食。



最後はリラックスして就寝。

11日30分から市役所にて議会報告会となりました。



今日は総務常任委員会は裏方で、僕は案内係と記録の当番!
僕本番は17日午後13時からとなります。



決算報告では審査されていない内容まで取り上げていましたが、これは2部の意見交換で取り扱うべきでありました。

意見交換会では参加頂いた市民の皆様からの貴重なご意見各会派や個人で考えて施政に反映させたりする訳ですが、どうもVSモードになる傾向があり、議会があんまり信用されていないかも?思う場面もあります。

茅ヶ崎市議会は開かれた議会を目指し市民の皆様のご意見を直接議会として全体で伺う機会を色々な場面で行っています。



12日は昨年から順延されていたサーフィン版大人の運動会である『茅ヶ崎ロングボードカップ』が小波の中、無事に開催されました。



親睦を兼ねた試合で普段あんまり会話が無かったり知らない方と試合を通じてコミニュケーションを深めて頂きたいとの事で続いている試合であります。



U-60クラスは苦手とする小波ライトオンリーに力尽きましたが楽しい大人の海の運動会となった。
NSA茅ヶ崎支部運営の皆様そしてエントリーされた総ての選手の皆様、ありがとうございました。


 11月9日のお仕事



10月にファイナルを残して順延となったクリオマンション 茅ヶ崎ロングボードプロは千倉ローカルの方々のご理解とご協力により南房総市千倉海岸で本日開催されました。




茅ヶ崎市の姉妹都市であるコードゥエルホノルル市長様からククイレイが特別賞として各優勝者・年間新人賞・グランドチャンピョンに授与される事や茅ヶ崎市長からのサプライズ等プレゼンの為、開催地に6時出発でお邪魔いたしました。




千葉県に全国のトップ選手が集合している訳で他の地において姉妹都市と茅ヶ崎市について発信させて頂く事が出来ました。

ローカルの皆様・スポンサーをはじめとするする関係者の皆様に、また姉妹都市ホノルル市長様のご厚意心より感謝申し上げます。

週末から勝浦市で世界戦が開催されるそうです。



さて試合ですが茅ヶ崎ロングボードプロのファイナルは、グラチャン獲得の平塚の浜瀬選手と宮崎の秋本選手とデッドヒートの末惜しくも2位。



茅ヶ崎からは鈴木剛選手が波運恵まれず4位となりました。
セミファイナルでは素晴らしい演技を見せてくれただけに残念。



男子は秋本 祥平選手・女子は田岡 なつみ選手が優勝となりました。

両選手には茅ヶ崎市長から茅ケ崎アロハ・ホノルル市長からククイレイのサプライズがございました。

両選手の素晴らしい成績に敬意を表します。



ロングプロのグランドチャンピョンは男子・浜瀬 海選手、女子・田岡 なつみ
選手が栄冠に輝きました。



最終戦であるクリオマンション 茅ヶ崎ロングボードプロの結果次第と言う事で素晴らしい試合となりました。胸に輝くホノルル市長様からのサプライズが眩しい。

両選手、誠におめでとうございました。



試合終了後、先輩友人と待ち合わせとなり、ミラクルをおすそわけ頂き茅ヶ崎に20時帰宅。


11月8日のお仕事

今日から前日入りで全国市長会主催の都市問題フォーラム出席の為、沖縄に出張の予定でありましたが、2週間前にキャンセルして他の重要事項対応となりました。

会派の皆様には事情を説明してご承諾賜っておりますのでドタキャンではありません。

と言う事で終日お役所にて12月定例議会対策となりました。



全部で七部署の幹部の皆様からヒアリングで会議中につきアポ不能一課と集中した次第でございます。

過去から現在進行中の諸案件について・・・・

目の付けどころは同じでありますが、経緯対する評価を踏まえた解釈や考え方について政治的判断を重要視するべき案件!

財政状況を考えると一番削減の可能性があるが、まちのレベルがボディーブローの様に低下する可能性を含んでいる部署。

折角、神奈川県から移行し施設として利用出来る場所があるのに、全く検討されていない場所がある。

長期的なスパンで担当課が設置されているが、今更如何なのか報告すらされていない取り組み。

先進的な取り組みとなり話題性もありつつ『なるほど!』となる取り組み。

法律が変わった事により民間のサービスを利用した方が業務の合理化が出来そうな案件。

どの部分を優先して取り組むかによって大きく変化する可能性があるが目先の利益を優先すると後で困りそうな案件。

企業の利益と公的施設の管理について。

正規職員の育成と非正規職員の仕事の住み分けや管理方法・雇用方法。

へたをすると議会軽視と言われても仕方が無い可能性がある議案の出し方について。

目先の赤字に目をつぶり戦略的運用により将来性に期待すべきか考える必要がある案件。

具体的な内容は言えませんが、以上の様な謎掛けで勘弁であります。



此方も色々と考えるのでヘンテコな時間にランチとなり、湘南の駅弁老舗である大船軒のシラス弁当で美味を味わいリセットしたりチヨロッと散歩時間を入れたりしながら17時30分に退庁。

