☆令和1年5月過去ログ☆

 5月30日のお仕事

今年は母校日本大学に茅ケ崎のアスリートが数名入学しています。

地元のプロサーファーの活躍を確り大学本部も評価して頂ければ最高であります。

東洋大学ではプ゜ロロングボーダー学部長表彰の栄誉を頂いたとの事です。

本日はスポーツ科学部の授業終了後、日本大学本部前待ち合わせで、オリンピック強化指定選手でもある森プロと広報にお邪魔いたしました。

各大学ともSUPやライフラービング・ウインドサーフィンなどのマリンスポーツの運動部が出来たりしている訳で、スポーツ科学部も幅の広い人材に目を向けて欲しいなーと思っています。

母校とサーフィンの歴史は古く、日本人で初めてパイプマスターズに招待された三橋敬一プロは経済学部出身です。
また、多くの人材がサーフィン業界で頑張っておられます・・・

茅ヶ崎の人材が活躍する事は、まちの魅力発信に重要であり、様々な機会に発信して頂ければ最高であり、そんな思いで母校の友人を訪ねた次第であります。



写真は日本大学開祖・山田顕義先生以下歴代総長銅像前です。

とんぼ返りで市ヶ谷から茅ケ崎も戻り、市民相談対応・各種問い合わせの確認などを行い、夕方から日本サーフィン連盟支部会議に出席いたしました。



夏季における各クラブビーチクリーンの強化・選手育成目的のグロメット試合・市長杯・全日本派遣・年輪ピック開催等、様々な議題について意見交換を行い、意思統一をいたしました。

 5月29日までのお仕事

紫陽花の季節に入ったが、世の中は仰天する様な事件が多発しています・・・。


早朝から無差別殺人事件のニュースが飛び込む中、議会の運営に関する会議出席に出かけ、9時30分から正副議長応接室に入りました。

過去から決まっている事を明文化しようとしたり、合意事項の蒸し返しやら・・・結局正論の通りとなった。

その後議運・全議員説明・常任委員会と続いた・・・・

何でも文書化したりすると、それが逆に縛りになり自由闊達(最低限決められたルールの中で)な議論が出来なくなる可能性がある事を理解しないと時代に追いつかなると思っています。

無差別殺人の波紋は社会的にも大きく、防犯等に新たな動きが出てくる可能性もある訳で、今までの常識や判断から進化すると思っています。

6月議会の議案書が配布されたが、3度目の施政方針が含まれていてビックリした・・・

3月の施政方針と就任時の方針は何だったのか、肉づけ部分の補正予算の考え方と方針で十分でありましょう。

若しかしたら、毎議会の度に出すので有りましょうか???この件については理解不能でありますが、政策的財源についての具体的な考え方が示されたので、この部分は良かったと思っています。

夜はスポーツイベントの表彰式にお招き賜り、生涯スポーツと健康を絡めてご挨拶させて頂きました。

29日は茅ケ崎青年会議所OB会のコンペで終日となりました。

JCの先輩方は40歳で卒業してから、様々な地域貢献を多くの方が行っています。


消防団・商店会・商工会議所・体育協会・各ボランテァなど地域の色々なで先輩・後輩が頑張っていて、時には会場に入って初めて『こんな活動をされていたんだ』と知ってビックリしたり感動したりいたします。

今回も大先輩方と肩を張らない中で、色々なお話を賜ると同時に、『付き合いを大事に色々な情報や意見交換を活発に行うのが柾木君の役目だよ』とご指導賜りました。

処で登戸の事件後、警察は啓発やパトロールを各基礎自治体と共同して強化しています。

犠牲となられた方々に、心より哀悼の意を表します。

 5月27日のお仕事

令和初の国賓に米国大統領をお迎えして、様々な式典や外交が展開されています。

特に皇室外交に注目してみました。

世界的にも単一王朝か゛これほど長く続いている事例は無い・・・・そして政治に関与していないので、一つ一つのお言葉や晩餐会などのお振舞に歴史や重みがあるのであろうと思っています。

