☆平成26年10月過去ログ☆

10月30日のお仕事


現存する国内最古のサーフボード

茅ヶ崎市とホノルル市の姉妹都市は、フラ・アロハ・サーフィン等の文化やアイデンティーによる締結で、国内他市の歴史や事件による繋がりとは全く違う特殊な例と断言出来ます。

特にサーフィンについては、過去に多くの諸先輩方が茅ヶ崎独自のコネクションで深い交流を築きあげて来たのであります。

1970年代にクラークホームによるシエイプを日本で確立したETサーフボードの西野氏は、ハワイの名シェーパー・故アーニー田中氏に師事していた。

世界のプロ組織を確立した元ハワイ下院議長・フレッド・ヘミングス氏が日本のプロサーフ組織を立ち上げる時も茅ヶ崎市に3週間程滞在していた。

70年代以降茅ヶ崎発の世界的ウエットスーツメーカーだったビクトリー社はハンス・ヒードマン、デーン・ケアロハ、マイケル・デレク・ホー兄弟など名だたるハワイアンプロをサポートしていた。

市内サーフショップのサーフボードもハワイのシェーパーのモノが多く、ランディー・ラリック、マイク・ケーシー、エリック・アラカワ、グレン・パング、ジェフ・ホー、デニス・パングなどなど、ハワイアンシェーパーとのリレーションシップは強力でした。

国内での世界大会があると茅ヶ崎市内には大勢ハワイアンプロがウヨウヨしておりました。
バテンス・リドル・ジェリー・トニー・マックス・デーン・ハンス・バード・デレク・マイケル・ジャッキーカラニ・マービンなど海や焼き鳥店で見かけたモノです。

近代サーフィンの発展は、オリンピックメダリストでハワイの英雄であるデューク・カハナモクにより、カルフォルニア・オーストラリアに紹介されました。

1900年代初頭の事で、多分、オーストラリアに紹介された5〜9年後に茅ヶ崎市にサーボードが輸入されていて、茅ヶ崎館に展示されている板は国内に現存するサーフボードでもっとも古い訳です。

余談ですが、オーストラリアにはデュークがサーフィンを紹介したビーチにデュークの銅像が置かれています。

現在、日本のビーチカルチャーの発信地として多彩な情報やライフスタイルを国内に提供している茅ヶ崎市でありますが、そのルーツはハワイとの交流に原点があると言えるでしょう。

姉妹都市締結に無くてはならないエッセンスとも言えます。

視察に出かける前の日に市幹部に以上の経緯もあるのだから事実を確りと公開すべきとアドバイスしたのですが・・・・

今後の人口減による都市間競争に勝利する為にも茅ヶ崎市のブランド力の向上は重要であり、市税の根幹をなす固定資産の安定にとっても有効と思います。

それには既存の行政によるセレモニー的交流では無く、民間同士の心の通った真のお付き合いを大事ににして、経済・文化・環境・ライフスタイルをターゲットとした施策展開を行うべきでは?と考えています。

お亡くなりなった故木村副市長とは、良くこんな感じで意見交換を行った・・・

 10月29日までのお仕事



冒頭で25日ハワイ・ホノルル市でお亡くなりになった木村副市長に心から哀悼の意を表します。

本年2月に行政側から3月末頃にホノルル市と姉妹都市を締結いたします。との報告を受けたが、ホノルル市行政側からは良い返事を頂く事は出来ませんでした。

姉妹都市締結のかわりにホノルル市議会の単独決議による『友好議会』の決議文だけで、結果的にはホノルル市議会のお陰さまで首の皮1枚で繋がった訳です・・・・茅ヶ崎市議会は、ホノルル市議会のご配慮と姉妹都市締結への取り組みを重く受け止め、議会として同様の採択を行い友好議会を結びました。

この後、姉妹都市締結を目的とした故木村副市長がヘッドのプロジエクトチームが結成され、選抜された若手職員と副市長の粘り強い奮闘が始まり今日にいたった。

命がけで姉妹都市を締結した同氏とプロジエクトチーム功績は大きく、最大限に称賛されるべきです。

残念でなりません!!

残された我々は、故木村副市長の思いを具現化する為に、両市の関係が素晴らしい内容となるべく努力する義務がある事を肝に銘じて取り組まなくてはいけない。

27日から総務常任委員会視察の為、8時過ぎに茅ヶ崎駅を出発いたしました。

委員会では市民との意見交換会と政策討議のテーマとして広報の在り方を選択しているので、さいたま市と仙台市はテーマにそった視察内容を事前にお願いした。

山形市については市民活動への寄付によるサポートを行うコミニュティーファンドを総務所管の内容としてお願いした。

茅ヶ崎市議会は委員会視察・会派・個人視察も含めて、視察項目・日程を提出して事務局決裁・議長決裁を行い、派遣命令が出される。

同時に先方自治体に対して派遣受け入れの要請をして受理されGOとなる。

宿泊を伴う単独視察は、研修会等は内容を確認して許可するが、先進都市視察については、NG!!!



