☆平成26年9月過去ログ☆

9月30日までのお仕事



30日は8時30分過ぎから茅ヶ崎駅北口ペレデッキで記念式典が行われた。

ホームの発車メロディーが10月1日始発から、サザンの『希望のわだち』となります。

2種類あって、イントロとサビバージョンであります。



関係団体とJRさんに敬意を表します。

10時から定例会議最終日となり各委員長報告の後、会派としての態度表明と討論を僕が行いました。



以下が討論の内容です。


湘風クラブを代表して決算の認定及び各議案について態度表明いたします。総て賛成いたします。

以下、若干の討論を行います。

認定第1号 平成25年度一般会計歳入歳出決算の認定については数字上の問題は無く適正であると判断いたしました。惜しむべきは子育て施策で、様々な努力や将来を見据えた政策が行われているにも関わらず、秀でた特色が薄い為、結果として先進市との比較において子育てにやさしく無いと子育て世代から評価される可能性がある事で、子育て関連諸施策の中から一工夫して1事業程度は斬新かつ高レベルの施策展開を行う時期では考察する。担当課の努力や仕事は報われるべきであると考える。

また、現行歳出抑制施策の一環である人件費政策を堅持して行くのか、多様化する世の中に対応する組織展開を行って行くのか、決算審査を通して色々な問題点を見る事が多かった事をあえて申し上げます。

認定2号から認定第7号まで総て適正であると判断いたします。
議案第73号茅ヶ崎ゆかりの人物館条例

事業説明当時より近隣事業費が5億を超える投資の割には、開高健記念館との連続性や使用目的が雑である事を指摘いたしましたが、行政も真摯に受け止めた中で相当の改善が行われた事を評価いたします。
ゆかりの人物については文化芸術に加えてスポーツ選手や学者等ジャンルを固定化しない事を申し上げ賛成いたしました。

議案第75号子供子育て支援法施行条例

議案第76号茅ヶ崎市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例
議案第77号茅ヶ崎市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例については関連がありますので一括して討論いたします。

国の法律の改正にともない提案された3議案の中で、認可・認定・無認可の保育園が認可と無認可の2本立てとなり認定保育園については、どちらかに移行する事になります。その基準を定める条例ですが、様々な部分で認定段階の事業者が苦しい選択をする場面が推察されます。今後、待機児童解消を目的として当面の間、市単独等での支援を行う必要があると会派では判断している事を申し添えて賛成いたします。

本会議は16時頃に閉会となり、18時会派の打ち上げを行い帰宅・・・・



29日は午後から討論や原稿執筆作業で夜中まで。

 9月28日までのお仕事



28日はコンデション不良により延期していた茅ヶ崎市長杯争奪AMサーフィン大会の終日お手伝いとなりました。



20代の頃から茅ヶ崎支部のお手伝いや支部全日本選手権総合優勝3連覇時の副支部長を務めて来た訳で、その時代に色々と協力してくれた後輩の皆様が中心となって伝統を継承して下さっている。
そして進化を目指しているので足が向いてしまう・・・



台風の影響で素晴らしいステージであり、特に若い選手の心技体の向上に、目を見張るモノがありました。

また、ジャッジシステムから運営まで結束が固く、現執行部の働きには敬意を表します。



素晴らしい1日の最後は綺麗なサンセットでした。

27日はウエイテング・中止だったので、原稿執筆でした。

 9月26日のお仕事

世の中には意図的にデマを広げる方々がおられる。

市内重鎮から問い合わせ有り・・・・内容の端々にデマの目的が垣間見れるので『ナルホド』と思いつつお話を伺いました。

早速、担当課長に確認して資料を要求して、来週に先方へお邪魔させて頂きます。

他にも、色々と気にしている事があるので情報収集作業開始。

夕方にはある程度の結論が出ました。結構、骨の折れる作業を行う必要があります。作戦立案開始であります!!!

