☆平成25年9月過去ログ☆

 9月27日のお仕事

本日は定例会議最終日で、各常任委員長から審査について報告があった。9月は決算があるので、報告終了まで10時〜13時までと長い時間がかかりました。

委員長報告にもテクニックがあり、ただ端折って報告するのでは無く、委員長が重要と感じる案件や行政側の答弁で鋭い内容のモノを見極めてストーリーを考えて作成する事が望ましい。

湘風クラブから決算と環境厚生の委員長を輩出しているが両名とも良い報告でありました。

委員長報告終了後、休憩、そして討論となります。

討論は決算認定や各議案について賛成・反対の態度表明と意見を述べる場所であります。

今回の会派代表は僕で以下について討論した。


湘風クラブを代表して決算特別委員長及び各常任委員長報告に対して意見と態度表明をいたします。

総ての報告・議案に賛成いたします。

以下・若干の意見を申し添えます。

まず認定第1号につてでありますが、
事業によっては各部が担う役割や仕事が分散化され、縦割りと言われた時代からを考えると、単に所管の金額や業務内容を審査するだけでは真の評価が出来ないと強く感じました。
これは行政側が時代に合わせて進化した証であると評価いたします。
決算の審査においても、かん項目の区分で行う以外に施策別での対応も考えなければいけないケースもあると認識いたしました。
しかしながら一方では、消防費の防災アカデミー事業の様に現場同士のやり取りだけで、教育委員会としてどの様な方針や目的にするか消防本署との調整がなされていなかったり、部門によっては依然セクショナリズムが存在している事も質疑の過程で明らかになりました。

これは1例でありますので、今後益々効果的な連携を望むものもであります。時間外等についてでありますが、依然、特定のセクションや個々の能力や業務内容によってバラつきが存在しています。

職員の構成を考察しても、当分の間、いわゆる中堅層に掛かる負担が続くと思われます。
民間との協働の方針を打ち出している為、出来うるアウトソーシングを行った痕跡を見る事が出来ますが益々の努力を期待いたします。
また、繰り越し及び事故繰り越しについても国の施策の部分差し引いても、若干多いと指摘いたします。
各セクションとも様々な理由がありご苦労された事は十分に理解いたしますが、適正な執行を行う努力をして頂きたいと申し上げます。
業務棚卸の効果はかなり出ていると判断いたしますが、臨機応変かつ柔軟性をもっても良いのではないかとの意見を申し添えます。

認定第6号下水道事業会計については、

企業会計を導入した初年度となります。
先見の明か広域での最終処分場運営のお陰で良好な決算となりました。
しかし、繰り越しが多数存在した点については真摯に考えて頂きたいと指摘いたします。

認定第7号病院事業会計についてでありますが、

ジエネリック医薬品の院内使用の推進をするとの答弁が病院長からなされました。
一般の医薬品で何だかの問題が出た場合、メーカーは24時間以内に厚生労働省に報告する義務がありますが、ジェネリックにはその様な厳しい義務は課せられていません。

また、山形大学の研究では医薬品の効力が不安定な製品がある事も報告されています。
国の政策である事や26年以降・点数に反映するとの動向もあります。
中核病院や地域医療支援病院等様々な指定を保有している病院として診療点数に加算されている以上、品格の確保も重要であります。

急性期には適正な医薬品を使用しなくてはイケない場面もあり、やみくもに切り替えるのでなく薬時審議会などで十分に検討して適切な使用を行い10%使用率確保して頂きたいと指摘いたします。
人員等の確保についても病院だけでは無く、広域的な行政協力により将来を視野に入れた取り組みを行われた事も評価いたします。

議案第61号・市民参加条例については、

条例の元となる自治基本条例を理解していないと理解しにくいと考えます。
今後の周知については十分に配慮して頂きたいと要望いたします。
また、上位条例である自治基本条例についても国が住民基本台帳法の改正があったばかりなので時代に合わせた内容を検討して頂きたい事を申し添えます。