18時から打ち合わせ・20時から先方訪問・21時から明日の用意・23時に忘れ物回収・24時HPアップと1日元気に過ごしました。


 11月7日のお仕事



冬に入ったとは思えない天気となりましたが、堪能出来るのは今週だけで、いよいよキリギリスが困窮する通常の天候になるそうです。

公務も一段落したので、最近ご無沙汰の皆様にお会いさせて頂きました。
業種も様々で、忙しさにもかなりのバラつきがある様です。

冬のボーナスでも大手自動車メーカーは減額との事ですが、株価はバブル期の最高額を上回ったそうな?

こうなると東京オリンピック様様で、ケインズの言う処の投機的要因(期待感)の効果が大きい様で、終わった後がとても心配なこの頃であります。

貧困家庭児童・高齢貧困など未来も余生にも閉塞感と不安イッパイと言った感じで、追い打ちに陰惨な殺人事件と暗い世相であります。

世相と言っていいのか風潮と言うのか、農耕民族である日本人は良くも悪くも寛容性があり、それが社会の潤滑剤となっていのでしょうが、いつの間にか細かな言葉尻まで捉えて大騒ぎをする様になりました。

他人の私生活の価値観までバッシングする報道もあったりとギスギスしていますが、雇用問題だけでは無く、そもそも教育にも問題が在ったのではと思うこの頃です。

僕らの代も50代後半となり管理職が多い世代ですが、部下の質の変化が早くて対応に気を使っているとの話が増えました。

組織に順応しにくい・弱いなど個性を重んじたゆとり世代の特徴は協同作業やチームワークを必要とする職場では生産性の低下にも繋がるそうで、10年遅れる教育現場でも、単純に良い人をつくるのか・将来の人材を育て上げるのか真剣に考えた方が良いのではと思うこの頃です。


 11月6日のお仕事

市内現地確認や先輩訪問ウイークとなりました。



まずは西からスタートして開園まで半年を切った柳島スポーツ公園を確認。

工期がタイトなので現場立ち入りはご遠慮させて頂き、道路沿いからチエック。

観戦席も完成していて明るい感じの施設でありました。指定管理の議案も通過していますから、素晴らしい運営に期待しています。



数件にお邪魔してから北部へ移動・・・・後輩企業訪問!近くの水田を見たら遅い稲刈り中・・・・夕日もうけて黄金色ですが、季節的には実りの冬。

市内南東部に移動して数件。おもに大学スポーツについて意見交換をしたが、市内にはアメフトを始め多くの学生アスリートが居られる事を改めて認識いたしました。

リーグ優勝目指し大勝負前の息子さんのお話で盛り上がったり・・・・市内在住の選手が活躍するは実に嬉しいし、まして知り合いだったりすると格別です。母校日大との大勝負となるそうですが活躍が楽しみ・・複雑ですが。

そして車に乗ると東都大学野球の1部入れ替え戦の速報が・・・・




昨年の東都リーグ秋季覇者日本大学は入れ替え戦で駒澤大学に連敗して2部リーグに降格。実に残念であります!

個人的に1部は日大・駒大・国士・中央・亜細亜・拓大+東洋が野球でも応援でもバリバリ時代が好きですから、5季ぶりに一部に昇格した駒澤大学には来春大活躍して欲しいです。

勿論、古豪日本大学野球部の早期一部復帰を熱望しています。

処でトランプ大統領・・・やっぱり不動産屋さんでした。

首脳会談では、日本が米国製の防衛装備品をさらに購入していくことも議題となり、会見でトランプ氏は「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ」と指摘。
米国での雇用拡大と日本の安全保障環境の強化につながるとの考えを示した。

首相も会見で「日本の防衛力を質的に、量的に拡充していかなければならない」とした。

兵器を買わないとサービスは無し、経済についても儲け過ぎとのご指摘・・・ゴリゴリの白人さんでした。

何だかガッカリしたのは僕だけでしょうか?