勿論、陛下の人格やご努力によるのも事実であります。

アラブ諸国の首長は、日本の皇室に敬意を示していて、外交にも大きな影響があり、日本との関係が悪化しても皇室への配慮は変わらない為、何度も救われている事例が多々あるのであります。

今回もアジアの隣国に対するプレッシャーは半端では無いと拝察しています。

そんな中で、国会野党は、この外交を批判しています。

辻元清美国対委員長は22日、記者団に「トランプ氏は観光旅行で日本に来るのか。安倍晋三首相はツアーガイドか」と、ゴルフや大相撲観戦が盛り込まれた日程を皮肉った

この程度思考回路で品の無い発言を野党幹部が行う訳ですから、自民が一強と言われてしまう訳です。

もう少し全体を見まわして発言して欲しいし、まともな政治論争をして欲しいと願っています。

野党が弱いと自民は堕落する可能性大であり、とても心配しています。

月曜日は、教育委員会・資源循環課・生涯学習課が会派に対して説明の依頼があり、承諾したので順番に控室に来られました。



中学校給食に関するアンケートの実施についてでは意識調査行い、財政状況等を踏まえどの様な方法で行うか・いつ頃から実施できるかなどを検討会で考えるとの事。



ゴミ収集の有料化検討の結果についての報告では、焼却灰処理の問題や人員やコスト・そして減量化も含めて近隣自治体同様に有料化したいとの事・また独居老人や障害がある方への配慮の幅を広げるとの説明がありました。

美術館については、65歳以上の受益者負担について説明があり、企画展などは半額・パイカードの発行などで優遇するとの説明。

最終的には議案として上程され審査されますが、柔らかい時期に報告をして、会派からも意見を述べて問題点の是正などを行い、議会に臨む事になります。

財政的に扶助費の高騰が続く中、ある程度の受益者負担はやむなしと考えますが、あんまりやりすぎな場合や配慮が足りない部分については、しっかり意見を申し上げております。

 5月26日までのお仕事

23日は先輩方と終日お付き合いとなりました・・・前期の反省から、お誘いについて極力参加するつもりであります。

夜のお食事も参加させて頂き、大企業の元役員の方に色々とご指南賜りました。

24日は極めて多忙となり、朝一番から企業訪問・・・市内には景観や自然保護の企業として取り組んでおられる事業所が結構存在していて、現在の取り組みや発信についてトップと意見交換をおこなった。

多年に亘、努力していますが、多くの市民は事実を知らないし、逆にノイジーマジョリティーが先行して、勝手な言い分が先に発信されたりします。

この後、市内10数件に活動報告に出向き、様々なお話を伺いました・・・・・


国会議員の質の低下について『戦争話・不倫旅行』などについてや、骨格予算により執行が遅れていないか?・教育の充実・インフラ整備費の減額と安全など、結構幅広い意見を頂き、実に充実したお時間を頂戴した次第であります。

所々で、夏前の車の整備・アポ取り・連絡・所用をしながら、真夏の茅ケ崎を周回したのでありました。

夜は、やっぱり先輩方からのお誘いがあり、確りビアガーデンで速い夏夜を過ごし10時帰宅。



25日は、早朝トレーニング・9時30分から湘南祭・桑田カップお手伝いとなった。

SUPのクラスは北海道から沖縄までの選手がエントリーして下さり、夏日和の中、素晴らしいレースを展開して下さいました。



お祭りに、体験型観光がプラスされたイベントであり、当に茅ヶ崎市の観光スタイルと言えるので無いでしょうか?