 9月25日のお仕事

先日の土曜日、日曜日に、ワイキキビーチ、クイーンズポイントにおいて、HSA主催、茅ヶ崎市長杯が開催されました!
両日合わせて、100名を超える参加者もあり、ハワイの銀座であるワイキキビーチでの開催ということもあり、 大変な盛況で、多くの方々がHSAと茅ヶ崎サーフィン協会とのバナーに注目していました。

ワイキキビーチでは有名なデューク・ハナモク像の目の前に開催ブースもあったことから、観光客への宣伝効果は、絶大なものでありました。



大会開催に当たり、茅ヶ崎サーフィン協会からは、アンダー11クラスの優勝者の子供へ、茅ヶ崎市長杯としての副賞が授与され、 NSA茅ヶ崎支部長である高橋支部長より、優勝者へ手渡されました。


また、茅ヶ崎市長からは、先に行われた、HSAとNSA茅ヶ崎支部、茅ヶ崎サーフィン協会とのフレンドシップ協定にたいする、親書を頂き、大会会場でも読み上げられました。

支部長・協会長とも多忙の中、市長杯のプレゼンターとしてハワイに出かけて下さいました。
茅ヶ崎市長杯なので無人と言う訳に行かないし、伝統ある日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部と茅ヶ崎サーフィン協会として思いもあるので、心から感謝を申し上げます。

また、ここに至るまでご尽力頂いたMr.GF Mr.Tを始めとする多くの関係者に敬意を表します。


昼間は出たり入ったり、19時から日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部定例会議でした。

この処、重要案件が多く必ず出席しています。今日はホノルルで行われた茅ヶ崎市長杯についての報告もありました。支部長お疲れ様でした。
写真は茅ヶ崎市長杯のTシャツです。

決定事項については、後日支部HP及びFBにて公開いたします。

 9月24日のお仕事

10時から来客対応。
10時45分から企画課長と打ち合わせ。11時から教育総務部長と意見交換となりました。

開かれた学校なんて事を良く答弁で聞きますが・・・・

一部の教員による職分に対する自身の心理的区分などが根本的に是正されないと、実にネガティブな発想となります。

これだけ世の中が進んでいるのにシーラカンス化してしまうのであります・・・民間企業や私立がドンドン進化する中、今だ昭和の匂いプンプンであります。

そう言えば、僕の子供の頃も印刷技術が発達しているにも関わらず、鉄筆・ガリ版印刷だったり10年以上世の中と差がある様だ。

こんな感じなので文部科学省がイントラネット整備をせよと言われて高額で設置しても、斬新な使用法も無く教員間の連絡程度しか活用しなかった・・・何年も前に決算指摘してから共通の教材を創ったとか・・・・

保護者の皆様は社会の一線で働いている方も多いし世の中の変化に対応しないと職が無くなる恐れもあるので、技術革新に対応して行く。

変化を良しとしない守りの空間の住人と論議しても交わる事は無いだろう。


 9月23日までのお仕事



22日は僕の所属する総務常任委員会が10時から開催されました。

補正予算の審査では、消火栓などの道路ペイントを委託で整備する費用を集中させる為に競争入札とする案件など。

議案は国の制度変更や文言整備などによる条例の変更などでありました。

陳情審査がとても多く12時頃までとなった。

河野談話の撤回や南京事件・慰安婦関係の陳情については、趣旨についてその心情や思いは十分に理解するが、極東アジアの現状や政府の取り組みを熟考すると、基礎自治体の議会が意見書を提出時期では無いと判断いたしました。

住民投票のアンケート結果公表に誤解を招く内容があり是正を求める陳情については、行政側も内容を真摯に受け止め是正を行っていた為、日本国内の自治体において他国の影響を受けている地域があり、自分の街だけでは無く全体を考え慎重に論議すべしとの注文をつけつつ処理済である為、否決といたしました。

携帯電話基地局の設置の際に近隣への事前説明等を行う様に自治体が゛条例等の設置して欲しい旨の陳情については、趣旨説明において景観や安全性に加えて電波による健康被害までが理由として説明された。

国会の質問でも昨年までに2回質問が行われている。鎌倉市では条例化されているが、WHOからは電波による健康被害は無いが因果関係についての調査は行うとの報告があり、これを根拠として調査するにとどまっている。

但し、政府としては設置前に地元説明を行う努力義務を設けているので、これを補う条例は可能であると思われるが、電波障害等を根拠としての内容では難しいと判断して継続審査といたしました。