さいたま市では、本市の広報から欠落している広報戦略とFB等の活用についてレクチャーさせて頂きました。

政令市の組織は巨大であり業務も多様化している中で、シティーセールスが盛り込まれている事は今後の都市間競争を意識していると感じた。



視察終了後、山形新幹線で山形市へ移動・・・途中、冬の虹を車窓から見た・・・



夕方に到着したが寒い事。



28日は山形市議会にお邪魔して、市民活動サポートについて視察させて頂きました。

各自治体とも類似した取り組みを行っていますが、地域の事情によって味付けが違うので、とても興味深い内容でありました。
公募市民による事業選択と公表・結果報告の部分は大いに参考となった。



視察後、仙台市へバスで移動となり、素晴らしい紅葉の道中だったとの事だが熟睡して???

29日は天候回復で暖かく素晴らしい朝を迎え仙台市議会へ。



ITCとFBについて視察。他市の進捗状況の確認によって茅ヶ崎市の取り組みを再評価する事が出来る・・・この分野は日進月歩である為、後発の計画の方がバージョンアップするので、
短期の見直しが絶対に必要だと感じた。
FBについては運用期間が短い為、各セクションの課長決裁による単独方式を採用していた。



広報戦略については方針化されていて、シティーセールスの部分が盛り込まれている事は評価大でした。

視察報告書は分担を決定して10月初旬の議会報告会に間に合う様に委員会として纏める予定です。これらを盛り込み意見交換会を行う予定です。

 10月26日のお仕事

早朝から凹み気味でしたが、体調も回復して予定通りの1日となりました。



ラスカ4Fで催されている景観まちづくりウイークを見学させて頂きました。

今昔写真の影響でしょうか?

いにしえの茅ケ崎を偲ぶ観点もあり、中々良い企画でありました。
見学終了後、大好きなイベントの一つである消防フェスティバルへ


今年は、TOTOさんのご協力を賜り工場敷地内で開催されました。



いつもに増してチビッ子達で大賑わいで最高でした。署員・団員も笑顔でとても元気・・・実に良い事であります。



TOTOさん・消防・消防団・危険物等の皆様に感謝です。

消防はチビッ子達のヒーローでなければいけない!

フェスティバルを後にして、林水泳教室Pで行われているラチエン祭にお邪魔したら、佐藤県議にバッタリお会いいたしました。



地域の商店街のお祭りは何だか、ホッといたします。
関係の皆様、御苦労様です。

暑いのでスムージーで一息です。



18時から本日のトリである、先輩のお誕生日です。

56周年おめでとーございます。いつまでも兄貴して下さいね。

久々に気になる後輩に合えたりと兄貴と皆のお陰でとても楽しいお時間頂戴いたしました。

帰宅後、明日からの出張に備えて散髪・所用処理などで就寝・・・

さいたま市・山形市・仙台市と2泊3日の行程で委員会視察に出かけます。

 10月25日までのお仕事

24日は総務常任委員会に10時から出席。

広報広聴の在り方について議会として討議を重ねています。

茅ヶ崎市は広報についての戦略が無い事が目につきました・・・

来週始めから各自治体の広報戦略等を中心として委員会視察に出かけて結果について委員会で意見交換いたします。

土曜日はおめでたい事が続く1日でしたが、僕は高熱の為ダウンでありました。



現地時間10月24日(金)午前9時30分(日本時間の10月25日(土)午前4時30分)から、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市にあるホノルル市役所ミッション・メモリアルで、ホノルル市・郡と茅ヶ崎市との姉妹都市協定締結式を行いました。

服部信明市長とカーク・コールドウェル市長が協定書に調印し、これで両市は姉妹都市となりました!

これまでご協力、応援してくださったたくさんの方々に、心よりお礼申し上げます。

jまた、表敬訪問する予定だった東海岸小・汐見台小・・総てキャンセルとなり残念でありました。

 10月23日のお仕事

久々に各議員公務無く、会派会議を開催して次年度予算要望に関する打ち合わせを行いました。



体育館のLED化やPPS。バス停の移動・西久保信号機の改良・焼却場の買電等、様々な要望が実現いたしました。


来年度の予算目指して各議員が課題を持ち寄り、会派として11月中旬ごろ市長に提出する予定です。

他に多数予定があるも風邪の為、帰宅睡眠となりました。




ホノルル市では茅ケ崎市との姉妹都市締結調印式の準備が着々と進んでおります。
上の写真は最終打ち合わせ・下がセレモニー会場です。
茅ヶ崎から素晴らしいセレモニーとなる事をお祈りしています。Mahalo


