☆平成29年12月過去ログ☆

12月26日までのお仕事

25日・26日とも市内でした。ご無沙汰していた先輩方々への表敬訪問や家事・雑用や毎晩の様にお招き賜る集いにて親睦と続いております。

要職にあられる方と談笑でも『風邪が治らないが、もう少し踏ん張ないと』何て言う会話が多くなってるこの頃です。

特に26日は年内最後の自分定期健診から始まり市内4カ所・市外1カ所・自宅に戻ってネコの定期検診。



人間と違ってネコの確保・洗濯ネット詰め込み・デイバックに収納して背中に背負って近所の動物病院と結構手間がかかったりします。

幸い大人しいネコなのでデイバックの中でも病院でも抓め立てやニャーと鳴きません。帰りはバックの中で熟睡とノー天気で何だか癒されました。

終了してから寒波の中、3か所訪問の後、大先輩の忘年会・そして2次会で終了。



大先輩方はリタイヤされている方か゜多く上は80近くから60代以上・後輩の僕達は40代から50代と世代を超えて、色々な職業で活躍された方や現役の皆様で豊かな長寿社会ではありませんが、第2の人生を楽しく謳歌されておられます。

茅ヶ崎市は健康寿命が長く、医療費が大高騰する終末医療のお世話にならず、最後まで地域で暮す方が多い・・・・日本で一番自然に最後の時を迎える方が多いまちとなった理由がわかる様に思いました。


そして皆、茅ヶ崎が好きだ!

 12月24日までのお仕事



22日は大先輩方のお伴で静岡県までお出かけとなりました。

後輩モードは貴重であります・・・

23日の午前中は雑務でイッパイいっぱい!



午後から後輩宅のクリスマスイベントにお招き賜り、楽しいお時間を頂戴いたしました。

毎年、実に嬉しいお誘いで、大感謝であります。



24日は同期のプチ忘年会・・・色々な職種のお話を伺ったり昔話に花が咲いたりとご機嫌でした。


 12月21日のお仕事



寒い日が続いております。こんな雲を見れる日は特に寒いのであります。

本日も北部から南東部にかけてパトロールとなり、久々にお会いする先輩方と昭和のお話で盛り上がったり、市政についての昔話をうかがったりと有意義な1日でした。

国や地域の歴史を知らずして政治を語るなかれであります。
政策の基準を何処に置くかは重要で、欧米の街並みやシステムは洒落ていたり先進的に見えたりするのですが、その地域の歴史と密接な関係があって進化した訳で、総てが日本に適応する訳ではありません。

論より証拠で近年の地方自治は市民との協同や自主的な社会参加の啓発にシフトしています。

政治も地域問題の解消だけに目を向けるのでは無く、市内全体の流れと、その地域固有の問題を解消するに如何するか!ボイントとなります。

ドブ板も必要ではありますが、度を越した地域誘導は前近代的であり、それを持って政治家の能力や人気のバロメーターにするのも何だかなと思う訳です。

大義や社会性・進化を踏まえての政策なら良いのでありますが、予算も展望も無いのに、言われたからやりなさい!では余りに情けないのであります。


 12月20日のお仕事

議会活動モードから議員活動モードにシフトいたしました。

と言いつつもお役所にも確りと顔だしして、政策的な意見交換は行っています。

市内現地調査3か所、その他挨拶まわりなどなど、午後から市外・戻って散髪・そして一中同窓会役員会・その他プラス友人飲食店顔見世と続き、休肝日を維持しつつ帰宅となった次第であります。

 12月19日のお仕事

10時から来客対応後、議会だよりの文章確認やら不要書類の整理など。



11時から外務大臣秘書さんお越しになる。

衆議院選挙後の政治動向について意見交換。

国政の場では、一時的に離脱に走った政党等の勢力が低下しているが、地方自治体では、今だ議会村の住人を対象とした判断で活動をしている議員が多く、結党精神どこ吹く風である為、混乱が続いている事・党員拡大については、各議員の支持者を尊重する事など活発に意見を出し合いました。