集団的自衛権関連は現在政府において検討中なので継続とした。

委員会終了後、広報広聴委員会・打ち合わせ等諸会議に出席して17時過ぎに退庁いたしました。



23日は市長杯手伝いを予定していたが、波が無い為延期。オフとなり市内のイベント等にお邪魔する事にしましたが、体調不良となり終日ネコモードとなり休息いたしました。

 9月21日までのお仕事



19日は都市建設常任委員会の傍聴から始まったが、議案少なく直ぐに閉会。


14時から自由民主党茅ヶ崎支部役員会に出席して、時局講演会について等が議題。

元防衛庁長官・中谷 元衆議院議員にお越し頂きお話を伺う事になりました。11月10日・18時45分からコミニュティーホールにおいて開園いたします。


会議の途中15時に中座させて頂き、市長との意見交換の為、市長応接室へ・・・・色々とアイデアがあるので可能性等について語り合いました。

控室に戻ってから来客対応・17時から案件処理の為、市内2か所訪問の後、帰宅そして来客対応。



20日は
8時15分パーク集合で毎年恒例、母校一中のサーフィン体験に兄弟OBでコーチでした。

宇佐美校長先生は、ハワイ・クイーズで行われる茅ヶ崎市長杯サーフコンテストのプレゼンターとして渡航中なので中村キャプテンのもと楽しい時間を過ごさせて頂きました。


夕方からコミニュティーホールへ・・・

青年会議所現役OB合同例会に出席しました。
久々に大先輩方や後輩諸氏にお会い出来てご機嫌でありました。

地域・学校・スポーツ等様々な先輩とお会いするとホッとする年齢となりました。


写真は日大・地域・JCの総ての先輩である大村先輩と2ショツトです。


21日は、予定されていた茅ヶ崎市長杯サーフィン大会がコンデション不良の為、中止延期されました。

終日本部手伝いの予定だったので、久々に家事モードとなり夕方まで芝刈り・ワックスがけ・洗車・洗濯と楽しく過ごしました。


 9月18日のお仕事


教育経済常任委員会にゆかりの人物館についての議案があったので少し傍聴いたしました。

土地取得時と計画段階で、様々な意見を申し上げたのでありますが、かなり修正され、今後の展開も視野に入れた内容となっている事は既に確認済みだったので納得でありました。

ゆかりの人物は様々な分野に存在するので、偏る事無くフォローして頂きたいモノです。

スポーツ分野が少ない!!元プロ野球選手やプロゴルファー・プロサーファーなど多くの人材が茅ヶ崎市に住んでおられます。

委員会終了後、僕は陳情や意見書関係の会派間調整など裏方の仕事を結構シコシコ行いました。調べる事も多く幸せな時間でありました。

他に総務委員会議案確認などを行い、市内訪問3件でゲームセット。

 9月17日のお仕事

地方議会が何かと物議を世間に振り撒いております・・・

便乗値上げでは無いが、色々な動きが各自治体議会にも発生する訳でであります。

極めて政治的な動きを行って、本来の趣旨である男女参画とは程遠い内容だったりする訳で・・・こうなってしまうと個人的なのかプロバカンダぽく、何となく違和感がある。本旨を貫き、格調ある言動を心から望んでおります。

議会と言う独特の社会構造にどっぷり漬かってしまうと、内容より数合わせに走ったりする傾向が強くなったり、個の付き合いの延長で判断したりと、求められているジャッジ能力や哲学を軽んじる傾向があり、質の低下を招く事になる。

こうした傾向が強くなるに従い、外の向けての発信の脇がゆるくなり自爆するのは、過去の事例を検証すると一目瞭然であります。

 9月16日のお仕事



8日間に亘った決算特別委員会最終日の総括に出席いたしました。市長以下監査委員まで出席して特別会計まで総てについて大枠で総括を行う訳です。

10時から12時30分まで行われ、討論・表決まで終了。
定例会議最終日に本会議場にて最終の議決を行います。

質問にテクニックや品格が無いと運営が乱れる事があり、本日も質問取り消しなど情けない事態を招く議員さんがおられたり、きわどいやり取りがあったりと議員さんの力量がハッキリ判る内容となりました。

議会は一般質問より委員会の方が聞きごたえあります。

僕が議長の時に委員会の中継についてほぼ計画が完了していたのだが何となくウヤムヤの状態です・・・

会派としても熱烈に希望している次第で。

委員会終了後、代表者会議・午後から議会運営委員会に出席して意見書に関する件で、岩田議員と各派挨拶・他会派意見書退出の件で各代表と意見交換などを行いました。

 9月15日までのお仕事

13日は日大・東洋・駒沢大学のサーフィンOB会の移動場所探索の為、千葉県南房総に先乗りいたしました。

東洋大学サーフィン部35年生まれの集いに便乗して、今年で3回目となります。



途中、館山で鶴谷神社の例大祭発見!収穫の秋は、日本全国至る所の神社でお祭りが行われます。



何だか懐かしい雰囲気を楽しませて頂きました。所替ればお神輿も随分と違います。立派なお神輿を拝見!!