10月20日から22日までのお仕事

保守系会派湘風クラブとして、小樽市・三笠市・岩見沢市の3市を2泊3日の行程で会派視察させて頂きました。




20日6時駅集合で一路・北海道へ・・・
メンバーは柾木代表・伊藤副代表・岩田議員・岡崎視察幹事の4名。

残念ながら広瀬議長は議長公務の為、青木・山田両議員はそれぞれ都合で参加出来ませんでした。


来るべき人口減少期に備えて各自治体とも、その存続を賭けた都市間競争を展開している最中です。



3市とも状況は違いますが、将来を見据えて街の特色を生かして特区申請による個性の確立や魅力を創出しておられました。





東京近郊の衛星都市も、その立地にアグラをかいているととんでもない無い事になるだう・・・・長期的な戦略に基づいた議会活動を展開する必要があると実感いたしました。




来年度の予算要望もあるので大いに有意義でありました。

受け入れて下さった3市の議会事務局と職員に感謝申し上げます。

しかし寒かった・・・風景は秋ですが、10度前後で茅ヶ崎市に戻ると雨でしたが暖かい事!!


 10月19日のお仕事

八大竜王さんの例大祭にお邪魔いたしました。



いつも他の行事と重なってご挨拶出来ないのですが、今年はラッキーでした!
八大竜王さんから体育館へ!



第16回障害者ふれあいスポーツ交流会に出席!!
アトラクションのダンスチーム最高でした。楽しかった!!

開会式終了後、茅ヶ崎市祭りばやしの発表を見学・絵画展観賞です。



茅ヶ崎市の文化祭は1カ月も続き、色々な文化団体が発表や催し物を開催します。全国的にも珍しいそうです!!...


何だか風邪ぽいので帰宅しまたが、後輩から本年最後の海のイベント会場から親切に電話賜りました。

明日から北海道へ視察なので無理せず睡眠!!

明日は6時駅集合。

初日は小樽市にお邪魔して(空き家・空き家バンク制度)と一般行政・議会の視察です。個人的には天狗山とスキー博物館に興味ありますが・・・サーフィン記念館構想あるので・・

21日は三笠市でバイオマスタウンと一般行政・議会の視察。22日は岩見沢市でICTの利活用と定番の視察で帰還となります。

水曜日までHPはお休みですが、FBに簡単な報告をUPします。

https://www.facebook.com/taro.masaki.5

 10月18日のお仕事

寒暖の差が大きくて夏服だけでは対応不能となりました。

月曜日から北海道方面に会派視察もあるのでプチ衣替えと、パッケージを行い先方に郵送した。



ネコがまとわりって作業が遅れたがこれで一安心。

処で、日本の航空産業復活の象徴とも言うべき国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」の試験飛行に使う機体がほぼ完成し、18日、愛知県豊山町の製造工場で公開された。



総ての部品の30%が純国産で何だかなーと思う人も居られるかと・・・
しかし、一度撤退した産業が復活する訳ですから、ヤッパリ素晴らしい事だし、今後のこの分野に大いに期待しています。

担当する大臣が欠席した事は実に残念です。YS-11以来の意味あるイベントだったので、所謂(アヤ)無しのお披露目にして欲しかった。

大臣も潔く覚悟を決めた様なので、身の振り方の判断の速さは評価しますが、後が大変そうです・・・・何だかもったいないお話です。

 10月17日のお仕事

朝からごちゃごちゃと私用処理・・・・結構色々と溜まっていて半日出たり入ったり・・・出来る時に処理しないと年末に大泣きモードとなるのは確実。



夕方から後輩が新しい事業を立ち上げたお祝いを兼ねてクライマックスシリーズのチケットをとって下さったので水道橋へ行きました。

母校を久々に拝見しつつドームへ、勿論1塁側です。

観戦後はプチお祝いの宴。おめでとう!!

International Coffee Academyのコンセプトは面白いし、第一、僕はコーヒー好き!!

 10月16日のお仕事

連日、色々な案件について相談があります。

特にお国の制度が変わった場合、お役人さんはとても大変であります。

制度変更により影響を受ける方々の気持ちも理解している中で、不備が無いか?矛盾は無いか?とお国や県と打ち合わせしたり・・・・

頑張って下さいねと心から思います。

図上で考えるお国の人は現場を見た方が良い!!

昔の大本営と変わらないな・・・

 10月15日のお仕事

相模線の香川駅西口改修工事が発表されました。




複線化や将来の街づくりが確定する前に街の顔である駅前広場を整備する訳であります。地元では順序が逆では?との意見もあります。

新たな住宅地の増加・交通結節点ある割には道路も狭くスペースが無く、
コミバスも民地の軒先を利用・雨天時は送迎で大混雑が現状なので、安
全面や利便性を優先して広場整備を行べきと判断した様です。

工事開始は26年11月・完成は27年4月頃の予定です。


16時30分から市長応接室へ・・・・



本日は、9月20・21日にホノルル市はワイキキのクイーズビーチで開催されたハワイサーフィン協会主催・茅ヶ崎市長杯の報告と全日本AMサーフィン選手権成績報告の為、市長さんを訪問いたしました。