河野大臣は韓国VIPとの会談だそうで、数日前から前哨戦が繰り広げられている事は、皆様も御承知の事と拝察いたします。

来年に冬季オリンピック・北朝鮮・経済と課題は多い訳で、今更、ああだこうだ言われても困るのは、むしろ韓国では思うこの頃です。

ご活躍におおいに後期待申し上げますが、お身体大切に。

また、外務大臣専用機が必要と言ったら『河野大臣・おねだり』と新聞が書かれておられました。

中国の外交は活発で外務大臣の渡航は日本の倍・韓国も外交が活発であります。
極東アジアや国連の地位を考えたらツールは必要であると言う事でしょう。

平和ボケしてノー天気な記者もいるものだと関心したり・・・・・マスコミの論調でも世の中全体も不戦支持だし、対話と圧力と言うなら徹底した外交は不可欠です。

極東アジア間だけの問題ではありません。アメリカ・イギリス・ロシア・アジアの諸国やアウリカ諸国に国連対策と世界は狭い訳だし、積極的に動く必要がある訳であります。


韓国の反日外交や中国とヨーロッパ・アフリカとの繋がり・北朝鮮と国交が存在する国などなど。

朝鮮半島は軍事的要所であり、日露戦争にしても領土拡大の野心からロシアが太平洋側にウラジオストックに変わる不凍港を手に入れ、太平洋に覇権を示したかった事に起因しているのであり、今だ、北朝鮮と国境が接している事でも注意は必要なのであります。

三国干渉など改めて検証してみると、実に外交は重要です。

また、日韓併合前夜に中国・イギリス・日本・アメリカのよる外交により李朝朝鮮はグラグラしていて最終的にロシアよりとなった事実があります。



午後15時から早稲田大学政治経済学部・稲継ゼミの皆様が茅ヶ崎市の政策についての政策提案発表会を議場で行いました。

学生らしい素朴な提案が良かった。社会の表と矛盾が無いを知らないのは時として弩ストライクに入ったりします。

現場である自治体で直接行うのは早稲田でも珍しい取り組みとの事です。

何時もと逆で学生さんが理事者席・市長以下幹部が議席です。




退庁時に1階フロアーにJ2優勝の展示を見ました。今まで無かったイベントであります。

茅ヶ崎市はベルマーレのホームタウンの一つなので、この種の展示は今更遅しの感もありますが、実に良い事だ!

来季はJ1で活躍して欲しいなー!

 12月18日のお仕事



昨晩、入浴させたネコは純白のツンデレとなりました。ネコもさっぱりするときもちが良い様で寒空の中、元気いっぱいでウロチョロしておりました。

議会も終わり年末まっしぐらのこの頃ですが、土日も平日も忘年会や納会ラッシュであまり私用処理が出来ないので空いている時間を利用して少しづつ処理をしながら年末の挨拶などを行っています。

更に政策的案件等については年末までに様々取り組む訳で、ここで議員活動するか選挙系の活動をするのかで技量が判明する傾向にあると言えます。



さて、夕方から箱根駅伝に母校日大が参加出来ないので、日本体育大学OB会がお裾わけを含めてOB会にお招き下さり、駅伝気分を堪能させて頂きました。

帰りはフラフラ徒歩で帰宅中、趣味の仲間に偶然遭遇、大人の井戸端会議を60分程堪能して帰宅・・・本日も師走してました。


 12月17日までのお仕事



15日は12月定例会議最終日で10時から開会となった。

各委員長の審査報告の後、討論・採決。

補正予算では、病院敷地内の増設工事中、見落とした地下埋設物発見により工期延長・撤去の為の増額・(完全に見落としが原因なので、今後重要事項を後世に伝達する方法を確立するべし)やふるさと納税好調による増額がメインだした。

議案では、保育士への優遇・柳島スポーツ公園の指定管理者・非正規職員の産休の拡大・都市公園の民間利用等による賑わい創出の為の一部緩和・文化会館改修工事の労務単価上昇による再契約・消防署隣地の購入・柳島キャンプ場の指定管理者選定などがトピックで各会派や個人討論・態度表明があり、概ね可決となりました。

納めの議会なので、議長・市長から年末の挨拶が行われて閉会。

執行部の会派への個別挨拶・全員協議会開催。

全員協議会では次期総合計画の策定方針素案・茅ヶ崎公園複合施設について・福祉会館の解体スケジュール等がメインでした。

福祉会館跡地は、第一種住居専用地域なので2階建ていっぱいで土地が広いので開発行為となるので、緑を残した指導ををすることで景観や環境を保全する方向で指導するとの方針で売却の方向との事です。