14日は早朝より駒大の昔の若手と合流して夕方までセッション・昼食・懇親会を行い、21時に茅ヶ崎に向けて帰還開始。疲労感も吹き飛ぶ良い集まりでした。幹事さんに感謝・・・


15日は茅ヶ崎サーフショツプのパイオニアでったサンシャインの高橋和夫先輩の追悼セレモニーで先輩がこよなく愛したチサンビーチで開催され、故人を偲んで茅ヶ崎の大先輩方が参集されました。



日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部の伝統は、多くの先輩方のパイオニア精神と努力の歴史とご指導により脈々と現代に受け継がれており故高橋先輩の功績は大であります。



天気も良く、故高橋先輩のお人柄とご功績が滲み出ている素晴らしいセレモニーでした。

心より哀悼の意を表します。

 9月12日のお仕事



茅ヶ崎市総合計画の中間見直しについて企画から会派との意見交換申入れがあり、15時から理事者控室で行いました。

総合計画は街づくりのバイブルなので方針や大枠についてチエックや指摘をさせて頂きました。


 9月11日のお仕事



赤松町のパナソニック跡地は工業専用地域だったが、新たな街をつくる為用途変更を行った。

パナソニックが開発を行うのが、用途変更のイニシアチブは茅ヶ崎市にあるので、好条件を引き出すまで粘れと指摘いたしました。

結果、公園空地面積が20%も多くなった。更に集会施設等の公共施設もパナ側にお願する事なりました。

お役所の担当課が粘り、地域の意向をパナ側に了解して頂いた。アッパレです。また、パナソニックの英断にも感謝申し上げます。

もっとも、工業専用地域では、住宅や商業施設は建てる事が出来ない訳で・・・茅ヶ崎市側も固定資産税の収入を考えると有効利用して頂きたいし

周辺住民の方からは避難所や高さに関する要望も出ていて、中心地の背の高い構造物を配置して、周辺に公園や緑地やパブリックの低層施設を置く事でビュー等を確保する事で解決しています。

人口増加すれば、それに見合った公共施設を造る必要がしょうじて来るので、これらを先方にお願いするのは当然だと、僕は思います。

公共施設管理経費は茅ヶ崎市が支出する訳だし。

事業はパナが行うので、後は企業側のセンスの問題であります。


11日は茅ヶ崎市敬老大会に来賓出席いたしました。

戦前・戦後の動乱期から今日にいたるまで、家族の為にそして国家や地域の一員として我が国の平和と発展の為にご尽力賜った諸先輩に感謝する日であります。


河野太郎議員のご挨拶は、平塚市の110歳を超える現役の方のお話とオリンピックを踏まえた夢と希望とリスペクトの心を持った内容で、聞いている此方もワクワクいたしました。

 9月10日までのお仕事



柳島スポーツ公園整備事業は民間企業に長期間管理運営をお願する。

9日に記者会見があり、正式に概要が報告されました。

写真は外観図であります。

総合競技場・テニスコート・ジョギングコースにスタンドと管理事務所・
更にクラブハウスがあり、レストラン、スダジオ、サイクルステーション、コンデショニングセンターと良い感じです。

湘南ベルマーレスポーツクラブも運営構成企業になっています。

スポーツ後に、シャワーを浴びてヘルシーな食事してマッサージなんて、気持ち良さそうです。すぐ傍にキャンプ場もあるし、色々な事アイデアが・・・




9日は、決算傍聴・全員協議会・代表者会議・民間団体との会食と0時までフル稼働でした。



10日は9時から決算事務事業評価・総務で委員会出席。

選択した5事業について、先日、行政とのやり取りを終え各委員が会派ごとに提出した評価を総務として纏める訳で・・・

各委員さん確りと勉強して来ているので評価に差があっても議員間での意見交換で纏めました。スピーディーな展開で良い感じでした。

 9月8日のお仕事



高齢化社会到来により救急救命の仕事量は増加の傾向にあります。

地域医療の充実と同時に消防におけるこの分野の整備も重要です。

将来の社会を考察すると市民の安心・安全の担保に救急救命の充実は欠かせないのでありますが、ある自治体の救急関連隊員の平均寿命は60歳前後と激務である事は明白てす。

より効果的な配置やシステム構築は急務であり、僕が提案している事もある。

消防だけでは出来ないし関係セクションの協力も必要だ!