6月に茅ヶ崎サーフィン協会・NSA茅ヶ崎支部とハワイサーフィン協会と友好協会が締結され、最初の交流が茅ヶ崎市長杯となった訳でであります。



クイーズビーチと言えば、ハワイの銀座・ソニービル的な場所です。茅ヶ崎支部伝統の『茅ヶ崎一』とハワイサーフィン協会のバナーが燦然と近代サーフィンの父・デューク・カハナモクの銅像の後に掲げられ、茅ヶ崎市長からのメッセージも読み上げられました。日本からの観光客多い場所で『茅ヶ崎スゲー』との雰囲気だったそうです。

プレゼンターとして市長の代理を含めて茅ヶ崎サーフィン協会・宇佐美会長・NSA茅ヶ崎支部・高橋支部長を強行スケジュールで現地入りして下さった訳で、確り報告を市長に行いました。

継続した取り組みと茅ヶ崎で行う試合にホノルル市長杯を設けて両市の選手交流や派遣等を行いたい旨の要望も行いました。

今日に至るには、過去から多くの諸先輩方がハワイサーフィン関係者と交流を深めていた結果であり、その期間は50年程になります。

先人達の行動力に敬意と感謝いたします。

市長さんから『今後も継続してハワイ茅ヶ崎市長杯は行いたい。選手交流については未来を担う人材両市で育てるとのコンセプトは魅力的で検討したい』との事でした。


宮崎市で行われた全日本選手権は3名の優勝と1名の3位と4位で団体4位の成績で、今回はロングボード3位の大山選手が代表で報告して下りました。

来年は記念大会で今年度団体優勝の千葉東支部のホームで開催されますが、アウェイでも優秀な成績を納めて、念願の団体優勝を目指したいとの事でした。大山選手は茅ヶ崎市技能表彰を受章されたばかりで、当にアマチュアサーファーのベテランであります。

報告終了後、皆様に帰宅され僕は控室で案件処理となりました。



昨日の台風と北風により西浜方面にタイヤ・カン・ゴルフボールが大量に打ち上げられているとの報告がありました。
明らかに河川からのゴミであります。タイヤなど重量のあるモノが多いので茅ヶ崎市を通して神奈川県に報告して頂きました。

他に環境保全関係・保育関係・道の駅関連・民間アポ取り。



また、10月中に会派会議を開催して来年度予算要望書を作成する日程・神奈川県議会へ会派としての要望活動等、様々なスケジュールを組む必要があるのでありますが、各常任委員会先進市視察や会派による行政視察などが集中していて会派全員が集まる日が殆ど無いので思案しております。

お役所を19時30分に退庁いたしました・・・

 10月14日のお仕事

台風一過の蒸し暑い朝を迎えました。我が家の被害は椅子の転覆だけ。
昨晩は不安そうに何処に行くにもチョロチョロとついて来たネコも安心モードです。




早朝より気になる地域や場所の被害確認に出かけました。以下はレポート



中海岸は地引小屋の被害は無く18号とのダブルにより浸食対策としての砂供給の要素もある盛土は崖になっていました。



菱沼から小和田にかけても同様ですが、満潮と重なってえぐり取られているので危険だと思いました。



また、各水路も砂で埋まっていますが、監視カメラで確りとチエックしているので随時浚渫されます。



担当課長に報告した処、危険個所等を考察して市・県・魚協で協議し、復旧作業を始めますとの事。




砂浜漂着ゴミは概ね無く綺麗でしたが西浜方面に若干有り。



茅ヶ崎市北部では、一部崩れた土手や崖があるとの事で現地確認。

厄介な事に国有地と民地が錯綜している場所である事。崩れた場所は国有地なので現況復帰にはお国との話し合いとなります。

他にも文教大学近辺が酷い様です




本来、10時から予定されていた全員協議会は、15時からに変更となり遅いスタートとなりました。

議題は行政手続条例改正・子育て支援事業計画素案。報告は、道の駅・オープンデータ・香川駅西口広場整備・ワンちゃんの鑑札変更・保健所などでした

 10月13日のお仕事


21時過ぎの市役所・台風に備えて明かりが・・・

夕方から慌ただしくなって来ました。

17時10分過ぎに
大雨洪水警報17時01分に発表され、茅ヶ崎市災害対策本部が設置されました。本部長である市長以下幹部と所管の職員・ヘルプの各課の選抜職員がお役所に詰めて厳重警戒態勢となった。

災害対策本部設置時の議会側マニアルが無かったので、僕が議長の時代に情報発信を一元化して議会事務局から各議員に報告すると同時に正副議長は重要な会議に出席して各議員への指示等を行う様にした。

その様にしないと、正式情報の発信前に担当に電話をして発信してしまう議員が出現したりします。3.11の時に選挙がらみでバンバン発信したアホウがいた訳で・・・この事例を重く考え創りだしたシステムです。秘守義務も知らないのはNG。