18時から会派打ち上げ・19時から後輩忘年会。

16日は夕方から江の島にて鶴嶺高校2期プチ同期会に出席・・・幹事の皆様のガンバリで先生までお越しになり、実に楽しいつどいとなりました、2次会は連投中なので残念ながらスルー・・・涙

17日は朝はトレーニング・午後から後輩諸氏の訪問があり、日が暮れるまでのつどいとなりました。
心遣いに感謝・感激でありました。



そして母校日大フエニックスは甲子園ボールで27年ぶり21回目のアメフト大学日本一となった。

甲子園ボールのオールドファンによると、赤と青の戦いこそ公園ボールとの事。関西地区でも日大アメフト部とその応援にファンは多いそうだ。

ご機嫌でした。



後輩・アメフトとテンション高くアルコールも効いてくると年末の準備モードとなり、冬になり静電気効果でダスキン化しているネコの入浴が頭に浮かび堪らず決行。



湯ぶねに浸かるのは大好きですがドライヤーが苦手で一苦労するのでありますが、結果。ネコも気持つ良さそうでニヤリとしておりました。


 12月14日のお仕事



来年の3月25日の開園予定の柳島スポーツ公園の市議会内覧会でした。


元々、3.11以後、相模川の築堤未整備部分の解消がクローズアップされた事が大きいのですが・・・、

過去から柳島・萩園地区の住民の悲願でありました。

流域自治体は数十年に亘り、平塚・茅ヶ崎の該当する自治会役員を含め市長・議長共に国土交通省や衆参議員に要望活動を続けております。

築堤工事の早期着工と圏央道の西湘バイパスへの乗り入れによりコースの一部が無くなるので、ゴルフ場代替地として旧スポーツ公園をお国に返還しないといけなくなった事に起因するのであります。

国土交通省による都市公園法の改正にはFFI事業の参入等も視野に入れた内容なので、先取りした感じで先見性ありです。

気合の入った建設現場で開園が楽しみであります。

市民の皆様が気持ち良くスポーツが出来て集える施設となります様に。

論より証拠で写真をご覧ください。おおいに期待しています。






 
 12月13日のお仕事



10時から広報広聴委員会に出席して、今期定例会の議会だよりの編集について協議の後、議会報告会の改定などを話し合った。

取り組みは僕が議長の時代に進化したのだが、全国的な課題と同じ要素を抱えていて、更なる進化が必要となっている事について一致している。

これから試行錯誤してじっくりバージョンUPさせるのが良いと思われます。

午後から陳情処理など・・・・

国・県への交渉を担当する課に以下について意見具申させて頂きました。



写真は134号茅ヶ崎駅へのアクセス道である雄三通り前の信号です。



台風で砂防用よしずが損壊した為、強風で砂が道路に広がっています。

今年は強風が多いし、スリップ事故もありそうだし、駅伝もあるし・・・ここは吹き抜けにので神奈川県も大変でしょうが、早急に手立てが必要かと・・担当課を通じて国・県に交渉して頂いく事になりました。

駅伝には母校日大を始め古豪明治など出場出来ませんが、湘南地区のまちとして選手の為に万全のコンデション提供したいですね!

 12月12日のお仕事


      
本日は追加議案等の上程があり、本会議が9時から開会されました。

冒頭、急逝された故吉川和夫議員に対して黙祷と弔辞が副議長から読み上げられました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

追加議案は委員会に付託されました。

市立病院の増築にあたり、駐車場となっている土地の掘削を行った処、前病院の基礎が出てきた為、撤去費用等を9千万増額するとした内容。

根本・添田元市長時代の期間での建設で、図面には構造物が示されていたので、勝手に行ったとは思えない事・この辺りは田んぼだった為、土壌改良等の為に生かした可能性がある事・図面に示してあると言う事は隠蔽の意図は無い訳で悪意は感じられない。

しかし、10数年で過去の特記事項が判りずらくなっている事・見落とした事は問題であり、行政側も素直に認めていた。

今後は特記事項が後世に確り伝わる様なシステムを構築するとの事だった。
金額が1億近いので、甘かった事は十分に反省して頂きたいが、工事が止まっている事により更に金額が上がる可能性・病院である事・違法性が無い事など加味して可決されました。

補正額については、改修等の場合は大目に計上するが、あくまで予算なので下回る可能性もあり、請負額が下回れば不用額やら足りない部分に流用されたと29年決算で明確化される訳です。