議案第62号茅ヶ崎市住民基本台帳カードの利用に関する条例については、

マイナンバー制への対応準備や住民の利便性の向上や窓口業務の合理化に繋がると判断いたします。
窓口での発行単価約450円・発行手数料300円と逆ザヤであります。
コンビニ発行だと件が損益分岐点である事が明らかになりました。
合理化の絶好にチャンスである事を認識しコスト意識を付加した政策を展開して頂きたいを要望いたします。

議案73号茅ヶ崎市一般職の給与の臨時特例に関する条例についてでありますが、

地方分権を推進する中で大東亜戦争末期の戦費調達のごとき内容であり、市長会・議長会等地方6団体からも総務省に対して猛烈な抗議を行った経緯もあります。
同じ地方行政に携わる者としては遺憾の極みであります。
また、ラス係数を基準した点についても国は地方の状況を把握しているとは考えずらく、本市においては管理職で前後・病院については対象外と政策的な観点は理解したとしても不平等感はぬぐえません。

総務大臣からのお願いも拝見しましたが、当に前近代的な手法であると言わざるをえません。
市長も苦渋の選択をされた事と拝察申し上げると同時に心中をお察しいたします。

今回は妥協するとしても、今後、この事が前例となり繰り返されぬ様に2元代表制の一方である議会側も議長会を通じて働きかけると伺っておりますので服部市長も市長会を通じてその思いを伝え国に働きかけて頂く事を強く要望いたします。

9月26日までのお仕事

25日は市民相談や所用処理など比較的緩い内容で、途中サクッとトレーニングなどして昨日の不愉快な案件を消去してリセット!
夜から友人と会食プラス意見交換等を行った結果、御前様となり記憶喪失モード!かなりシリアスな展開となり頭の回転はレッドゾーンとなり壊れました・・・・

26日は体調不良となり午前中は電話による打ち合わせとなる。
午後13時過ぎにに登庁して討論の為のヒアリングや議事録確認。

他に数件について、各担当と意見交換や陳情処理を行い17時過ぎまでタイトに過ごしました。

道路管理課・職員課・病院副院長・広域政策課・事務局長・市民課・etc.他に市民相談3件と続いた。

帰宅後、討論原稿を作成して0時近くに完成した・・・

柳島のサイクリングロード浸食については、副市長からお電話を賜り、本日、担当課長から説明がありました。

台風20号に更なる浸食を受けたが10月初旬の修復完了を目指して、現在砂入り1トンフレコンを必要数製作中で、波浪が収まった後設置し砂を盛り復元するとの事です。

 9月24日のお仕事

10時から公共施設整備再編特別委員会が開催されたが、委員長に岩田議員・委員もおり、事前に会派内で様々な意見交換を行っていたので、報告があるので傍聴はしなかった。

13時過ぎから議会運営委員会に出席して陳情審査を行いました。


既に取り組んでいる内容や議長の諮問機関を廃止して議運で行って欲しいとの内容でした。

諮問機関である検討会では改革の為にガチンコで様々な案件について議長に答申している。議運は最終的に運営に関する取り決めを行うのが目的だからNG!

書面審査ですから、これは仰せの通りとの内容があったとしても、現在検討中の事や少し考えが違う部分があると否決となります。

結果、不採択!

午後から代表者会議が開催され、懸案事項について意見交換が行われた。


14時近くから、市長に面会を求めて数件の案件について意見交換を行いました。

各自治体の動向について把握しておられ、近未来において障害となろうと予想される案件については意見は一致した。
短い時間でありましたが、濃いお話が出来ました。

会派の控室も戻り、会派会議を開催して各議案に対する最終日対応について各議員さんと意見交換して最終決定を行い、関係する他会派代表に結果報告をおこなった!