 11月5日までのお仕事

2日は9時から総務常任委員会打ち合わせ。



11時から総務常任委員会開催となりました。

今期の政策提言は『組織改正と人材確保』をテーマとしています。

人口に対する職員数の割合で行政改革の指数を判断する時代が続いた訳ですが、当時の世間はそれ以外の政策形成能力や仕事の質はあまり関心が無かった背景がありました。

近年、茅ヶ崎市行政の取り組みは各課にわたる複雑な内容が多く、人口減少・超高齢化社会・景観・教育・文化等の施策総てが様々な部署の仕事と連動する様になりました。

加えて様々な研修・評価等の作業が増えて行政表1表の職員は管理職を含めて過去と比較して格段に仕事量が増加しました。

そもそも管理職がプレーヤーとして働く環境は問題アリであります。

更に幹部職員の大量定年退職期にあたり人材的にもヒーヒー言っているのが現状です。

苦肉の策として正規職員以外の皆様に頑張って頂いておりますが、民間と比較して有効に機能するシステムには無く、全国の基礎自治体でも非正規に対する差別やパワハラの報告があったり、仕事内容についてもあやふやな部分がうごめいています。

要は非正規職員を真剣に受け入れる覚悟やシステムが無いと言う事で総務省の方針変更もあり、この部分は後手に回っていると言う事です。

働き方の改革なども始まり、お国の制度上の欠陥も存在していて、マイナススバラル傾向にある基礎自治体は茅ヶ崎市含めて、当分の間厳しい労働環境が続くと思われます。

少しの余裕で良い仕事が出来るので残念であります。

議会としては難しい部分をテーマにしているので実に慎重に進めています。

業務のアウトソーシングが進んでいる厚木市に視察する予定もあり!



午後から藤沢市民会館へ・・・湘南6市議員研修です。

東京大学・飯島教授(ドクター)による何故老いる?ならば上手においるにはのテーマでの講演です。

茅ヶ崎市では東京大学のチームと『豊かな長寿社会』の取り組みをしていて『フレイル(虚弱)予報』のチエックなど先進的に取り組んでいるので、医学の観点からの説明はとても興味深い内容でありました。



講演終了後、日本大学の大先輩で市議会から始まり衆議院で活躍された故桜井先生(神奈川12区)を師匠とする仲間全員と久々に談笑出来ました。

桜井先生とは市議会からの先輩後輩で政治家としての覚悟や勝負の仕方を色々な場面で教えて頂きました・・・昭和の香りと独特の個性とザックバラン自己主張がある素敵な政治家でした。



3日は8時から日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部全体海岸清掃でパーク下を中心に行った。




大きな流木や破壊された海岸施設は所々に土木事務所が回収しやすい様に、プラゴミなど小さなゴミはゴミ袋で一カ所に集積して美化財団に引き取って頂きました。



台風でビーチが汚れたのでお役所何とかして下さいでは無く、自ら動く事こそ市民自治や環境保護では無いでしょうか?



極端に苦情を行政言いまくったり大げさに嘆いたりする方程、ビーチクリーンに無関心だったりする傾向があるかも知れません???



午後から市民ふれあい祭にお邪魔いたしました。



カプからシニアまでお世話になった懐かしいボーイスウト茅ケ崎第一団のブースがあったり、お役所の大先輩方と談笑したり・・・実行委員会及びお役人さんに心から感謝申し上げます。




4日はオフで花粉症の影響もあり自宅で過ごすハズが早朝5時30分に近所後輩が庭に現れ南房総へリフレッシュとなった。

道路は往復ガラガラで移動中睡眠モードとお気楽モードでリセット。15時には茅ケ崎到着で後は家族サービス。



5日も最高の天気・・・ネコのシッポもピンと垂直モード。

トランプ大統領来日・・・・極東アジアの平和維持や戦略に相当苦労している事は歓迎が過激な程、心配になります。

特に中国は国際社会のルールを支える精神を曲げて政治利用する手法をとっています。

例えば、フリピンへの対応や日本に対する国連教育科学文化機関(ユネスコ)を舞台とした歴史問題での非難など良い例です。


中国に中長期的支配を許すのか、それとも米国主導の世界を守り得るのか。
トランプ米大統領のアジア歴訪は世界の潮流を決する重要性があり日本にとっては、これまでで最善といわれる現在の日米関係を継続できるのか、それとも中国重視で、米国が中国の切望する新型大国関係に傾くかの岐路にも見えますので要注目です。

ついでにアメリカ人が日本で自国大統領への抗議デモしているのは初めて見ました・・・・


11月1日のお仕事

衣替えでアロハビズ・クールビズも終了。



11月とは思えない良い天気でしたが、陽だまりを堪能したのは我が家ではネコだけで、此方、溜った家事や雑用処理日となりました。衣類の入れ替えから始まり色々・・・

途中、結構重要な打ち合わせが3件程・・・種まきです。