だから決算は重要で自身で追及した事は、決算で確認しなくてはいけないのであります。



追加議案終了後、薬の盗難事件(29年度発覚発覚)を理由に継続審査となった28年度病院決算について決算特別委員会が開催され出席した。

そもそも28年度決算なのに29年度を理由に継続した事が異様な事であります。

事件の方は結審して懲戒免職となっている被告は有罪・更に損害額約1億円を弁済しているが、これらは29年度なので来年の決算で追及する事になる訳で・・・・

当然ながら決算委員会でも最初の質問者が29年度の事を聞いて、29年度に踏み込むのは如何なものか?と議事進行について申し上げると委員長からの注意で発言の取り消しとなった。

2問目の質問者も同様で29年度の内容でOUTとなり、スキルの低さを露呈したのであります。

小委員会は終結し決算委員会が開催され総括に入ったが、やっぱり29年度を絡めた苦しい質疑となり、結果、1名のみ反対で賛成多数で認定となった。

僕は28年度決算であるから、29年度決算で説明出来る様に促すと同時に対策委員会の設置や全員協議会等での頻繁な経過報告を求め事実の公表と対策・防止策を急がせるべきで、29年度の事故を根拠とした継続は道理に合わないと主張していた訳で、結果としてお粗末な決算委員会となった。


つじつまを合わせようとする質疑には重みは無く、空虚な感覚に支配されていた・・・

委員会終了後、全員報告等が行われ、忙しい1日は終わりました。


 12月11日のお仕事



10時から総務常任委員会に出席いたしました。

補正予算でトピックは、ふるさと納税好調による増額補正でした。

外に出て行くお金と入って来るお金は単純にふるさと納税の収支だけではありません。

交付団体には交付金が計算式によってお国から頂けます。入りより出が多い場合、交付金である程度補填されるシステムとなっています。

ふるさと納税と言う制度がある限り、全額補てんはされない以上、市内の活性化やマネーサプライの観点からも努力義務があると思います。

議案では固定資産税の減免対象として、企業主導型保育事業(認可外)の市内積極的参入を促す等の目的で固定資産税を減免する為の条例改正が提出されました。

あの手この手を使って待機児童解消を目指しているので賛成です。

文化会館改修工事について労務単価等の改定に伴う特別措置及びインフレスライド条項の適応が議案して提出されました。

文化会館改修事業費は28年に計約されたが、29年度から工事が始まっています。

東京オリンピックや大災害の復旧等で労働者の確保が大変で労務単価が上昇基調にあり、29年3月に労働単価の改正が行われました。

公共事業受注の利益率は年々減少基調にある事・改修工事は中を見ないと判らない等で、本案件も2度の入札不調の結果、分離発注によりやっとで入札が決定した経緯がある事・労務単価改定時の狭間にある事など適正であると判断いたしました。

算定基準は、変更後の契約金額(請負代金額)=新労務単価費及び当初契約等の物価により積算された設計額×当初契約落札率となります。



委員会終了後、16時まで市内市民相談4件を処理してお役所に戻り、文教大学学生のゼミ生に対して講義を行いました。

貨幣供給と投機的要因やら政府によるテコ入れを含めた内容とふるさと納税等について説明させて頂きました。

18時から政策的会食。


 12月10日までのお仕事



7日の夜に新政茅ヶ崎に所属する教育経済常任委員会委員長の吉川議員が急逝された。

吉川議員は教員OBであり生粋の茅ケ崎人で、主に教育をテーマとしながら別の角度から市政についてチエックをされておられました。

スタンダードな判断をされる方であり、パァフォーマンス的な論法については??とハッキリと言明される方だったので市議会での役割は大きかった。

残念でなりません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

委員長ご逝去の為、副委員長の采配となりました。

主たる議案は、補正では漁港のセキュリティ強化・畜産業に対する補助等・議案については寄付行為によっての財産の無償貸し付け・指定管理者の選定。

漁港については、圏央道の開通によってか、漁港内でのキャンブ・イタズラ・外国人なよる漁船への無断侵入・8月には釣り人がバイクで来て転落死亡するなどによる防犯カメラによるセキュリティ強化・西浜からの砂が漁港に滞積する事を防止する為の砂防柵の設置。