終了後、諸案件について担当部にヒアリングに出かけた。

 9月23日のでのお仕事


20日は、総務常任委員会に出席いたしました。
市民参加条例や国の押しつけ的議案やコンビニでの住民票・印鑑証明の発行に伴う条例改正や補正の審査について質疑を行いました。
委員会に市長は出席しないが、僕から動議を出して出席を求め、その考え方や思いについて伺いました。

お国は今年の交付金を減らした分、職員の給与を半年補てんとしてカットした方が良いのじゃないの!強制はしないけどさ!と各自治体にプレッシャーをかけた結果の議案についてであります。

復興目的り費用捻出だが、大東亜戦争末期の戦費確保策の強力に中央集権で片方で分権とか言いながら、昔と同じ事を考えた訳であります。

今でも戦争末期のお金を中央が吸い上げると言うか既得権がそのまま残っていて、各省庁の権益となってる。

茅ヶ崎市は今まで、被災地に長期で職員を派遣したり、独自に支援を行っている。そしてレス係数で交付金の減額を決定して来るのもNG・・・

全国知事会・全国市長会・議長会とも是正を求めた内容であり、断腸の思いを市長は語った。

委員会は政党の関係もあり、とりあえずしぶしぶ賛成したが、本会議まで、まだ、判らない!

その後、議会だより編集委員会出席!


21日は所用で遠方へ・・・途中都内で大渋滞にハマって疲労困憊でした。


22日は7時頃から準備して2回延期となった茅ヶ崎市長杯のお手伝い!終日、台風からの波で良いコンデションで最高の試合となりました。
ファイナルは見ごたえ十分で、若い選手の技術の向上は嬉しい!
写真は本部テント!僕はサードMC!メインMCベシャリ絶好調で助かりました。

今年も支部長以下ジャッジや運営の方々のお陰様で、素晴らしい試合でした、お疲れ様でした!

公務が忙しくて2年間ご無沙汰したクラブコンテストに久々にエントリーさせて頂きました。他に2件のイベントにご招待賜っておりましたが、今回は後輩や先輩を大事にしたかったので優先!


昨日は1日市長杯お手伝いでしたが、今日は選手で・・
ウイニングショット、残り30秒で決めて優勝!ラッキー。


CLBの皆様のお陰で素晴らしい1日になりました。子供の頃からの仲間に囲まれてとても幸せでした。心から感謝申し上げます!
ありがとう!ございました。
海の兄貴達と久々に楽しいお時間共有してご機嫌!


 9月19日のお仕事

今日は早朝から現場確認!地方議員は現場直結が大事であります。
では報告申し上げます。

柳島については、既に養浜工事の業者決定している状況にので本日から工事開始されました。

中海岸も日か明日から工事開始・現場にて漁師さんからの要望や意見を聞いて担当課長へ報告した。

チサン菱沼海岸方面も整地工事は近日中との事でが、今日既に職員や業者が現地に居られました。

写真は上から中海岸・柳島・菱沼です。




 9月18日のお仕事

始めに海岸線の台風被害の復旧予定についてご報告いたします!
柳島については、既に養浜工事の業者決定している状況にので数日中からでも工事開始との事。
中海岸は業者と調整中で本日か明日から工事開始。
チサン菱沼海岸方面も整地工事は近日中との事でした。

早い!


朝、庭に出ると夏ではありえない場所で我が家のネコがくつろいでおりました・・・秋だな!

本日は都市建設常任委員会を傍聴しました。
トピックは陳情。


URは建替えした場合に家賃が上がるのは正当制があるが、原価償却の進んだ老朽化した建物まで値上げするのはおかしくないか?との内容で、ごもっともです!

URの本来も目的は多くの国民により良い住宅を多数供給する事だから。傍聴者多数!全会一致で採択。

午後から総務常任委員会に備えて5議案について各担当とヒアリング。


18時から自民党茅ヶ崎支部の役員会に出席・・・9月〜10月は時局講演会・県議長就任パーティー・講演会・イベント県連パーティーなと゛実にタイトな活動が予定されておりました・・・


 9月17日お仕事

昨日、茅ヶ崎市幹部に海岸線の状況について報告した処、市長以下の幹部が海岸視察に行きました!とご連絡賜りました。

トップが海岸を視察するのはとても良い事なので○!