議会事務局も局長が泊まり込み、そして若手2名がヘルプ・他に拠点配備の職員もおられ、今晩から明日にかけて徹夜の公務となります。

建設部・防災・下水道・消防そして消防団・更に建設土木・重機等のレンタル会社にも協力要請して厳戒態勢となっています。



生暖かい強風が吹く21時頃、激励と状況確認・明日の予定確認等の為、議会事務局に入って局長と柳島のパトロールから戻った若手職員の3名で簡単な打ち合わせを行い帰宅いたしました。

市長以下の職員とご協力頂いている総ての方に敬意を表します。

大きな被害の無い事を心から願いながら・・・・・

 10月12日のお仕事

40周年記念式典にお招き頂き、平坂へ・・・会場だれもおりません。
式典は茅ヶ崎で懇親会が平塚と問い合わせで判明。間抜けであります。

ダッシュで戻り、トップの方・河野代議士・佐藤県議などの皆様にご挨拶されて頂き、会場の皆様にお礼申し上げで中座。
40周年おめでとうございます。

東海岸小学校へ・・・・東海岸地区運動会に来賓出席であります。



服部市長もお越しで、暫しお話の後ご挨拶となりました。

地域コミニュティーの活性化の為にも地域のイベントは有効です。45年目に至る体育振興会と自治会の皆様に感謝申し上げます。楽しい1日となります様にご挨拶されて頂きました。

第10回茅ヶ崎ロングボードカップ!!!



今日は時間調整して、自分のヒートに間に合う様だったら全力を尽くして会場入りすると啖呵を切った・・・連絡すると後8分!!思わず了解と言ってしまった。

自宅に戻りスーツをからウエットに・・・板積んで自転車ダッシュ・到着・浜辺ダッシュ・ヒートは始まっていて遅れてラインナップへ・・・

何とか通過して決勝へ・・・昨日の整体とダッシュでヘトヘトであります。


決勝は勝負に出るも持つ場所にセットは入らず撃沈して4位でした。

本年からシングルクラスが新たに加わり、懐かしいメンバーがフル出場となり最高にご機嫌!!


波も台風の余波とパークの定番レギュラーがコンスタントに入り、波質から見てもノーズ主体のコンビネーションにハイポイントが出そうな感じでありました。

シングルクラスは見込みの通りで波質にマッチングした素晴らしい内容でした。

田沼選手の10点満点や森田選手のアプローチを含めハイレベルでありました。




運営・ジャッジ・地球に感謝・ありがとうございます。・・・来年から第11回で仕切り直しとなります。

多くの方にご参加賜り、親睦を深めて行きたい希望です。


帰宅後、後輩の皆様と簡単な打ち上げして解散・・・1日お疲れ様でした。

 10月11日のお仕事



13時30分から福祉会館で行われた海岸地区市民集会に出席いたしました。
16時までギッチリ市長以下行政と自治会の皆様でやり取りが行われました。



この場合、議会側は傍聴となるので発言等は行いません。


ゴミの集積場をめぐり近隣の和が乱れさるなどの質問がありました。

高齢化社会が到来する中、地域は運命共同体的発想で仲良く助け合う世の中が予想されています。

中海岸や東海岸など道も狭く集積場が難しい地区もあります。こんな事でご近所の仲が悪くなるのは百害あって一利無しだと思います。

早いとこ、有料化による個別回収システムなど地域に合った選択子を増やすべきでしょう。

 10月10日のお仕事



土嚢のストックが無くなったとの事で14時30分から茅ヶ崎市各部選抜職
員が土嚢作りが始まりました。4.000袋目標!!

必要な方は、明日以降、総合体育館東側電話ボックス横と西側奥に職員が配備され配布いたします。下の写真の場所です。



週末の台風に備えて、市内土木建設業にも協力をお願いしたり、職員・消防・消防団も日曜日の夜辺りから待機命令や集合があると思われる。

災害対策本部が設置された場合は、マニアルに従って地域配備も含めて忙しなるだろう。

本日も色々な陳情や相談がありました。
介護保険など、今後の高齢化社会で現行の制度では適応出来なくなると思われるケースに基礎自治体同士が連携を密にしなければいけないと感じたり・・・・

10月9日のお仕事



文教大学が新たな学部を創設いたします。経営学部を湘南キャンパスに設ける事になった!