指定管理者の選定については柳島スポーツ公園でPFIの業者が選定された。この議案については前回議会で別議案で審査可決されているので、色々と心配な点について指摘する事となりました。

途中、簡単内容で議会が止まったが、実に不思議でありました・・・結果討論で意味不明な内容があったりと荒れたが概ね良識ある判断が主でした。

委員会終了後、会派によるヒアリングや追加議案対する調査などが行われた。

処で今頃の風邪は喉・鼻・席・発熱傾向で長患いとなる・・・2日前から体調不良も年末なのでヒーコラ出来ない訳で。



夜は古くからの友人のお祝い事を含めつどいとなりました。



10日は夕方からCLB30周年記念パーティーで多くの仲間とお祝いタイムとなりました。

30周年に敬意を表します。

11日は咳が止まらずノックアウトで3件の予定総てキャンセルとなり自宅静養となりました。

ひたすら睡眠・・・。




 12月7日までのお仕事

6日は環境厚生常任委員会が開催され補正予算及び議案が審査されました。
生活保護世帯の高齢化による医療扶助等が当初の見込みより増加約4千万円した為の補正など、議案は各ケアセンターの指定管理者でした。



7日は都市建設常任委員会で、補正予算は香川甘沼道路改良・提案型事業の効果がでた狭あい道路整備事業の増額等、道路整備関係の補正が多かった。

議案では他市では行われている生活保護世帯への下水道使用料減免の廃止や都市公園法の改正による公園条例の変更が主たる議案でした。

特に都市公園法は高齢化社会や減災を含めて現代社会に対応すべく改正されている。

調べてから質問すると言うより自分が判らないので質問した感が多く、どちらかと言うと素人の勉強会になってしまっていて残念でした。

午後13時15分から総務所管について、保育課・財政課・用地管財課・職員課・文化生涯学習部諸課等と任意のヒアリングを岩田委員長と行いました。

月曜日に予定されている総務常任委員会においては基礎的な質問は省き論点を確りする為に行いました。

17時過ぎから庁内で意見交換を行い20時頃に帰宅となりました。

 12月5日のお仕事

総合計画の第4次実施計画が来年示される訳ですが・・・・・・

世の中の仕組みや政府の方針や論点の変化により当初の総合計画に盛り込まれていなかったり、予定していた事業を後回しにせざるを得ない事になっています。


見直しをしながら、適時実施計画を変更して来た事は評価しています。


恐らく第4次実施計画はしわ寄せで、特に優先する事業や施策以外、先延ばしや減額か現状維持になると予想していますし、そうで無くては困ると思います。

どの事業や施策を優先するか?現状の課題や将来的展望に基づいた説明をしないと、3月議会は荒れるだろうと予想しています。

計画は発表したが着手していない案件など『私の提案が実現しました。』等、報告した議員さんおられるし、相変わらず『これに予算を』『これをしなさい』との要望が多いので訳で・・・・

特に計画や予想図面が発表されている案件で未着手のモノは垂れ流しにするのでは無く、『これこれだから、先延ばしにいたします』とハッキリと言わないと『何故、行わない』となるハズなので実施計画と施政方針で示しておかないと、実に不毛なやりとりになると推察しています。

行政側のテクニックでも『技あり』と認める寛容性が議会側から消えつつある訳で、近視眼的発想で質問されても、絶対の自信を持って対応して欲しいと願っています。

少しピントが外れた質疑で有っても、弩ストライクの内容も多数見られるので、かわすのでは無く、真摯に受け止めて答弁して欲しいと思うのであります。

お国も危機管理やら人口減少・超高齢化社会や財政難やら昭和の遺産の処理に大変な時期ですから、最前線である基礎自治体の苦労は想像以上である訳で・・・・

お役人さん方が危機感が在る様に思えてならないこの頃です。


 12月4日のお仕事



ここ数年の中で一般質問登壇者が一番少ない議会となりました。

一般質問の回数多い事が、仕事をしているバロメーターとはなりません。

内容や論戦の中身が重要で、勉強会の様に、状況がどうだとか、周知の方法が如何だとか・先に調べて欲しいしと思います。

それで何したいのか?ちゃんとして欲しい訳で・・・・ヘンテコだったり品格が無かったりした場合には、議長に整理権がある訳で整理しないと・・・

垂れ流しの結果、質問の為の質問となり、ネタ切れとなるのであります。

本日は3日目で2名の議員さんが登壇された。

保育士の全国的な不足に対応すべく、他市の先例を研究して優遇措置をとるなどの方向を聞き出した議員さんは起承転結があって良かったです。

一般質問終結後、今期の議案上程が行われ、議運で追加議案の承認・そして本会議で追加の上程・先決処分の審査と、本来、問題が無ければスピーティーに終わるハズだったのですが・・・・・