担当部と神奈川県は県管轄の部分や茅ヶ崎市管轄の場所・危険度・次回台風に備えて要投入場所・漁業保護などを考慮して修復をして行く事となるでしょう。

シラカバ(中海岸周辺)は県などのモデル地域となっています。

僕はシラカバから西側に砂を積まないと旧中海岸プールの辺りから134号に波が侵入する事があるので要注意箇所と認識しています。
市の担当から県への連絡も完了してます・・・

漁師さんも『危ないな』との事でしたよ。市内の海岸計算して砂を積み上げて台風の時や波のデカイ時にショベルカーの様に削って持っていかれる事で砂を供給する側面もあります。

いきなり海に砂を入れるとでかい波の日のアッと言う間に何処かに移動してしまう。
うまく潮の流れを読んでスポット投入する事もありますが、当たるも八卦となる可能性もあります。

シラカバ前には同時に岸近海底に基礎が打ってあり、砂も小石とブレンドする事で浸食対策しております。

10数年前と比較して随分とシラカバ方面は砂が付きました。一番酷い時は階段の下まで普段で海水が来ていました。

今年も台風などの急激な浸食対策用と毎年行っている定期的な砂入れ(台風シーズンが過ぎてから)行います。

また、スポット海投入となる場合は、海底の地形や潮を知る専門家や漁師さん・マリンスポーツ関係者と色々と話し合ったりして決定しています。

しかし、今後も台風の発生があるので、より効果的な投入や修復を考える訳で・・・これがとても難しいとの事です。


 9月16日までのお仕事

15日は茅ヶ崎市長杯アマチュアサーフコンテストが予定されておりましたが、台風の接近により警報で出ていた為、5時30分以降に中止が決定されました。
茅ヶ崎支部の判断は迅速かつ適切でありました。前週は落雷注意となり開会式・受付を中止しました。兎に角早いです。

試合の中止が決定され解散してフリーとなったパーク下で1名の方がお亡くなりになりました。

たまたま発見した方が心肺蘇生をしておられ、消防が到着するのも早かっただけに残念です。

マスコミ報道だとサーフィン中に溺れたしか言いません。

ご本人の名誉の為にも一言付け加えたいと思います。

お亡くなりなった方は、他支部の全日本代表数回・NSA2級資格者で優秀なサーファーでありました。当日のコンデションはジャンクでは無く、波もさほど大きくはありませんでした。
また、状況判断力・技術力もあります。

考察するに単純に溺れるとは考えづらい、想像ですが別の疾病・・心筋梗塞等か体調が異常なった為に結果としてお亡くなりになったのではないでしょうか。

ご家族もおられるしとの事だし、歳も若いしとても悲しいし残念です。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

自然を相手にするスポーツ・・・僕も体調管理を厳格にする年頃となったので色々と考えてしまった。

16日は台風!お役所職員は担当部を中心として幹部以下深夜からお役所に配備され通過まで市民の安全・安心の為に働いておられました。

海上監視中の網元!
午後満潮前に中海岸に調査出撃!この場所は茅ヶ崎市の浸食被害の大きな場所で漁港側から廻り込んだ巨大に波が来ると134号まで到達する事があります。


現場に到着すると、既に地引の網元とお仲間の方々が監視中でありました。

普段はガケの様に高く積んである浸食対策用の砂の上まで来た

浸食対策の為、盛り土しているお陰でサイクリングロードや134号越えをかろうじて阻止している状況!