レース終了後、速攻で帰宅して、衣装替えして一中へ・・・市内各所で公立校は運動会を開催しています。



最後の一中リレーを校長と観戦出来て最高でありました・・・都内の運動会が風が無く、東京独特のヒートアイランド現象もあり熱中症が懸念される報道がされていましたが、市内各校は、対策も完璧でついでに海沿いの街には、湿気の無い爽やかな風が吹くわけでテントの中は実に快適でした。

夕方から藤沢へ・・・・湘南歯科医師連盟デンタルミーテングの研修に出席いたしました。



参議院議員&歯科医師である島村大議員の講演は、日本の皆保険の継続と問題について鋭い視点で年金を含めての内容で、色々と勉強になりました。


また、近年の口腔と病気の関係や診療報酬の問題などについてもレクチャーして頂き、有難い限りであった事は言うまでもありません。

26日はイベント挨拶や見学など・・・・




『笑街学芸会』に会長として出席いたしました。
日本舞踊からフラ・カラオケ何でもありのイベントで文化会館小ホールでやってます。
熱いので冗談で『津軽海峡冬景色』歌いますと言ったら、本当にステージ歌う事になり、痺れました。



そして、書道展見学と室内モードであります。
因みに、外は夏!!!

 5月22日のお仕事

総理が自ら、多発する児童事故などの対策を行うと表明した。

散策路や通学路などの安全対策の強化を国策として示した訳で、地方自治体の担う役割は大きいと言う事。

勿論、国道や県道整備も対象となる訳でありますから、財政難でシブチンな神奈川県も、各基礎自治体の要望に今まで以上に対応するであろう事を期待していますし、当然だと考えています。

茅ヶ崎市は10年以上前には、道路管理費は12億程度予算計上されていましたが、現在では半分の予算であり、市民要望の明らかに必要な修復などが停滞してる事実があるだけに、国の方針に対応する為には、補正予算計上となるのでありますが、どの様にやり繰りするのでありましょうか・・・国策でありますから、当然、補助金等が出ると思いますが・・・

行政の仕事は、お国の突然の方針転換や制度変更などがある為、それらに対応する余力や知恵が必要となります。

過去にも、突然の制度緩和が示され、背負いこむ必要の無い事業を展開して人的にも財政的にも負担が多くなった事例もあり、時代時代の変化に泣かされたりしています。

逆に言えば、整備の進んでいない県道などワイワイ言って改修して頂く良い機会でもありますから、嘆くより攻めでやって頂きたいと考えています。

22日は市内各所への報告・アポ取り・調整を中心の活動内容となりました。

夕方から、市役所・日本大学桜友会の総会・新人歓迎会に御招き賜りました。



総勢70名、市民と茅ケ崎市の為に、公務員として全力で業務を遂行して行きたいとの事でありました。


 5月21日のお仕事

4時過ぎの茅ヶ崎市から大雨警報発令の防災無線で起床となりました。



確認の為、萩園・漁港周辺・134号とまわってみました。

戻ってくると、選挙事務所で借りた物件のシャッターが支柱が抜けてヒラヒラと舞っているむ・・・

契約はとっくに終わってるが、通学路だし交差点に近いし・・・不動産屋さんには連絡つかないし・・・カッパに着替えて工具を持って、支柱を外して、シッター上げて、支柱を指してシャツター下ろしして、強風の中小一時間為、格闘して現況復帰。