茅ヶ崎市の行政側・議会側との協定も結び、同大学が大事にしている人間教育を含めたカリュラムに協力する事なるだろう。

ビジネスリーダー、起業家、経営コンサルタント、財務(経理)のスペシャリスト、税理士、公認会計士、国家公務員・地方公務員、中学・高等学校教員などを目指す若者を募集する事となりました。

学部創設の前段階から坪井学部長や新井先生と色々な取り組みについてご依頼を受けてお手伝いさせて頂きました。

経営学部創設記念シンポジウムを10月27日(月)に ロイヤルホールヨコハマで行う事になりました。

今日は坪井先生と河野事務所と顔合わせと打ち合わせをランチミーテング形式で行わせて頂いた。今後の展開が楽しみであります。


 10月8日のお仕事

午前中は私用処理でウロウロモードとなりました。

午後からお役所入りして所用を済ませました。アポ取りやら打ち合わせやら・・・・

業者によるバーベQレンタルについては、レンタルしただけと言い分だが、明らかに場所取りセッテングを海岸で行い利益を出している。

食材などのお客が持ち込むのでゴミ処理はお客の仕事との論法だろうが、排出されるゴミを事業ゴミとして有料での処理を完結すべきだろう。

この事業は最近目に付く様になり、茅ヶ崎だけでは無く色々な場所で行われている様だ。後ろめたいのかバーベQ主催者の紛れ込んでいる辺りが実に胡散臭い・・・試しに検索したら『手ぶらでOK』とか『電車OK』とか・・・ゴミ何か持って帰れる訳が無い。

これらのゴミは当該自治体の経費で処理される訳で、レンタルで利益を出していると言い張っても、自治体に損害を与えている。

事業者責任の視点で対策を一考しても良いと思うのだが・・・・




処で週末にまた巨大な台風が接近しそうです。浸食対策については、茅ヶ崎市・県・漁協とも、すぐに砂を補給しても週末の台風で持って行かれるとの判断。
通り過ぎた後に現地確認後、作業開始の予定です。相模湖の堆積土は柳島にストックすると臭う事があったりガラが入っていたりします。ストックしないで即投入は痛しかゆしですが、状況からすると仕方が無いとの判断です。
他地域に溜まった海砂の利用を含めての検討となります。
また、雨水幹線がオーバーフローした場合に備えて、海岸の各水路出口に溜まった砂を撤去しています。初期の一番汚い雨水は、134号下の貯留管に溜めます!!
各排水ポンプについても保守点検を行い備えている最中です。土嚢もストックしました。


 10月7日のお仕事


10時から東京大学高齢社会総合機構の辻先生による議員・職員研修会。東大のこの分野でのロジックや実戦は好きな内容です。

超高齢化社会と人口減の足音が近づく中でどんな街にするのかと言った内容で、地域コミニュティーや市民の心情や医療等を総合的に考えた施策展開についてです。

セルフの部分のロジックでは母親に言っている内容と同じ・・・筋力低下はあっ言う間・社会性が無くなるとボケるよ。笑っていた方が元気だよ・毎日、外出などなど

僕は常々、最後は高齢者同士、地域の中で身を寄せ合い助け合って生きて行く社会となり、自己の尊厳を維持して行く。そんな世の中になると思っていたので、地域コミニュティーの重要性の部分にはビビッと来る。

医療機関のネッワーク化でデータの相互利用を行い、病病連携を強め地域完結型を目指す発想も同じ。やっぱりビビッと来ます。何度か質問してる。

12時に研修が終わり、即、代表者会議。研修にも代表者会議にも出席して無い会派がある・・・市長・議長・正副から部長級・各議員が出席している。公務では無いとは言え、3人会派で1名は遅刻・・・届けは提出されているそうだが、理由を知りたい。茅ヶ崎クラブは遅刻・欠席が多い。



代表者会議も継続している案件もあるのに代理に1期目の議員が出た。



ランチに出かける時間も無く、控室で急ぎ飯。

13時頃担当部長説明・13時30分から広報広聴委員会に出席。14時30分から総務常任委員会に出席。



15時過ぎから打ち合わせ。

15時30分からバーベQ対策について昨日の指摘を再考して部長が説明にお越しになられました。

元々海岸バーベQのモラルが悪く、ゴミの放置・過度の飲酒・違法に近いバーベQ斡旋などの対策だったが、いつの間にかゴミ減量にすり替わっていた。

茅ヶ崎は30年前から色々なボランティアがビーチクリーンを行っていた。僕も19歳頃から日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部の一員として行っている。

当時の支部毎月1回、各ショップ単位で各持ち場で活動していた。他にも多くの団体が活動している。


海岸に設置したゴミ箱はビーチクリーン後のゴミ集積拠点として、通年を通じてイベントやバーベQでは無く、生活の一部として海を利用する方々の利便性・また、公園が少ない茅ヶ崎は海岸を見なし公園として考えると言った観点で、多くの先人達がビーチカルチャーの発信を行い、結果として各ポイントに設置された経緯がある。

パーク周辺については夏季のバーベQにより心無い人がゴミを持つ帰らない訳で、ゴミがゴミを呼ぶので3か所のゴミ箱撤去はやむえないと理解している。

また、野球場前も、業者がテントを張って機材の貸し出しを行い、持ち込み・後は自分でと言った感じで営業しているが、明らかにゴミが増えた。

この場所について業者動向を把握し是正勧告し従わない場合は、業者対策としての撤去を行う事はやぶさかでは無い。モラルを乱した結果である。

花火の時など、テントを複数立てて占有したりしている。神奈川県への許可も無く、貸出だけでゴミ処理まで業務に入れていない。

この様なモラルの低い業者対策やルールづくりと周知の徹底も無く、環境関係の担当に分投げた執行部の姿勢はいただけない。

シラカバ周辺でボランティアで拾ったゴミは何処に集積するの?と聞いたらパークの前にライフセーバーの建物があり、その横にだって????