シラカバ方面から巻き込んで入るスゥエルが一番ヤバイそうで、小屋ギリギリまで写真の通り潮が来ます。

これから満潮にかけてウネリが落ちれば大丈夫ですが、そうでないと危ないとの事!シラカバから西側の盛り砂がもう少し多かったら安心だったそうです。

今後の予定では菱沼を始めに中海岸に砂を盛る事になっていますが、市内各地の被害を確認して順番の検討が必要の様です。

砂のストックは3万立米位はあるハズです。

但し台風シーズンなので効果的な投入を行わないといけない!

柳島海岸もひどくサイクリングロード崩壊ギリギリの状況でありました。

直ぐに市幹部に電話報告して神奈川県に連絡して下さいとお願いした。明日以降、本格的な被害確認して優先順位をつけて復旧となるハズです。



夕方は台風が過ぎて素晴らしいトワイライトタイムとなりました。自然は偉大なり!

 9月14日までのお仕事

紛糾して時間超過・不機嫌モード・・大いに反省して欲しい

13日で決算特別委員会が終結いたしました。
総括質疑では市長も出席して大枠での質疑を行った。

僕からは県費で給料が出ている教員は基礎自治体への帰属意識が薄いのでは?と言った観点から防災教育を例に答弁を求めました。
市長も認識されている様子でありました。答弁のハシハシに思いがあった!

また、下水道事業の会計が企業会計を導入した初年度だったので、大赤字となる最終処分場を広域化していた事により黒決算となった事、放射性物質を含んだ汚泥を茅ヶ崎市内にで管理している部分について東電から保障されているか?
などを質問しました。

今回の決算最終日は荒れ模様で、紛糾して昼飯はお預けとなった・・

思い込みで公的な質疑をした松島幹子議員のお陰で2時間程無駄な時間を過ごしました。

勘弁して欲しい・・・今までも何度と無く答弁されている内容について自分の解釈と思いこみで発言した為、他の議員から議事進行がかかり、休憩・代表者会議数回となりました。

何を言っても良いが事実と違う事や品位を問われる内容はNG!

結果として、ご本人から発言の取り消しと謝罪が行われた・・・・
これで何度目??次はヤバイな!

後で会派にお詫びに来たが代表の同行もなかった・・・


14日は終日フリーで新兵器のテスト!新しいギアーは日常からの進化脱却なので苦しいし難易度高いし思い通りにならないのだが、進化する為には大事な事だ!

 9月12日までのお仕事

11日は諸案件処理の為、終日外出!
12日は10時から、文化会館にて敬老大会開催式に出席してお役所いり後、市外へ

敬老大会・・・元気な先輩ばかり・・・

いつまでも元気でなんて言って自分はどうなの?

四国から戻って2週間程が過ぎたが、議会となり毎日座りっぱなしでノートレーニング。
50過ぎて体動かさないと即硬化して調子悪くなります。


体中痛たたっ!と言う事で昨晩から3週間ワンセットで軽いトレーニングメニューを考えました。中心はノルデックで!21日後はどの様に変化しているでしょうか?

楽しみ・・・2日目なので無理せず軽く


 9月10日のお仕事


本日は9時から決算の事務事業評価を総務所管議員さんだけで、統一した内容に調整する委員会が開催されました。

お役人は答弁に入りません。

最終的に纏めて整理して委員会調整は終了!ガチで議員間で意見交換しました。


 9月9日のお仕事

10時から決算審査!特別会計でありました。

下水道は企業会計の変更となった初年度であり、最終処分場を広域で運営していた為、赤字とならかった。先見性あったと後世で評価される良い事例でありました。

病院についても病診連携が推進され急性期病院としての位置づけが確りしてきた。利用者側へのアプローチが進めばなおさら良い。

医師不足等について事前策がヒットしてOK!小児科についても従前からの政策がヒット。看護士不足については、看護病院を2市1町の協力で立ち上げたので今後楽になる。

他の会計についても国策に問題点がある訳で、茅ヶ崎市としては問題はありませんでした。

 9月8日までのお仕事

6日は前日から引き続き決算特別委員会。
7日は茅ヶ崎第一中学校のサーフィン体験教室でした。


宇佐美潤校長先生を隊長として各人生板持ち込みでもう15年目となります。
大人気で各クラス1名の高倍率との事で、お手伝いする側も気合でした。
波は小さかったですが天候は最高!