8時手前には茅ヶ崎駅周辺は通勤の為の大渋滞となっていたので近づかず。

お役所に連絡すると市内小学校は休校との事で、天気予報を確認するとピークは午前中なので、自宅待機と事務処理作業となった。

国会、辞職勧告でゴチャゴチャしています・・・刑事事件などでは、アリでありましょうが、発言で勧告と言うのは少しばかり乱暴で感情的かもしれません。

勿論、この発言は公人として、完全にOUTで、素人丸出しです。

議員やりたいなら、禊をしてまた、出馬すれば良い訳で、身分の固執していてると思われる方が、将来的にマイナスかと・・・

こんな発言する当人が一番マズイ訳で、党は除名は妥当・後は自分で何とかしろと思います。

辞職して内外にケジメをつけたら如何かと思います。言われて辞めるより自ら決断しなさい!と思います。

ゴチャゴチャゴネても、影響力も無くもう仕事は出来ないので、税金の無駄となります。

5月20日のお仕事

素晴らしい天気の朝となった。

朝一はリニューアルして中海岸デニーズで打ち合わせを行った。



茅ヶ崎の夏と言った風景を満喫しながらの打ち合わせで、新店舗は中々の雰囲気でありました。

午前中は企業訪問を中心とした活動を行いました・・・・神奈川県は企業名が違っていても資本が同一の事業所の入札参加を是正しています。

茅ヶ崎市内には、他市に所在する会社が設立した企業が結構存在していて、調べてみると、隣の自治体の会社が出資していたりする訳で・・・・

お役所の入札状況を確認すると、成るほどと言った感想となるのであります。

:一つの例でありますが、下水道の最終処分施設を単独で運営している自治体は、大赤字となるのでありますが、茅ヶ崎市は柾木市長の時代に、流域6自治体の下水処理を共同で行った結果、この部分についての財政状況は良好であります。

下水道会計が真っ赤化な自治体の仕事量は減少傾向にある訳であります。

市内業者育成の観点からして、神奈川県に準ずるのが得策かと思われますが、如何でしょうか?

お役所に向かう途中、消防本署でちびっ子達が署員に色々と説明を受けている姿を見つけたので、こっそり見学させて頂きました。



大喜びのちびっ子の姿は最高で、『消防はヒーローでなければいけない』の持論は正解だと感じました。


午後からお役所入りして事務処理等を行い、他案件の処理の為、再び市内へ。

お役所では、教育委員会と打ち合わせ・・・・何故か『何か変だ』と思う現場の案件について教育委員会が知らないケースが多い様に思います。

学校内だけで処理したいとする傾向が強く、出来ないのに報告や相談が遅れて、後の祭りなるケースが全国的に多発しているのに、全然懲りてないのであります。

教育委員会や行政と連携する事が最善であり、別に学校の管理責任などを査定する訳でも無いので、より連携を強めて頂きたいと切に願います。

夏日となり気温の高い中、突然エアコン不調となり、16時過ぎに整備の為、駆け込みエアコンガスと湿気抜き+補充+オイル注入と痛い出費となったが、その後は快調であります。

 5月19日までのお仕事



16日は市外終日となりました。3件の市民相談などのアポがあり、月曜日に処理予定。



17日は大岡祭・・・15時から毎年恒例の墓前法要が浄見寺で行われるのでありますが、医師会創立70周年と医師会館落成式典と重なり、お邪魔出来ませんでした。

茅ケ崎医師会は明治23年に設立されました。他県のお医者さんにお願いをして茅ケ崎で開業して頂いたり、東洋最大のサナトリュウムである南湖院があったりと茅ケ崎市は明治時代から地域医療に熱心であったようです。

医師会も地域医療に熱心であり、昭和50年代には休日診療などを全国に先駆け実施し、厚労省から表彰されています。

現代では、市立病院との病病連携や災害時協定や防災訓練参加・健康増進・未病対策・高齢者医療・介護など重要な施策においてご協力を賜っております。



人口減少・超高齢化社会と医療は密接な関係にあります。医療水準の低いまちに人は住みません。

益々のご活躍とご発展を祈念申し上げます。

18日は全日本サーフィシン大会茅ケ崎支部予選会が行われました。

10代からエントリーしている大会であり、運営もお手伝いして来た、僕のライフワークの一つであります。



今年は6か月近く殆ど練習はしていませんが、永久エントリーのお約束がありますので、クラス最年長として戦いましたが、クウォーターで敗北となった。



将来のエースたるキッズ・ジュニアの進化は素晴らしく、人材育成の観点からすると支部の方針は良かったと、つくづく思いました。

運営の後輩諸氏に心から感謝と敬意を表します。

途中敗北したので、大岡祭パレードをチョイと見に行きました。


 5月15日のお仕事

10時に本会議が始まり、休憩となり議会内人事の為議長による斡旋と話し合いで調整となりました。

当に正副議長の調整能力が試される案件でありますが、夕方まで進展が無く、夕方から突然動き出しました。



ここから委員会構成や各委員会正副委員長の選任となりセレモニーが始まり、本会議・委員会・全員協議会と繰り返し行われました。

僕達の会派は、常任委員会委員長1つのみの要求でありましたが、3名構成の会派に何度も監査委員の斡旋を行われました。

監査委員は、その立場から一般質問等は出来ないので少数会派から受諾する事は難しいと最初に言ってあるのに、何度言われても困る訳で閉口いたしました。

挙句の果てには、要求していない余り物を持ち出して斡旋だと言われた訳で、これには議長も参っておられました・・・運営する側は全体のバランスや以後の運営について確り考察するべきであります。