休日の早朝にお店のお客さんとボランティアを数10年行っている団体やその他の人の事を全然考慮していないで、頭の中はパークの周辺だけ・・・

ビーチカルチャーの発信地としてホノルル市の姉妹都市として海岸利用の先進地となるべく意識を高め、問題となっている業者バーベQにメスを入れる取り組みと並行しての施策展開なら納得します。

秩序ある海岸利用が目的でゴミ減量がメインでは無い。

本件については、担当部長より本末転倒であった事・配慮が無かった事・試行中である事・データ集積が少ない事・業者の把握や動向調査が不足していた事・などを深く反省して。再度、検討して案を提示する事で、今後の動向を静観する事にいたしました。

終了後、陳情処理等8件を処理して20時帰宅となりました。

 10月6日のお仕事



台風は午前中に早い速度で茅ヶ崎市上空を通り過ぎて行きました。河川の氾濫や避難勧告など慌ただしい状態は次第に鎮静化いたしました。

配備命令により徹夜で市民の安心と安全の為にお仕事された消防・消防団・職員の皆様に心から感謝申し上げます。

災害対策本部が設置されたので、正副議長は事務局に詰める事ととなり、僕が議長時代に決定したシステムは正常に機能いたしました。

風雨が治まってから市内確認に出かけた。

海岸線については、網元さんに連絡して状況把握と今後の予想をお尋ねした後、かけ場の確認・・・・満潮は15時なので、もっとも危ない時間となりそうとの事。現地確認の後、お役所へ




担当課に柳島・中海岸・菱沼について対策確認。

ストックした砂は6月で無くなっています。

相模湖に1万5千立米の山砂があり、柳島にストックする予定でしたが、地元漁協と神奈川県と相談して投入するか決定します。また、他地域で堆積して砂の投入も検討するとの事。

いずれにせよ、早い対応を行う事を申し入れました。次の台風も迫っている様なので、タイミングも重要となります。

他にバーベQ対策について担当課が説明に来られました。

本来の目的はバーベQのゴミやマナーだったハズです。本末転倒の理屈を説明した上に、実にペテン的内容の資料での説明。

違法である疑いが濃厚なテントを立てての営業の実態把握もしていない??
一か所の事しか考えていない発想の貧困さ???痺れます。

過去の経緯や現在までのボランティアの活動も把握していない、ふざけた内容でありました。善意の人の事もまったく無視でした。

論より証拠!!


この写真は、早朝ボランテァが美化財団のゴミ袋を使用してビーチクリーンした後に集積したのにも関わらず一般の人が無造作に放置したゴミとして報告した・・・

このブルーの袋はボランティアでクリーン活動をする際に美化財団から渡されるポピュラーに袋でビーチクリーンしている人なら誰でもなじみのある袋であります。

お役所から出た後に、資料確認を行った処、やっぱり作為的である事が判明した。

17時15分頃に担当課長にコールするも業務終了時間で早く帰りたいのか実にぞんざいな対応をされました。

即、担当部長に連絡するもアヤフヤそのもの・・・

明日から久々に議会対策も視野に入れた戦闘モード突入です。

 10月5日のお仕事



茅ヶ崎市は本日(5日日曜日)・16:00に早期避難所を開設しました。

(市役所・小和田公民館・鶴嶺公民館・室田小学校・南湖公民館・香川公民館・小出支所・萩園ケアセンター)と4校の避難所(柳島小学校・中島中学校・今宿小学校・鶴嶺小学校)!!

段々風雨が強くなって来ています。要台風対策です。

網元さんと連絡を取り海岸の様子と地引小屋の安全対策などについて意見交換いたしました。

今の処は波高・波長もそれ程で無いが、明け方がピークとなりそうだ。万全の対策はしてある。危ないので家で待機するのがベストではとの事でした。プロも危険を指摘している訳ですから、用の無い外出は控えて風で飛びそうなモノはしまって明日に備えましょう。

海には近付かない様に!!