議員さんはただお役所に『ああせい!こうせい!』と言うだけでは、自分の考えている事は実現されない。

現場の声を聞いたり、素晴らしい提案を市民から頂いたら、即、お役所側にヒアリングして絵図面を構築する事も重要です。
と言う事で午前中は消防本署にお邪魔したしました。

来年、良い事があるかもしれません!!


11時過ぎからお役所入りして決算特別委員会の傍聴。
きわどい突っ込み無く、不満です。
色々とあるのに???、決算外の質問だけは勘弁して欲しいです。


委員長の采配はとても重要であり、冒頭にお願いや注意を促した内容と逸脱する様であったら、その都度我慢強く警告を行い従わない場合は委員長権限により会議を円滑に行うべきである。

議事録・委員長報告・広報・議会報告の事や議会の権能の強化を考えるなら、その職責を重い。

 9月7日のお仕事

7時から茅ヶ崎市長杯の開会式が開催されました。

茅ヶ崎サーフィン協会とNSA茅ヶ崎支部はハワイサーフィン協会と6月に友好協会を締結していて9月20日にハワイクイーズビーチで茅ヶ崎市長杯を行います。

と言う事で気合の入った開会式となりましたが、波は無し・・・・・



開会式では、主催団体である茅ヶ崎支部長の高橋支部長と湘南祭実行委員長の挨拶・来賓は市長・議長と姉妹協会締結にご尽力頂いた茅ヶ崎市体育協会加盟のサーフィン協会・宇佐美会長が挨拶。





僕は司会者でありました。



また、悲しい事故で我々の友人が鎌倉で天に召された事に対して、参加サーファーの総てが心から哀悼の意を表して黙祷を行った。

地球のパワーとバイブレーション共有した友人の在りし日の姿を仲間は忘れる事は無いと確信しています。


 9月6日のお仕事



終日公務無しと思って、朝からバタバタと所用処理に走り回ったが、午後にお邪魔した場所で後輩から『忘れたでしょ』とのご指摘・・・・予定表の入力ミス発覚いたしました。明日も朝から式典先でお会いするので、丁重にお詫び申し上げます。誠に失礼いたしました。



午後にお邪魔いた未来を担う青年達からパワーを頂き、感謝であります。

夕方から会食となり21時帰宅。


 9月5日のお仕事



一般的な市議会での決算審査が始まりました。小委員会を設置しているので、会派の人数により案分化され、湘風クラブは岩田・山田・岡崎の3議員が会派を代表して出席しています。

本日は総務費〜商工費までの審査。


質問には起承転結が必要であり、数字や内容だけを聞いてお終いじゃ意味が無い訳で・・・

例えばシルバー人材センターは高齢者の雇用をメインする団体では無く、会員がお互いのコミニュケーションを確立し、生きがいと楽しみ社会の一員として謳歌して欲しいとの考えで事業展開されている。
そのメニューの一つがチームを組んだり単独で簡単な労働を行い報酬を得る事だったりいたします。

高齢者の雇用を目的とした事業では無い訳で・・・この論法で始まると反問権の無いお役人は遠まわしに違いについて答弁するのでかみ合わなくなってします。

決算に関わらず26年度の内容を聞いたり、事業目的の根拠を聞いたり・・・根拠は予算であんたが承認しただう????ビックリだ。


一部り方による決算以外の内容が多く、お陰様で長い委員会となりました。


僕が代表を務める湘風クラブは、事前に問題点を絞ってある議員さんが多いので健闘してます。

 9月4日のお仕事

事務事業評価の所管部分については同じ会派の議員さんと統一した見解とする為、すり合わせを行い合意した上で事務局に提出した。

本日は環境厚生と都市建設が各5事業について審査を行いました。

決算に於ける事業評価なので本年度の事など聞かないで欲しいし、所管外は時間の無駄なので勘弁して欲しい。

日程終了後、僕は市長との意見交換を行い、発展的な内容で双方合意した。中々面白い内容でありますよ。



会派会議を開催した。柳島スポーツ公園について担当課から説明機会のお願いがあり受理して説明会からのスタート。

公式説明では無いので、職務上知り得た内容について秘守義務が発生する為、報告については後日といたします。

会派会議議題は公明党から提出予定の意見書の取り扱いの他、我が会派から提出したいとする子宮ケイ癌の副反応に苦しむ方に対する県単のフォローについて会派内提案者からの説明の後、会派として承認し全力で取り組む事となりました。