最終的には都市経済常任委員長に岩田議員・総務委員に柾木・文化教育委員に広瀬・議運に広瀬・広報公聴委員会に岩田とガッチリした案分での活動を行う事になりました。

明日から議案審査が始まる事になります。


 5月14日のお仕事



臨時議会が始まり、正副議長の選挙が行われました。

予想通りの結果となりましたが、少数乱立と新人議員・期数の少ない議員が多くなっているので、運営には細心の注意が必要となるであろうと感じています。

議席の確定や会期の決定・各委員会の案分などが決定され、明日から委員会構成や役職が決定される事になります。
木曜日には議案審査が行われますので、どんなやり取りがあるのか、実に興味深いし大体の傾向を把握する事が出来ます。

処で景気の悪化が示されました・・・・中国の市場冷え込みや米中の経済摩擦の影響もあり、これが短期的なのか中期的なのか???な状況であると思います。

しかし、不確かな実態である中国に依存しての景気維持だった事は事実であり、リスク回避を政府は考えなかったのかと思うこの頃であります。

景気動向を見極めないと、消費税10%はブレーキとなる可能性もあり、慎重な対応が必要ではないかと思ったりするこの頃です。


 5月13日のお仕事

10時から市民相談・・・・かなり公平な立場で当事者を尊重しての内容となりました。

11時から会派の政務活動費などの口座開設を行いましたが、昔と違って結構厳しい審査となっておりました・・・

定款・所在地・海外での取引など、近年の犯罪や事件もあり銀行によりスペックの違いもあって梯子となり、内容を理解して頂いた金融機関にて作成して、事務局に連絡。

12時30分に会派会議、後。選挙管理委員会に供託金の返還処理手続きなど。

14時過ぎに市民相談・後、藤沢方面に所用処理。

ついでに江の島にご挨拶にお邪魔して、茅ケ崎に戻りました。


 5月12日までのお仕事

10日(金)は、来客対応から始まり、会派構成が変わったので、控室の移動を行いました。
経費節減の為、パーテーションの変更を行わなかったので、24年間居た部屋から移動となり、何だか新鮮な気分となりました。