また、茅ヶ崎市役所は、台風を警戒して建設部・市民安全部・消防・下水道部に配備命令を行いました。
担当部の職員は今晩中お役所に詰め、徹夜となりますが、災害や事故の無い事をお祈りしてます。

なお、明日(6日月曜日)、市内公立小学校は終日休校、公立中学校は午前中自宅待機するとのことです。会事務局局長から正副議長及び会派代表に報告され、会派連絡済みの内容です。

過去において災害発生時に議会に対しての報告が無い時期がありました。

災害対策本部が設置されても各議員さんが個人的に担当に連絡を取るだけで議会としての対応は無かったので、僕が議長の時に事務局と議長を中心として各議員への指示や情報提供するシステムを構築しました。

 10月4日のお仕事



朝早く、庭に後輩が・・・『先輩!!お久しぶりです。』

全日本選手権の時には連盟本部の役員として試合を支えてくれている訳で、忙しそうなので短時間の会話のみ。

数十年ぶりに台風スゥエルと懇親を求めて遊びに来た。古くからの友人が突然訪ねて来るのは嬉しいものです。

西浜・チサンと普段は自転車で移動しない後輩を、接待サーフィンに・・・

夕方から茅ヶ崎軍団と合流して懇親会。何だか懐かしい1日でした。

 10月3日のお仕事

衣替えしたのに、いきなり夏に逆戻り・・・秋冬モードで気合十分もテンション下がり、ついでにスーツは暑い。

15時過ぎに文教大学に・・・・キャリア教育で知られている新井先生の講義拝見。


本日は各界で活躍している方々をお呼びして体験談を基に、先生が実戦的なお話をされておられました。


オヤッ!何処かで見た事ある方が・・・・元ヤクルトスワローズの城選手でした。選手時代や高校時代の経験とモチベーションや精神力の重要性を述べておられました。面白くて最後まで聞いてしまいました。



突然、新井先生から御指名を賜り15分程度サプライズ講話を学生さんにさせて頂きました・・・・

高齢化、そして人口減少期が到来するとされている中で、都市間競争は激化する事になるだろう。この町は平気なんて思っていると後手にまわる。
これからの公務員は、色々な意味で活躍の場が増えると同時に社会的にやりがいのある仕事に益々なると確信している。

政策形成には大枠でのロジックが必要で単体の政策だけではダメ。

公務員を目指すなら、大枠でロジックを形成し、仕事に遊び心を持つと同時に指示待ち勤務はしては行けない。

文教大学が公務員育成を目的とした新しい学科を創設するが、茅ヶ崎市・茅ヶ崎市議会とも協定を結んでいる。

開かれた議会を目指す茅ヶ崎市議会と若者の目線で待ちづくりについて意見交換等にお力添え頂く事もあると思うので、よろしくお願いいたします。何て内容で少しお話させて頂きました。



帰り際に地元で素晴らしいトワイライトを見ました。

電線邪魔です。毎年、計画的な電線地中化を要望して10年近くたちました。
当初と比較して技術も上がりコストも下がりました。出来ない理由が物理的な部分でありましたが解消されつつあり整備計画も策定されているので何年もすると鉄砲道あたりから始まるでしょう。

景観・安全・雰囲気を含めて絶対必要だと確信しています。

富士山・夕焼けを開放的な空間から見たら最高でしょ!!

 10月2日のお仕事

道の駅を実費視察に出かけました。繁盛している場所や不人気の場所・・
人気の場所は、仕事をしている地元の方々が楽しそうで積極的・地元の方の利用が多い・無理やり名物や便乗観光等の雰囲気が無い様です。

始めから集客や観光だけに注目した場合は何だか取ってつけた様で面白みがありません。

ドライバーの休息場所であり、地元の文化やアイデンティーを見たり感じたり体験出来たりする場所が良い様です。

 10月1日のお仕事

本会議も閉会して10月となりました。
衣替えとなり、アロハからクールビズ対応でスーツとなった。



お役所モードは相変わらずで、午後から打ち合わせやアポ取り多数となりました。

座間市の伊田議員が議長就任ご挨拶に来庁されていて、たまたまお会いする事となり、暫し世間話など・・・・ご就任誠におめでとうございます。

全国議長会・関東議長会・神奈川県議長会・湘南6市議長会と、議長及び議会事務局は情報共有や視察の受け入れや統一行動・議会改革に関する研究などを連携して行っています。

議会事務局間も連絡を密にしていて、局長会議や研修も全国・関東県・
県・地区単位で行われています。

また、各議会が分担金を出して、その運営を支えています。時に政府に申し入れをしたり、法律の改正を求めたりと議会の権能強化に努めています。

また、厚木基地対策協議会などもあり、座間市と茅ヶ崎市はメンバーである為、座間市議会議長さんの就任ご挨拶が行われた訳であります。

一般的に先進都市視察は市を対象にするのは、規模や施策以外に議長会により各自治体の事務局が確りと連携されている為です。

別に町村議長会と言う組織もあります。

東京には都市会館と言う建物がありココが議長会の中心で、直ぐ側に町村会館があり、ここが町村議長会の中心となります。


だから視察で何々町や村に行くのは、先方も迷惑だし事務局の繋がりも無い訳で一般的にはNGであります。

視察の都合で町や村を項目に入れたりする輩は常識知らずと同時に迷惑千万で失礼と言う事になります。