一中OBサーファー・・・皆子供の頃からです。

8日は茅ヶ崎市長杯で、波は無くても開会式を予定しておりましたが、雷雨注意報とゴロゴロ音が聞こえた為、安全を考慮して中止といたしました。

5時前から起床していたので、オリンピック東京決定をリアルタイム見
た!



午前中は、諸案件について調整の為、市内6か所を訪問した後、電池切れで自宅にて静養。


 9月5日のお仕事


決算特別委員会小委員会第1日目・総務費・民生費・衛生費・労務費・農林水産費・商工費まで10時から18時近くまで続いた・・・・

本日一言も質問しなかった委員さんは何しに来たのだろうか???

市の予算は議会の議決で成立します。ならば当然 決算で議員は、その予算がはたして適切に執行されたのか?をチエックする責任があると思います。実に不思議だ!

審査をしていて気がついた事がありました。

一昔前だと縦割り行政とか批判があった訳ですが、最近は事業の目的によっては所管する担当課以外の施策とコラボしていたり、目的の為の歳出の区分が複数化していたりと、単純に事業に対する評価をするだけでは表層的な審査になってしまう恐れがあるのであります。

審査終了後、NSA茅ヶ崎支部ミーティングに出席して21時頃帰宅しました。

 9月4日のお仕事

8時40分から議案の訂正の為、議会運営委員会開催!
今期定例会は、資料の訂正が多い・・止めは議案・・・

お役所は、17時15分に庁舎が古い為、節電でエアコン止めると全館空調ダウンします。分庁舎は個別なので部分使用可能だが原則OUT・・

今年の夏は異常に暑い・・・作業性が落ちているのではと僕は拝察している。
9時から分科会スタート。所管部分で無い場合は傍聴となりますが、4日中に前日の事業評価を提出する為、控室にて缶詰状態でありました。

それでも時間を空けて傍聴に行くのですが、僕が聞きに入る時に限って所管外やヘンテコな要望中だったりしてヘキヘキモードとなって討ち死にとなります。

夕方に総ての仕事を終了して帰宅・本日からロードトレーニングの予定も雷雲の為、中止!トレーニング中の中年・落雷で死亡では洒落にならない。


 9月3日のお仕事


9時から決算事業評価・総務分科会に出席いたしました。
評価対象事業5件について審査!
ヒアリングして臨んでいる議員さんとの格差は質疑の瞬間に解ってしまいます。このお金は何に使ったお金ですか?おい!そんなの調べておけよ!!と言いたくなります。質問しながら考えるな・・・

それは兎も角、それぞれ色々な視点があって切り込み方が違うので楽しい訳で・・・・4日の17時頃までに評価シートに記入して提出して、それを纏めて議員さん同士で意見交換して議会としての評価を決定いたします。

午後は教育経済分科会を傍聴した・・・・

各課に表敬訪問した後、市内数件にお邪魔して帰宅!


 9月2日のお仕事


明日から決算特別委員会が始まります。今日は事業評価5件についてお役所側とのヒアリングとなりました。
事業仕分けとは違います。
評価して議会側から市長に提出するのであります。
総務所管部分の審査に出席します。


しかし、ヒアリングして無い議員さんは明日何質問するのかな?

終了後、市民相談や意見交換数件をこなして20時過ぎに帰宅となりました。
 
 9月1日までのお仕事

30日は、決算に備えてヒアリングを行ったり、所用処理・
31日は市内訪問・夕方から自宅にてクールダウン。
1日は休息・夕方から後輩イベント打ち上げ参加でした。