火曜日から臨時議会が始まるので、各会派とも打ち合わせか13時から行われました。



15時から行政サイドから6月議会の補正予算である肉付け部分の予算配分むについて会派説明が行われた。

20数億の予算の中で、『道の駅』が用地取得に遅れが生じた事による工事延期が効いていて、13億程度の削減となった。

後の部分は、先延ばししていた部分も其のままで、特に進めている事業に対する見直しは少ないとの印象を持ちました。

詳しくは6月議会で審査されます。

夕方から所用処理・ビアガーデンオープンに出席したが、最高に夜は冷えました。



11日は、アロハマーケット式典・会場確認・少年野球決勝リーグ観戦を茅ケ崎公園で・・



最高の天気の中、ワイワイと良い感じでありました。



自転車事故が県内で多い茅ケ崎市は、様々な啓発活動を行っていてワースト3位以内から脱出したのでありますが、依然デタラメ運転や大事故が存在している。

安全協会や行政や自転車商組合の皆様は、様々な機会を通じて、頑張っていますし、効果も出ています。

14時から来客対応・雑用処理。

12日は、予定されていた全日本サーフィン選手権茅ケ崎支部予選会がコンデション不良により注視となり、お休みとさせて頂きました。


 5月9日のお仕事



議会関係の仕事は無かったので、選挙の片づけを8時から行いました。お借りした備品などを掃除したり洗ったりして、先方に連絡してアポ取りしたり・・・・

公費負担などの書類を完成させて選管に届けたり、横浜まで所用でトンボ帰りしたりとラジカルでありました。

お役所では、全く経験の無い部署に優秀な幹部が配属となっていたりと実に???な感じがしています。

上司も部下も色々と気遣いする事になるので有りましょうし、第4次実施計画も大詰めとなり、優先順位や事業の見直しもあり、この時期はフル稼働だと思うのでありますが・・

時々、夜のお役所にチエックに行きますが、10時近くになっても明るい窓があったりしているので、結構苦労しているのでしょう。

決算時に時間外が減っていたら、こりぁサービス残業か、ヘンテコなからくり造って、調整している事になるな!

昨年は働き方改革の会議なんかを沢山行っていて、さのお陰で業務以外の仕事が増加していたが、効果があったのか実に興味深いのであります・・・・

 5月8日のお仕事

10時から議員初顔合わせ会が始まりました。

佐藤市長からのご挨拶の後、議会事務局スタッフ紹介がありました。

事務局スタッフの協力無くして議会改革も無いし、運営もなりたたないので、新人議員は十分に事務局スタッフをリスペクトして欲しいと願っています。

各議員の自己紹介はベテラン程サラツとしていました。新人議員の中には、どうでも良い自己主張を初っ端からしたりしていて、自己顕示欲丸出しで顰蹙を買っておられた方もおられヤレヤレであります。



終了後、協議会に入り代表者による議席等・運営に関する案件については仮決定が行われ、最終的には議決案件となります。


また、議長選出・役職については従前からの決定事項により、正副議長選は立候補制となり公職選挙法に基き、投票にて決定されます。

議会役職については、正副議長決定後、代表者による話し合いの後、議決案件として上程されます。

会派の代表として、会議が続きましたが、前期と違ってとてもスムーズに進行していて決定事項の蒸し返しなどは殆どありませんでした。

また、控室むについてもパーテョンの変更など、予算が掛かる事が無い様、各会派妥協して下さいました。

茅ケ崎市議会は会派制で3名以上から議会の運営に交渉権を有するシステムであり、共産党は2名で見なし会派として容認していますが、交渉権は在りません。

他の無会派議員との相部屋を妥協して頂き、無事に解決しています。

終了後、控室移動の為の整理整頓が始まり、終了後、ランチミーテングを行いお役所を後に、市内報告活動に入り、22時に帰宅となりました。

 5月7日のお仕事



10時から自由民主党茅ケ崎市議団最後の会派会議が行われ、会派は解散となり、僕は岩田議員・広瀬議員と一緒に新しい会派を結成いたしました。

市政に湘南の爽やかな風を送ると言うコンセプトで「湘風会」と言う名にしました。
この会派名は、保守系会派の伝統的な名であり、原点に戻って心機一転、王道を進んで行きたいとの思いもあります。

自民党は地方議会では伝統的に一本化が出来ない傾向にあり、今回も12名で3会派が誕生いたしました。

思いが在っての新会派なら良いのでありますが、外圧や私利私欲で結成された場合、その会派のトップが余程、議会に精通していない限り、途中崩壊する傾向があります。

12時に締め切られた結果は、新政3・公明4・立憲4・湘風3・絆4・自由クラブ5・共産2・無会派3と少数会派に分かれていて、議会運営上かなり厳しい状況となりました。

特に経験値が少ない構成メンバーの会派については、色々とあるので注意が必要であると感じています。


昼からお役所1階のスペースにてアロハビズのオープニングが行われ、今年もテミヤンと嬉しい再会となった次第であります。



最近は洒落にならない事を言う人も多くなった、シティーセールスにおいてまちの個性や楽しさを発信する事は、絶対無駄にはならないのであります。

式典終了後、呉服橋にまで出かけて、とんぼ返りして市内各所に報告に出かけた。

夕方から、通夜式があり母親の友人3名を載せて会場へ・・・・その後市内報告活動で21時帰宅となった。


GW中は、選挙後片付け・家事処理などでしたので、お休みさせて頂きました。