余計な会議が間に挟まったり・会議終了後にも意味不明の会議が入り、内容も空転する訳で・・・・・

運営や提案にはストーリーが必要です。

最終的に確りとした考えが必要なのでありますが、思いつきに近い内容で、だらたらと曖昧な説明をして、各委員に如何しましょうか?では賛同も得られ無いし????となるのは必至だと思うのですが。

また、甘い運営で仲間や身内のミスを容認すると、大事な場面にヘンテコな前例が残り公平公正な運営が困難になります。

ストーリー無き議論に3時間近く付き合わされる議員や、報告等で不毛な会議が終わるまで廊下で待機しているお役人の事など一切お構いなしと言うのも、普段から余程暇か時間の概念なズレていのか不思議でならない。


 12月3日までのお仕事



11月30日は今日は定例会議初日で3番目に登壇いたしました。

次期の10年間の総合計画についてや、情報発信について等を、市長に事例に基づき方針について伺いました。

限られた財源の中で最優先として第4次実施計画で中学校では、生徒が良好な環境で集中して授業が受けられる様にエアコン導入を進める事・中学校給食は自校式の場合1校6億×13校プラス運営費となり、ある時期に来たら推進するそうです。

こう言った内容は当事者である父兄・生徒に学校として説明する事こそ、本当の意味での公開だと思います。

政党等が思惑ありで宣伝する前に多くの皆様にお知らせすべきです。


全体的に感じているのでありますが。サイレントマジョリティーに対応するのでは無く、声の大きい方々を対象として答弁は控えめにして素朴な方々が判る様に説明した方が良いと思います。

自転車専用レーンと歩車道の正しい利用法・昭和50年代からの海岸浸食への取り組み・人工物を極力使用しない養浜事業など先進的な取り組みをしている事を判り易く公的機関としてSNSなどで公表する工夫しないとね。



歩きスマホもスマホの機能性を考えたらやみくもに規制するのでは無く横断歩道や駅など階段等に限定して条例を制定すると同時に道交法の啓発をするのが良いかと・・・協議するそうです。

ホノルル市のスマホ条例は歩きスマホをやみくもに規制する内容ではありません。
スマホの機能性を尊重しつつ特に危険な横断時の使用に罰則が科せられます。

新総合計画は時代の流れが速いので、ガチガチではダメと指摘しました。

また、築51年の建物と賃貸契約者付きで雇用促進住宅を安価で購入して同敷地内に公民館図書館の悪業施設・高齢者向け集合住宅を建設し買った住宅の契約者に10年保障すると同時に若い世代に提供するとしたビジョンではリスクが多すぎると指摘した。

鶴が台団地の将来も不明であるし。購入後の地区をどの様にしたいかのビジョンが甘すぎする点について切り込みました。

まだ、決定では無いので耐震診断等が悪い場合やこれだと言うビジョンをしめせない場合もOUTだろうと思っています。



12月1日の一般質問は大荒れでした!

タラレバの噂話や決定しているのにしつこく聞いたりと行政側から大反撃で撃沈多数でした。

デタラメな質問やお役所側の答弁のわかってしまう内容を6時間以上のジッーと聞いているのはかなり厳しいです。

『おおっこれは鋭い!』と思う内容は無く、かけ逃げ・敵前逃亡・討ち死・自爆と生彩無しの1日でした。



12月2日・・・昨晩から年末モードが始まりました。



大先輩方や後輩の皆様のお陰様で楽しい集いが続いております。
心から感謝申し上げます。



湘南マラソンは好天、大盛況で開催中です。
ネコは縄張りで平和にグータラしています。



茅ヶ崎市内の給g田牧場は乳牛部門で2年連続農林水産大臣賞を受賞し通算3回目と素晴らしい技術であります。



今日は祝賀会で河野大臣から服部市長・佐藤県議会議長もおこしでありました。



元来、茅ヶ崎市から県央までの畜産の技術は高く、そして美味しい!



誠におめでとうございました。