また、事業評価のすり合わせの確認・政務活動費の確認・視察の確認・議会運営に関する統一認識の確認などを行いました。

会議終了後、庁内ふらり旅に出かけて、意見交換や談笑して18時30分に退庁・19時散髪して帰宅。

 9月3日のお仕事

9時から決算特別委員会事務事業評価総務所管の審査に出席いたしました。


総務委員会のメンバーが5事業を選択して行政側から提出された事業評価について審査して議会ととしての評価を行います。

4常任委員会とも同様に行い、議員さんだけで最終評価を行い、次年度の予算に反映して頂く為に意見書を議会として提出いたします。

また、議会報告会を開催して市民の皆様に審査状況を説明して意見交換を行います。

総務は、コンビニでの住民票発行・地域コミニュティ事業・市民活動サポートセンター管理・非常勤嘱託職員採用・防火水槽整備事業の5つでした。



例えばコンビニでの住民票発行の事務事業では、マイナンバー制度に移行すると住基カードがIDカードとして活用され、様々な機能を有すると予想される。人口減少・高齢化社会が危惧される現在、自治体が市民にとって利便性の高いサービスを提供する必要性は都市間競争に勝利する為に不可欠と判断する。とした観点から必要性を妥当としたりして総合判断をいたします。

補足ですが近い将来、住基カードはアメリカのIDカードと同様になると思われます。
茅ヶ崎市は住基カードで住民票を全国何処のコンビニでも受け取れる事業を25年度から開始しています。現時点では、市民の利便性向上が目的です。
立ち上げたばかりなのと住基カードの保有者数が少ないので発行数は多く無いが、市外・時間外の発行は30%を越えている。

将来、様々な分野で住基カードが使用されるだろう。先見性のある事業であると評価しました。
事務事業評価対象事業で審査した私の見解です。

決算での事業評価ですから、お役所側は目標に到達したか、しっかり執行したかが判断基準となり、議員さんの目線とズレる場合もあります。

昼近くに終了して、明日までに会派としての評価を提出して、再度委員会で議会としての評価をいたします。


昼休みに
シンガーソングライターのHARUNAちゃんがデビューご挨拶にお越しになられました。

茅ヶ崎生まれの茅ヶ崎育ち!!茅ヶ崎を拠点にオープンマイクから弾き語りライブまで幅広く活動中で茅ヶ崎駅北口にも出没するそうです。
駅でお会いしたらよろしくどうぞとの事でした!!

午後から教育経済の事務事業評価の審査を少し傍聴したが、決算外の質問や所管外が多く、不機嫌となりました。
事務事業の評価については、行政側も重く受け止め、次年度の予算査定の際に真剣に検討して状況報告もある訳で・・・・


 9月2日のお仕事

素晴らしい天気の朝となりました。



9時過ぎにお役所入りして、明日からの決算特別委員会総務所管の事業評価についてヒアリングや諸確認を行いました。



四つの各常任委員会の委員が5事業を選択して、お役所側が事業について執行率や効果や成果を評価した内容を議会側でも評価する訳であります。

事業仕分けと違い、拡充・現行通り・改善・廃止など項目も細分化されていて、単純に費用対効果だけで事業を評価する訳ではありません。

評価した内容について次年度の予算に反映して頂く為に、議会として市長に意見書を提出いたします。更に議会報告会を開催して市民の皆様に報告・意見交換も行います。

他にも諸案件についてドサクサに紛れて意見や皮肉を言ったりして様子を見たりポイントを明確化したりいたします。

これはら、お役所と対立モードで考察してもいけないし迎合してもいけない訳で・・・・一昔前と比較して将来の構図も考えた中で判断する必要があります。

お役人さんにして見れば、最高の出来の内容もある訳で評価する側も、がっちり責任があるのに、ヒアリングすら行っていない議員さんもおられます。

余程精通しているのならヒアリンク゛は必要無いのですが・・・・中には不思議な方もおられる様で・・・・・